2010年10月29日

楽して美味しいご飯を…

こんにちは。マザーズオフィス 荒川です。
急に寒くなりましたね!
寒暖の差が大きいと、温かい汁物がよく売れるそうです。
おでんとか、おなべとか、スープとかシチューとか…
昨日夕方に立ち寄ったコンビニでは、おでんが売り切れ状態でした。

冬の寒さは辛いけれど、温かなものが美味しくなるのは嬉しい!
鍋からたちのぼる、おいしそうな香りの湯気だけで、
もう「ほわ〜〜〜」と幸せ気分になってしまいます。
あの幸福感。理屈じゃない感じは、アロマテラピーと一緒ですね。

そして、今年。友人宅の夕飯に呼ばれていきました。
メニューはシンプルなおでんです。
おつゆを一口いただいて、びっくり!!!

なんという旨味!身体にしみこむ感じ!
やさしい薄味なのに、しっかり美味しい〜〜〜!

家庭料理では食べた事の無い美味しさだったのです。
話を聞くと、特別なことは何もしていないとのこと。
そして、いつもお料理するときに気をつけているのは、
昆布でも鰹でも煮干しでもなんでもいいから、
出汁をちゃんととること。
調味料は本物を使う事。それだけだよ!とのことでした。

なーるーほーどー。やっぱり出汁なのかー。
それで、普通のおでんがあんなに美味しい一品になるのか…。
だったら私もやってみようかな?!
宮川先生もつねづね、ちゃんと出汁をとりなさい、と言っているし。
でもなんとなく、ちゃんと出汁をとるって手間がかかりそう…。
面倒くさいのはちょっと続かないな…。

そんな話をリズミカルボディフードクラスの安達先生としていたら、
「簡単な方法あるわよ!私も面倒くさいの大嫌い!」と、
日頃なさっている、いろいろな工夫のお話を聞かせてくださいました。
もう、私にとっては「へぇ〜!」の連続です。
それならできる!今日帰ったら早速やってみよう!と
「超」ものぐさな私を動かした、安達先生の出汁のお話。
このたびリズミカルボディフード特別セミナーになりました。

◎リズミカルボディフード 特別セミナー 〜本能を育む出汁編〜
http://www.aroma.gr.jp/rhythmicalbody/foodseminar.html

お料理好きで、既にお料理上手な方には必要ないかもしれません。
でも私のような、「めんどくさがり」で、「自分の料理に自信のない」方、
「出汁とり?無理!」という方にはとってもおすすめですよ〜!





posted by mothersoffice at 10:49| Comment(0) | 食生活(リズミカルボディフード) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月28日

ボディトリートメントのための解剖学クラスおわりました。

こんにちは。
アロマテラピーの学校の中安です。

先日、ボディトリートメントのための解剖学クラスが終了しました。
全6回のクラスに参加されたみなさん、ありがとうございます。
毎回、毎回なのですが、講師の僕にとっても大きな学びのあるクラスです。

このクラスは午前の筋肉と骨を中心にしたクラスと午後のボディトリートメント実習がセットになっています。
午前に解剖を学び、その知識を活かしたテクニックを午後に実習しようというわけです。

体に触れるとき、トリートメントするときに
筋肉がどこから始まり、どこに付着するのか、どの層にあるのか

この骨にはどんな筋肉がついているのか
この骨を動かすと、どの筋肉が動くのか

こんなことが頭のなかに入っていて、それをイメージしながら触れると
トリートメントの動きのなかに確実さが生まれてきます。
目的に応じたタッチが生まれてきます。

このクラスではたくさんのテクニックを紹介します。
もちろん全部を覚えていただいてもオッケーですし
気に入ったものだけでも構いません。

そして、もしできるならば
テクニックのアイデアや、アプローチのモデルに気づいて
それを持ち帰ってください。
そうすればいろいろなテクニックが
クライアントに応じて生まれてくるはずです。

次回のボディトリートメントのための解剖学クラスは
来年を予定しています。
それでは 

posted by mothersoffice at 17:37| Comment(0) | 「アロマテラピーの学校」の授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月23日

包丁なんて持ったことありませんでした。

こんばんは。三雲です。
子どもが生まれるまで、
包丁なんて持ったことありませんでした。

いや、もちろん、持ったことはあるんですけど、
日常的に料理をしたことなかったという意味ね。

それが子どもが10か月くらいで、妻が仕事に復帰して、
夜勤なんかもあって帰らない日もあったりするので、
俺がごはんつくらないと、この子、餓死しちゃう訳ね。

今日はラーメンと半チャーハンでいくか、な、息子よ!
とかって毎日乳児連れてラーメン屋行ったら、
たぶん、児童相談所の人来ちゃうのね。

だから6時に仕事終わって、
保育園まで自転車で猛ダッシュして、
息子をかっさらってスーパー行って、
それからご飯つくって.....って、普通無理な訳ですよ。

しかも、その間、泣いたり、うん○もらしたり、こぼしたりする訳。


でも、助かったのは、「出汁」を知っていたから。

出汁さえあれば、みそ汁、鍋、ポトフ、スープ、大根煮、きんぴらとか、まあ、できる訳よ。

まあ、最後の方はほぼ鍋鍋鍋鍋ポトフ鍋って感じだったけど。

でも、それって子どもにとっては最高の食生活なんだよね。

母乳のためのレシピなんだけど、父親にも子どもにも役立ったのです。


おかげで、小2の息子は、みそ汁は今でも大大好き。

ごはんと、みそ汁と漬け物。

これが最高の粗食、素食だと。

宮川も幕内秀夫先生もおっしゃいます。
そういえば幕内先生と宮川先生がお会いしたとき、すぐに意気投合したらしいです。


幕内先生のブログ知ってます?すごいですよ。

でも、僕が一番、感銘したのは

リズミカルボディ(R)フードを担当している安達文章子先生から聞いた

「澄んだ川に、汚れた水を流してもきれいにしてくれますが、
 汚れきった川に、きれいな水を流しても澄みわたらせるのは難しい」

という言葉。

川は血液。水は食事。です。


自然療法やってると、〜じゃなきゃだめ!とか、

ドグマ(教条主義)になりがちなんだけど、

汚水を浄化してしまうくらい、きれいな川であれば、
たまに踏み外しても、振り子のように元に戻るっていう感覚ね。

だからラーメン食べてもいいのね。


ということで、出汁のセミナー。11月に開催です。

今さら、人に聞けない!という方もせひどうぞ。

http://www.aroma.gr.jp/rhythmicalbody/foodseminar.html


こちらは普段のフードクラスです。
http://www.aroma.gr.jp/rhythmicalbody/food.html


posted by mothersoffice at 22:31| Comment(0) | 食生活(リズミカルボディフード) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月21日

合格おめでとう!

こんにちは。
アロマテラピーの学校の中安です。

先日、日本アロマ環境協会のインストラクター試験、アロマセラピストカルテ審査の発表がありました。
みんなおめでとう!!!
よくがんばりました。

そして今回、ざんねんながら不合格だった方、
あともう少しだったと思います。
ノートを見直して、次回に合格しましょう。

そしてアロマセラピストカルテ審査合格のみなさん。
いよいよ認定です。

そこで今回、2010年8月のカルテ審査を終了した方を対象に
「たくましいアロマセラピストになるために」という
無料のセミナーをプレゼントすることにしました。

これまでアロマテラピーの学校で学んだことを
より効果的に、もっとも有効に役立てるための
いくつかの工夫をお話しします。

たとえば
・自分の土俵で勝負する!
・コンサルテーションに取り入れる感受性を高めるワークと言葉かけ
・トリートメントの評価

などなどです。
実はこれまでボディトリートメント実技やコンサルテーション、ケーススタディなどで取り上げたことも多いのですが、それを「たくましい」というキーワードにまとめてお話することにしました。

きっと
これからの臨床に役立つはずです。
くわしい日程はここをご覧ください。

それでは
みんな
おめでとうー!
posted by mothersoffice at 16:36| Comment(0) | 「アロマテラピーの学校」の授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月18日

アロマセラピスト実技クラス 自宅練習方法

こんにちは。
アロマテラピーの学校の中安です。
アロマセラピスト実技クラスが進行中です。

先日のクラスで
「みなさん。ボディトリートメント実技は順調に進んでいますか?」
と声をかけたら。

「マッサージテーブルがないから、なかなか思ったように練習が…」
なるほど。
たしかにマッサージテーブルは必需品ですが、急に手に入れることはむずかしいです。

そこで
マッサージテーブルを使わなくても、効果がある練習方法を考えてみました。

その1 手で歩く
これはクラスの初日や、インストのタッチングでもご紹介した方法です。
もたれる圧をつかって、手で歩くことで、体の組織に圧が浸透していく感覚を養うことができます。
ポイントはソフトに、時間をかけること
急がずに、体重のバランスをとりながら、体を感じてください。

その2 ノートをまとめる
クラスでは、いろいろな視点からトリートメントのことを説明しています。
そこで気になったこと、なるほどと思ったことをノートにまとめてください。
同時に、順番も自分の言葉で整理すると、分かっていることと分かっていないことがはっきりしてきます。

その3 マクラで練習
イメージトレーニングをするときにマクラに手伝ってもらいましょう。
手の動かし方やストロークの方法をマクラをモデルに練習しましょう。
イメージだけよりも、実際に手を動かした方が意識に残ります。

いかがでしょうか。
すこしづつ確実に進んでいきましょう。
完璧はありません。
そして終わりもありません。

僕が昔、習っていた先生に
「どうしたらもっと上手になれますか?」と質問したら
「いつもそのことを思っていなさい」と言われました。

その通りだと思います。
日常のいろいろなことも、ボディトリートメントの学びになります。
すこしずつ、確実に上手になっていきましょう。

それでは

posted by mothersoffice at 15:20| Comment(0) | 「アロマテラピーの学校」の授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月16日

深夜の通信販売TV風に「こんなことあるんですね!何もしないで8kg痩せました!」


 ↓ 深夜の通信販売TV風に

「何もしないで8kg痩せました!」

「驚きですね〜三雲さん。その秘密は何ですか?」

「はい。計るだけダイエットです。」

ということで、こんにちは。三雲です。


今年の2月から実践している「計るだけダイエット」
別名 死なないぞダイエット

途中経過の報告です。


diet.gif


縦軸が体重ね。一目盛り1kgです。

実数は恥ずかしいから内緒。(自意識過剰なぼく)

8か月8kg減!

6月〜8月頃はひどいけど。

8月末とかに大熱を出した時、3日くらい絶食状態だったので、そこでググっと下がってキープしてます。

ちなみに運動とか、食事制限とか一切してません。

好きなラーメンも食べてるし。




やったことは、たぶん、無駄に食べなくなった。

それと、ラーメンとか美味しく食べて上がった翌日は、

「明日も体重上がるのイヤだから今日はおにぎりだけにしよう」とか、

本当にちょっとしたことの積み重ねだと思います。


で、結論は、

「前が食べすぎだったんじゃん」

ということ。とほほ。



ちなみに和英辞典で「食生活」をひくと、dietなんですよね。

まさに食生活。

ドグマになると続きません。

少し手をかけてあげるだけで、身体が確実に変わるんだなあと。


ここでリズミカルボディの1Dayセミナーの声をご紹介。

『今まで男の人は生理がなくてズルイ!

 うらやましい!と思っていたけど、

 セミナーを受けて、生理という『ゆるむチャンス』がある女に生まれて

 よかったと思いました。』


リズミカルボディでは、痩せるチャンスもあります。


女性はズルイ!うらやましい!。。。のか!?



http://www.aroma.gr.jp/oneday/index.html#rbt


2010年10月15日

アロマセラピスト実技クラスが始まりました

こんにちは。
アロマテラピーの学校の中安です。

10月に入ってから
いくつかのアロマセラピストクラスが始まりました。
新しいクラスの始まりは、いつもワクワクします。
クラスには、インストラクタークラスからの方がいらっしゃれば
初めて出会う方もいらっしゃいます。

僕はボディトリートメント理論やコンサルテーション
そしてボディトリートメント実技クラスを担当しています。

実技クラスではいろいろなことを取りあげています。
そのなかには具体的なやり方もあれば、
目に見えない感覚的なコツもあります。

この目に見えない感覚的なコツを
実技クラスでは
「内側の技術」と呼んでいます。

そのなかの1つを紹介します。
それは「面で触れる」です。

人間の体にはたくさんのデコボコがあります。
その体にそっとフィットするように
サポートするように触れるためには
面で触れることが必要です。

面で触れるとは、そのまま
柔らかな手で触れることにもなります。

固い手では細かなデコボコにフィットすることはできません。
固い手のタッチは点の感覚です。

だから
面で触れることに意識を向けます。
そしてソフトに

例えば
指先で触れるときも面です。
面の感覚で触れます。

試してください。
点のイメージで、親指で押したときと
面のイメージで、親指で押したときのちがいです。

クラスで習った具体的な技術に
「面で触れる」イメージを重ねていくと
タッチのクオリティが変化します。

こんなことを
アロマセラピスト実技クラスで取りあげています。

それでは また
posted by mothersoffice at 05:30| Comment(0) | タッチング&トリートメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月11日

誰かにとってのベストが自分のベストとは限らない


こんにちは。三雲です。


「誰かにとってのベストが自分のベストとは限らない」


僕の好きな雑誌
BRUTUSの「居住空間学 特集」で取材された方のコメントです。


そうそうそうそう。

「アロマテラピーの学校」で伝えたいのはこれこれ!


つまりさ、眠れないときには、ラベンダー。

風邪の時にはユーカリ。

って、処方箋のように学んでも

アロマテラピーの本当のところは学べてないんですよ。

結構、海外系のアロマテラピーを学んだ方が

当校に来られると驚かれるのですが、

当校は体と感覚を大事にしています。



誰かにとってのベストが
自分にとってのベストじゃない

のと同様、

昨日のベストの香りが、
今のベストじゃない。

ここでのベストの香りは、
あちらのベストではない。

のんびり過ごした昨日のベストの香りが、
仕事でピリピリしている明日のベストではない。


今、どうなのか。

それを「からだ」に耳をすませて、感じる。


インストラクタークラスでは、

毎回「香りのアクティブイメージワーク」を行ないます。

隣の人が好きじゃないのに、自分は好き。

昨日は好きだったのに、今日はピンとこない。

それが、今の正解。

嗅覚は、知っています。

今、求めているものを。

それをリスペクトすると、

体は自然と良い状態に、グラウンディングしてくれます。


アロマテラピー1Dayセミナー
http://www.aroma.gr.jp/oneday/index.html#aroma

説明会
http://www.aroma.gr.jp/school/event/index.htm


こちらもお勧め

アロマテラピーと芸術療法(12月はキャンセル待ちです)
http://www.aroma.gr.jp/school/arttherapy.htm

http://www.aroma.gr.jp/school/class.htm#art



posted by mothersoffice at 13:10| Comment(0) | 「アロマテラピーの学校」の授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月07日

根拠のない自信

秋になりましたね〜
マザーズオフィス 戸張です。

先月、宮川のインタヴュー記事を掲載してくださっているナチュラルクエストさんが宮川先生を
訪ねてきてくださり、その場に私も同席することになりました。

話しはキューバのことや薬草の話、がん治療やホメオパシーなど、あちらこちらへと進みました。
その中で、今までも宮川先生の口から呪文のように何度も聞いた言葉が出てきました。

「根拠のない自信は大事なのよ!」

頭が良いとえらいの?
見た目がキレイじゃないと楽しんじゃいけないの?

人はみんな、おんなじだよ。
キレイじゃなくても、表情がかわいいとかあるじゃん。

人と比べるから良くないのよ。


そういって、笑っていました。
自信が持てなかったり、自分らしく居られないときに
この言葉に背中を押してもらうことがあります。


宮川先生が12月に帰国してすぐ、今年最後のからだの自然塾があります。
テーマは、アンチエイジングと老化。
帰国ホヤホヤでエネルギー満タンの宮川が語る「若返り」と「老い」は個人的にも楽しみです。

12月の【宮川明子 からだの自然塾】●日程 12/10(金)時間 13:30-16:00
http://www.aroma.gr.jp/school/miyakawajuku.html

もうすでにお申し込みのみなさま、いつもありがとうございます!
たくさんの方のご参加お待ちしております。

*こちらも必見!*
宮川先生インタヴュー ナチュラルクエストHPより
http://naturalquest.org/flash/interview_03.html
posted by mothersoffice at 12:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月05日

男性アロマセラピストクラス開講です。

こんばんは。三雲です。

8歳と4歳の仁義なき兄弟ゲンカ。

原因の原因の原因は、

「僕の方を見て」

の争いなんですよね。


だから、ケンカにつきあうのではなく、向き合ってあげると良い。


.....んで、


向き合うって、具体的に何?


この具体的にって、重要です。


アロマテラピーは具体的でないものを、具現化してくれます。

例えば、リラックスする。ということをとっても、

どうリラックスするの?という問いに香りが答えてくれます。



で、「向き合う」って?

話しを聞いたり、

親子二人だけで遊ぶ時間をつくったり、

絵本を読んだり、

まあいろいろありますが、

マッサージに勝るものはない。


1対1で向き合って

手を温かくして、

全身に触ってあげます。


手で「ちゃんと君を見てるよー」というメッセージを送ってあげます。

安心して、すっと眠ります。

素晴らしい!


これでやっと「聖☆おにいさん」の5巻が読めるってもんです。





そんなこんなで、男性アロマセラピストクラス開講です。

AEAJのアロマセラピスト資格をとるチャンス!


http://www.aroma.gr.jp/aroma/men.html


posted by mothersoffice at 20:55| Comment(0) | タッチング&トリートメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。