2006年07月08日

産後の体と季節の関係

今日は、アロママタニティクラスで出産と産後のアロマテラピーのお話をしました。
本日は2名の方が発熱されたり、風邪で調子を崩されてお休みでした。お二人とも産後のママたちで、妊婦さんは元気にいらっしゃいました。
昨日は先週乳腺炎で高熱が出ましたという、やはり授乳中のお母さんがトリートメントにご来店されました。
まだ梅雨も開けず、湿気でムシムシしていて、どこに行ってもエアコンが必要以上にガンガンかかっている、こんな季節に産後の体はすぐに反応しますよね。

妊婦さんもこの季節は冷えますし、むくみもひどくなります。

そういえばわたしも一年前、乳腺炎になり大変な思いをしてました。わたしの場合、乳房は痛くならずに下腹部痛、例えると子宮がひどい筋肉痛(?)のような感じで、雨の中を高熱でガタガタ震えながら助産院に駆け込んだっけー…と思いながら、みなさんと乳腺炎用オイルの実習をしました。

妊婦さんは冷やしてはダメと言いますが、産後の方も同様です。特に肘や膝、足首など間接を出した服装は、とても身体を冷やします。通気性の良い、薄い素材でも良いですから必ず保護する事が大切です。
授乳中は体温も上がっているから暑いんですけど、冷やすよりは全然マシ、と思ってください。

もう少しで梅雨も終わり、本格的な夏がやってきます。来週から子供の保育園でもプールや水遊びが始まります。今年の夏は新幹線に乗って、実家の海や山で遊ぶのを、親子で楽しみにしています。

みなさんも楽しい夏に備えて、体調を整えておきましょう!!
アロマスフィア中野店 大山でした。
posted by mothersoffice at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠と育児(マタニティ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック