2010年01月26日

何度も言っているのに、憶えられない妊婦さん

こんばんは。三雲です。


「妊婦さんに、何度も言っているのに、何で憶えられないの!とイライラしていた。」

。。。。のが、なくなったそうです。

受講生の助産師さんのコトバです。



妊娠すると、骨盤がゆるみ、頭蓋骨も開き、知的な活動ができなくなり、ぼ〜っとする。

これは、当校にとっては、と〜っても良い妊婦さん。

だから、憶えが悪くなったり、眠そうにしてたり、ちょっとボケてくるのは、

良い身体が育まれている証拠、という立場です。

予約の時間になってもいらっしゃらなくて、電話してみたら、


「あれ〜?今日でしたっけ〜」

という方は、良い身体に育っているんだね〜と喜ぶべきことなのです。


逆に、妊娠中に、なかなかボケられない方は、身体が強ばっているということ。


これを知っているか、知らないか、だけで、本当〜に違いますよね。


妊婦さん本人も、ケアする方も、そして夫やパートナーも。


いかにボケさせるか。


そのためにはアロマテラピーやタッチがとても助けになってくれるのです。



さらに、女性は、生理中も同じ状態。

これを知っているだけでも、本当〜に違うんです!

リズミカルでいえば、A期間は女性にとって、リラックス期。



そんな、智慧がたくさんあります。

まずは1Dayセミナーから、いかがでしょうか。

http://www.aroma.gr.jp/oneday/index.html



■追伸

夫にとっては、妻のB期間がリラックス期ね。

で、妻のC期間は、気を抜いたらいけない期!

これを知っているだけでも、本当〜に違うんです!


いや、本当。
posted by mothersoffice at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠と育児(マタニティ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月21日

蜂、羊、花、葉

こんにちは。三雲です。

僕の家にはテレビがないのです。あ〜、○○トーーク見たい。

テレビに子守りをさせられないので、子供とは何かをしないといけないのです。

で、まあ、シュタイナーのミツロウ粘土とか、羊毛でなんか作ったりとか、木で積み木を作ったりするのですが、これが楽しい。


宮川先生もシュタイナーシューレでは手のしごとを担当していたそうですが。



でね、子供からは、

羊毛って、羊の毛なんでしょ?とか、ミツロウって何でできているの?

とか聞かれる訳ですよ。

親としては、当然の顔をして自然と人間のつながりをお話してあげたい訳ね。

でも、僕の記憶容量は8インチのフロッピーディスクくらいしかないから、トイレに行くふりをして、ダッシュでネットで調べて、

知っているかい?ミツロウはね〜と、したり顔で説明してあげるのでした。



で、アロマテラピーもそうですが、「何でできてるの?」に対して、

蜂だよ、とか、羊さんの毛だよ、とか、庭のローズマリーだよ、とか、答えることができる。


すると、「へ〜蜂さんってすごいね〜」とか言うんですね。

これって、やっぱり、すごいことだなあと。

別にエコだのロハスだの御託を並べずとも、

自分の肌を守ってくれるクリームは、蜂さんが作ってるんだ、

とか、

たんこぶできたときに、塗ってもらうひまし油って、植物からとれるんだ

とか、

あ〜、あのいいにおいのやつって、この葉っぱと同じだね〜

とか、当然のように感じるんですよね。


自然派!とかじゃなくて、自然。アロマテラピーに携わってて良かったなあと。



アロマテラピーを学ぶことで広がる世界が、あるな、と思っています。
ぜひどうぞ。

http://www.aroma.gr.jp/aroma/index.html


それにしても、正座して羊毛ニードルでチクチクしてミカン作って、ベルガモットの精油たらしてる俺。

近くに服部牧場というのがあって、

http://www5e.biglobe.ne.jp/~ovis/index.htm

1年間の羊のオーナー制度があって、「自分の羊」の羊毛が手に入るらしく、羊の毛刈ってみて〜!と思っている俺。


学生時代、不健康こそRockだぜ!とか思ってた俺がみたら驚きです。
posted by mothersoffice at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

マッサージでもうまくいかないときは一度手をはなして。。。。

こんにちは。三雲です。

子供って、顔に何かを塗られるのが、大ッキライじゃないですか?


乾燥するから塗りなさい!

こら!待て!こりゃー!待ちやがれ〜!塗りやがれ〜!!と、

追いかけ回して捕まえて、背後から塗って、

で、心からイヤーーーー!って顔をして身体を硬直させてる顔に、

どうだ!うりゃうりゃ!俺の勝ち〜!という感じで、朝からゼーゼー言ってます。



確かに僕も、人に顔に何か塗られるの、好きじゃないです。

恐怖すら感じます。

ごめんよ。



フェイシャルクラスの受講生の方からいただいたメッセージに

「顔に丁寧に触れることは、生活を丁寧にすること」

というのがありました。反省。



でも、子供たちも、ミツロウクリームだけは好きです。

ジェルやクリームと違って、温かいいんですよね。

だから、身構えないし、身体もゆるんだまま。



こんなメッセージもいただきました。

「自分の呼吸がすごく浅い→施術スピードが早くなる→あせる→やっつけになる。。。

クラスで、本当ーに、ゆーーーーーーっくりしたリズムで触れる練習をしたことで、私自身がリラックスできるようになりました。」


中安先生も、

「丁寧」であることはほんとにたいせつですね。仕事も生活も。

マッサージでもうまくいかないときは一度手をはなして、自分をリセットして同じことを丁寧に行なえばだいたいうまくいきます。


とおっしゃってました。


丁寧さ。



マッサージ、育児、仕事、生活、全てに通じますね。

まずは、自分自身が、良い状態であるか。

毎朝、身体に耳をすまそうと思います。


http://www.aroma.gr.jp/school/facial.html
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。