2010年08月30日

フェイシャルスキンケアクラス

みなさんこんちには!マザーズオフィスの大山です。

昨日は日曜日、近所の児童館主催のどじょうつかみ取り大会に参加してきました!

息子だけでなく、もちろんわたしも参加してきましたよ!

新宿の料亭からきた、どじょう、うなぎ、つかみまくって来ました。

その後公園で、プールとセミ採り。親たちは酒盛り…。息子もずいぶん蝉を網でつかまえるのがうまくなってきました。

毎週そんな感じで、一日中外で過ごしているのでわたしとしては、近年まれにみる日焼け顔です。

帽子をかぶればいいのですが、邪魔だし暑いしで結局紫外線にがんがん当たっています。
あー、このあと、シミが出てきちゃうのかなー、でもこんな風に世の中のお母さんにはシミができていくんだなあ、と思ったりしています。
みなさんはいかがですか?わたしのように、公園焼けの方はいらっしゃいませんか?
スキンケアで、夏の疲れたお肌を癒さないといけませんですね!

さて9月は横浜校でフェイシャルスキンケアクラスがあります。

フェイシャルのトリートメントをするときには、お客様のお肌をよくみることが必要となりますが、まずは自分の肌をよくみてみましょう。
そして、自分の肌をより輝かせるにはどんなスキンケアをしたら良いかを考えてみましょう。

何にもしないことが一番!というナチュラル派の方も、最新の美容情報を試してみたい人も、身体や肌のしくみをしれば、スキンケアが変わってくると思います。
また、セラピストの方は色々なタイプのお客様にも、ブレないアドバイスができるのではないでしょうか?

自然のしくみを取り入れたスキンケアクラス、パックやセルフマッサージの実習、目からうろこのお話がたくさんです。

みなさまのご参加をお待ちしています。
http://www.aroma.gr.jp/school/facial.html
posted by mothersoffice at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 「アロマテラピーの学校」の授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月27日

アシナガバチ vs ミツロウ

こんにちは三雲です。

ついに子どもがハチに刺されました〜。

友だち数人と、集団でアシナガさんに襲われたそうです。

スズメバチじゃなくて良かった〜。


夏はミツロウクリームとポイズンリムーバー(毒を吸い取るやつね)を持ち歩いているので、すぐに処置して、家に帰って冷やして薬塗ったら、腫れも痛みもなくなって、長男もケロっとしてました。

あーよかった。


んが!

4歳の、イヤイヤ次男君は、一切の処置を拒否!

イヤー!イヤナノヨー!ドクスイシナイー! バーカバーカ!と、

ママはテンパリストのごっちゃんよろしく、泣きながら逃げ回る始末。

まあ、服の上だったし、皮膚も厚いところだからいっか〜と、

ほったらかしてたら、2〜3日してから腫れだして、痒がってますわ。かわいそうに。


それにしても、ミツロウクリームは、本当っっっっに、虫刺されに良いです。
蚊に刺されても、すぐに塗れば、すっと腫れが引きます。
刺激臭もないし、子どもが指につけて、そのまま鼻くそほじっても問題なし。

やっぱりアロマテラピーはいいなあ〜。

と思う反面、

やっぱりアロマテラピーは注意が必要だな〜と思うことも。

というのも、僕の足に、虫さされで500円玉くらいの水ぶくれができたんです。

自然に...というか子どもに夜中に蹴られて破けたので、消毒消毒と思って、ティートリーを患部に垂らて(こんなことしちゃダメですよ)、バンソウコウ貼ってたんですね。

で、その精油がフロリアルじゃなくて結構ドボドボ出るタイプで、結構多めについたんですね。

ま、いっかと思って、そのままにしてたら、バンソウコウのシールの部分とティートリーが反応したのか見事にアレルギー反応。

虫刺され自体は、自然に治ってきてるのに、シールの部分を中心に足首全体に発疹が広がって、かゆいかゆい。


やっぱり、自然=100%安全ではないこと(もちろんミツロウもです)、患部にはアロマテラピーは不可なこと。精油の原液を直接肌につけてはいけないこと、何か起きたら医療の受診機会を奪わないこと。

そういったことをこれからもちゃんと伝えなければ!と思った今日この頃です。



アロマテラピーをこれから学びたい方はこのあたりからどうでしょうか。

●検定説明会
http://www.aroma.gr.jp/aroma/kenteisetsumeikai.html

●アロマテラピー1Dayセミナー「香りでからだが『なぜ』変わる」
http://www.aroma.gr.jp/oneday/index.html#aroma

●実践!アロマテラピークラス
http://www.aroma.gr.jp/aroma/aromatherapy.html
posted by mothersoffice at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然療法ホームケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月26日

ゆっくりじっくり派?短期集中派?

こんにちは。マザーズオフィス 荒川です。

みなさんは何かをするとき、例えば何かを学ぼう!と思ったとき、
マイペースでゆっくり、じっくりとすすめていくのが好きですか?
それとも短い期間に集中してすすめるのが好きですか?

私は短期集中派です。「知りたい!学びたい!」と思ったら、
もう早く、早く知りたくなってしまうのです。
動物占いはチーターでした。(動物占い、知ってますか?)
飽きっぽいところもあるので、気持ちが盛り上がっているうちに
一通り終えてしまいたい、という気持ちもあります。
欠点は、「あー、面白かった!!」と気が済むと、せっかく学んだことが
頭からぽろぽろとこぼれていってしまうことです。あーあー。

一緒に働いているYさんは、ゆっくりじっくり、マイペース派です。
週に1日とか、隔週で1日、すこしずつ新しいことを学んで、
家でノートをきちんと清書してまとめるのが大好きとのこと。
すてきです。憧れます。ノートの清書、私には多分できません・・・。

性格もスタイルも、生活の事情もみんなそれぞれ違いますから、
「こうでなければ」という学び方はありません。
自分にあった学び方がきっとあります。
集中して学ぶときにも、時間をかけて学ぶときにも、それぞれの良さがあります。

例えば、リズミカルボディセラピークラス(レベル1)には、
毎週1回、6日間通うクラスと、毎週または隔週で3日間通うクラス、
週末などを利用した3日間集中クラスがあります。

遠方からお越しになる方、平日はお仕事で通学が難しい方には
集中クラスが便利ですね。私のようなせっかちな人にも!!
集中クラスは連日、同じメンバーが集まって、午前〜午後と長い時間を
一緒に過ごしますので、とても一体感がある熱いクラスになることが多いです!
お仕事等の日常から少し離れて、集中して学ぶ環境に身を置ける、というのもいいですね。

また、3日間や6日間かけて通うクラスのいいところは、なんといっても
身体の変化を感じながら学べることです。
リズミカルボディセラピークラスは、月経リズムにあわせた生活をすることで
身体のリズムを整え、より弾力のある、より美しい、より元気な身体をつくるヒントが
沢山つまった講座です。
毎回の授業で教わったことを、家に帰って次の授業まで実践し、
身体の変化をクラスで発表しあったりします。
そして全6回のクラスだと、だいたいの方は一度は月経がありますので
その変化を講座中に実感することができます。
自分の変化だけでなく、クラスメイトの話を聞けることで
いろいろな方の身体のことを知ることができ、とても参考になります。

私は、というと、集中クラスで学び、そのあと、自分で復習&セルフケアを続けて
「おお!」という変化を感じたクチです。
私には集中クラスがあっていたと思いますが、
ゆっくりクラスもやっぱりいいな〜、と思ったりします。

みなさんはどちらのタイプですか?!

リズミカルボディセラピークラス(レベル1)、リズミカルボディトリートメントクラスの
年内の予定はすべて発表となりました。
この暑すぎる夏、体調を崩したり、もしくは夏太りしてしまった!という方。
ぜひ自分の中の自然なリズムを取り戻して、より元気に、美しく秋を迎えませんか。
自分の中の月の満ち欠けと、空の月の満ち欠けを感じながら過ごすだけで
身体が変わる面白さを、ぜひ味わってみてください。

リズミカルボディスクールのご案内
http://www.aroma.gr.jp/rhythmicalbody/index.html

日程はこちらです
http://www.aroma.gr.jp/school/class.htm#rbt
posted by mothersoffice at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 「アロマテラピーの学校」の授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月24日

東洋医学から考えるユーカリ

みなさま こんにちは!

マザーズオフィスの大山です。

まだまだ暑い日が続きますね。

さて先週の木曜日、アロマテラピーの精油塾「ローズマリー」が開催されました。

わたしも授業の最初だけお邪魔しましたが、森田先生のローズマリーの植物の特徴や成分のお話がとても面白かったです。
その後「ローズマリーはその昔」というテーマで歴史のお話やケモタイプの活用法などの講義があり、実習ではハンガリーウォーターを作りました。
最後には庭にあるローズマリーを採ってきて、リース作り。写真が撮れなくて残念でしたが、とってもかわいいリースをみなさん作成されたそうです。

講義だけでなく、実際に植物や精油に触れて、ローズマリーと仲良くなるクラスになったと思います。
お越しいただいたみなさま、ありがとうございました。

そして今度は来週金曜日、精油塾「ユーカリ」を予定しています。


マザーズオフィスの庭にも巨大なユーカリレモンの木がありますが、みなさんご存知ですか?

わたしが入社したときにはわずか1m足らずだった木が、今では学校の屋根を越えて、どんどん空に向かって伸びています。

今回の授業の担当は初雁聡子先生です。
ずいぶん前はマザーズオフィスで一緒にお仕事をさせていただいてました。
その頃から講師でいらっしゃるとともに、現在は鍼灸師の資格もお持ちです。
そんな初雁先生のユーカリの講義、ユーカリブロブルス、ユーカリラディアタ、ユーカリレモンの成分や薬理作用、臨床におけるレシピを紹介し、またユーカリを東洋医学の五行から考えていきます。

実際のユーカリを使ったワークや、精油を使ったものづくりも予定しています。

夏も終わり、空気が乾燥してくると、またやってくる感染症の季節…。

そんなときはユーカリの出番ですよ!


ユーカリをもっと知り、使っていくことで、
この秋、冬も、そんなに怖い季節にもならないのではないでしょうか?
みなさまのご参加をお待ちしております。
http://www.aroma.gr.jp/aroma/eoil.html
posted by mothersoffice at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 「アロマテラピーの学校」の授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月21日

アロマセラピスト カルテ審査を終えて

アロマテラピーの学校の中安です。

8月の終わりがようやく見えてきました。
今年の夏は暑いです。

週末が近づいてきて、すこし暑さがやわらいだような気がしますが
いかがでしょうか。

さて
7月から8月にかけて進めてきたカルテ審査が終わりました。
僕が担当したカルテもほぼ終えて、あとは協会への提出を待つばかりです。

協会へ提出したカルテは、協会でも審査されるので
みなさんがアロマセラピストの認定証を手にするのは
10月中旬でしょうか。
しばらくお待ちください。

カルテ審査をおえた、感想は…

僕にとってのアロマテラピートリートメントってなんだろう…です。

カルテをみていると、僕だったら、このケースではどんなふうに関わろうか

セッションをどんなふうにつくっていこうかと
思いを巡らします

アロマセラピーって幸せなセラピーだと思うので
その幸せ感、心地よさを、どんどん重ねて行きたいです。

起きてしまったマイナスは消すことはできないけど
新しいプラスは追加することができます。

素敵な香り
精油の体へはたらき
心地の良いタッチ

アロマテラピートリートメントをとおして

呼吸することがこんなに楽で気持ちよかったんだ
のども胸もやわらかく動く

手足の軽さ、伸びやかさ、自由な感じ

足がしっかりと体を支えている感覚、安定感

視界が明るく広がっている

いろいろな心地よさを、幸せな体験をプラスすることができたらと思います。

それはトリートメントだけでなくて、ふだんの生活でも可能です。
セッション後に、ホームケアの方法を提案して、アロマテラピーの楽しみを家にも、持ち帰っていただきましょう。

こんなことを書いていたら、トリートメントしたくなったし、受けたくなりました。
10月からまた新しいアロマセラピストクラスが始まります。楽しみです。

それでは 中安
posted by mothersoffice at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月13日

周産期のアロマテラピー@北海道看護協会

みなさまこんにちは、マザーズオフィスの大山です。

今日は曇っていて、窓から蝉の声が聞こえています。

わたしは今週、月?火と北海道看護協会で周産期のケアの幅を広げよう研修会の中のアロマテラピーと、ベビーマッサージの講義を担当させていただきました。

生まれて初めての北海道上陸、札幌はなんと、暑かったです!

道内からは50名近くの助産師さんにお集りいただき、みなさん熱心にわたしの講義を聴いてくださっていました。

一日半という短い時間のなかで、わたしが伝えられなかったこともいっぱいあったと思います。また、職業や活動場所が違うわたしの話を聞いて、みなさんがどこまで周産期ケアに活かしていただけるのかな、きっと大変なこともたくさんあるだろうな、わたしたちになにか協力できることが、もっとあるのではないだろうか、と2日間を終えて、改めて考えるべき課題をいただいたような気がきます。

それにしても、空港から現地に向かう途中に見られる北海道の自然に癒され、また、助産師のみなさんとも楽しい時間を過ごすことができました。そして、スタッフのみなさまにも大変お世話になりました。本当にありがとうございました。

今回は観光する時間がなかったので、今度はゆっくり来ようと思います。

札幌で宿泊したホテルから見る景色です。方角はまったくわかりませんが。夜は絶景でしたよ!
2010080917430001.jpg
posted by mothersoffice at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠と育児(マタニティ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月03日

扉を最後まで閉めてみる

家の玄関がうるさいのです。

ただいま〜

と、家に帰って扉から手を離すと、

ドガチャーン!!

と、ドリフでタライが落ちて来た時のような音がします。


ノブを最後まで持って、音が鳴らないように、丁寧に最後まで閉めて、まわしていたノブを戻すようにしました。

静かに閉まりました。



昔、卒業生の方のメッセージで

「この学校でトリートメントを学んで、物の触れ方が変わりました」

という声がありました。


丁寧に扱う。丁寧に触れる。



ガチャーンとなる日は、結構、自分のことしか考えてなくて、余裕がない時なんですよね。

触れる対象のことを最後まで考えてない。


そんなことを思い出しました。


インストラクタークラスではタッチング論があります。
丁寧に扱う。学んでみませんか?

夏期集中講座も、最終受付中です。
http://www.aroma.gr.jp/aroma/summer.html



タッチ&トリートメントクラスや
http://www.aroma.gr.jp/school/touchandtreatment.html


タッチで眠りに導くアストラルスリーピングもお勧めです。
http://www.aroma.gr.jp/school/class.htm#astralsleeping



自分が感じていることを、相手も感じている。

至言です。
posted by mothersoffice at 01:49| Comment(0) | TrackBack(0) | タッチング&トリートメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月02日

アロマセラピスト カルテ審査

 アロマテラピーの学校の中安です。
蒸します。大粒の雨もパラパラおちてくるし、早くも秋が待ち遠しいです。

さてこの季節
アロマテラピーの学校の実技講師の先生たちは大忙しです。
僕も実技を担当しているのでたいへんです。

その理由は
アロマセラピスト認定のためのカルテ審査です。

社団法人日本アロマ環境協会(AEAJ)のアロマセラピストの認定には
3つの条件があって

1つは学科試験の合格
2つ目はボディトリートメント実技試験の合格
そして3つ目がカルテ審査です。

30回分のアロマテラピーセッションを記録してそれを提出するというものです。

年に何回か、AEAJに提出するタイミングがあって
今の時期は8月末に向けて、学内審査の真っ最中です。

このカルテ審査にはざっとみて2つのポイントがあります。

ひとつは
トリートメントを安全に行うための確認作業です。
心地よさの前に「安全」がくることは、これは当たり前だし、絶対に外すことができない条件だと思います。
安全でない心地よさには、危ないというか、ちょっと近づきたくないです。


2つ目のポイントは、心地よさです。
アロマテラピートリートメントの心地よさにはいろいろな可能性があります。

精油の香り
精油の特性
植物油
タッチの感触
ボディトリートメント効果
いろいろなアロマテラー利用法
おしゃべり
……

まだまだいろいろあります。


7月に入ってからずっとカルテをみているのですが
みなさん安全確認は、ずいぶんいい感じで、細かなところまで行き届いています。

2つ目の心地よさがもうひとつです。工夫がたりないです。
もちろん
みんなのセッションは、きっと心地よいものだったと思うのですが

それをもっと積極的に取り上げて、気づいてもらって、トリートメントを受ける人にも、する人にも価値のあるものにしていく工夫、それがほしい!

もともとアロマテラピーは幸せなセラピーだから、危なくないことさえすれば、すぐに幸せになってしまうのかもしれない。

でも、なんとなく幸せよりも、幸せなんだと実感する方が、幸せのありがたみが増すような気がします。

なので
これからカルテを作成するみなさん、そしてアロマセラピーのトリートメントをするみなさん、幸せを実感するような工夫をセッションのなかに入れてみてください。

それでは
中安
posted by mothersoffice at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 「アロマテラピーの学校」の授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。