2009年01月10日

不安や恐れを抱いていることを否定しない。

こんばんは。マザーズオフィス三雲です。

先日、ある芸人さんが「女を落とすテクニック」講座をやってました。


あたしゃ正座して見ましたよ。


でね、結局、

酔わせる!

という単純な結論なんです。



が、じゃあ酔わせるにはどうするか?

それはグチを言わせると酒が進むと。


じゃあ、グチを言わせるにはどうするか?


師曰く「100%、グチを言わせるヒトコトがある」


それは、


「大変じゃね?」


だそうです。



例えば、

「仕事何してんの?」

「会社員です」

「へー。会社員って。。。。


大変じゃね?」

とか、

「仕事何してんの?」

「今は会社やめて、子育てしてるんです。」

「へー。会社やめて育児って。。。。

大変じゃね?」


とか。



俺、落ちるかと思った。



自分の不安やおそれを、聞いてくれて、受け止めてくれること。

これ自体が既にセラピーですよね。


サロンでも、フラワーレメディがきっかけとなり、一歩近づくツールになりえます。



いけだ笑み先生は、フラワーレメディの講座で、

例えば、子供が恐怖感を抱いた時、親には手当てされたいと願っている。

その恐怖感を親が認めてくれたこと、対応してくれたこと自体が嬉しい。

ということをおっしゃってました。



バッチ博士は、不安や恐れは誰にでもある当然のことで、その人がその人であるための、生まれながらの個性、性格、クセのようなものと捉え、否定しません。

否定はせずに、過剰になり過ぎたその傾向のバランスをとると考えます。


例えば育児でも、
子供が泣き出すと、自分をコントロールできない。
子供の友達の親に、自分たちを受け入れてもらえないのではないか。
子供の帰宅が遅いといつも心配になってしまう。
なんだか不感

それを否定せず、取り除こうとせず、闘おうとせず、がんばれと言わず、

冷静にキチンと分類します。

それにふさわしいレメディですぐに、その場で対処できるのがフラワーレメディの素晴らしいところです。


クラスでトレーニングし、まずは自分で選べるようになること。
分類がわかっていればだいじょうぶ。

自分の足が地につけば、子供やパートナーを手当てするホームセラピストになれます。


いけだ笑み先生はおっしゃいます。

「人から施してもらうのではなく、自分で自分に対処すること。

それが、フラワーレメディを、買うのでも、してもらうのでもなく、

「学ぶ」意義でもあるのです。」


http://www.aroma.gr.jp/school/class.htm#flower

1月期クラス。いけだ先生との時間をぜひどうぞ。
posted by mothersoffice at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | フラワーレメディ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。