2010年10月29日

楽して美味しいご飯を…

こんにちは。マザーズオフィス 荒川です。
急に寒くなりましたね!
寒暖の差が大きいと、温かい汁物がよく売れるそうです。
おでんとか、おなべとか、スープとかシチューとか…
昨日夕方に立ち寄ったコンビニでは、おでんが売り切れ状態でした。

冬の寒さは辛いけれど、温かなものが美味しくなるのは嬉しい!
鍋からたちのぼる、おいしそうな香りの湯気だけで、
もう「ほわ〜〜〜」と幸せ気分になってしまいます。
あの幸福感。理屈じゃない感じは、アロマテラピーと一緒ですね。

そして、今年。友人宅の夕飯に呼ばれていきました。
メニューはシンプルなおでんです。
おつゆを一口いただいて、びっくり!!!

なんという旨味!身体にしみこむ感じ!
やさしい薄味なのに、しっかり美味しい〜〜〜!

家庭料理では食べた事の無い美味しさだったのです。
話を聞くと、特別なことは何もしていないとのこと。
そして、いつもお料理するときに気をつけているのは、
昆布でも鰹でも煮干しでもなんでもいいから、
出汁をちゃんととること。
調味料は本物を使う事。それだけだよ!とのことでした。

なーるーほーどー。やっぱり出汁なのかー。
それで、普通のおでんがあんなに美味しい一品になるのか…。
だったら私もやってみようかな?!
宮川先生もつねづね、ちゃんと出汁をとりなさい、と言っているし。
でもなんとなく、ちゃんと出汁をとるって手間がかかりそう…。
面倒くさいのはちょっと続かないな…。

そんな話をリズミカルボディフードクラスの安達先生としていたら、
「簡単な方法あるわよ!私も面倒くさいの大嫌い!」と、
日頃なさっている、いろいろな工夫のお話を聞かせてくださいました。
もう、私にとっては「へぇ〜!」の連続です。
それならできる!今日帰ったら早速やってみよう!と
「超」ものぐさな私を動かした、安達先生の出汁のお話。
このたびリズミカルボディフード特別セミナーになりました。

◎リズミカルボディフード 特別セミナー 〜本能を育む出汁編〜
http://www.aroma.gr.jp/rhythmicalbody/foodseminar.html

お料理好きで、既にお料理上手な方には必要ないかもしれません。
でも私のような、「めんどくさがり」で、「自分の料理に自信のない」方、
「出汁とり?無理!」という方にはとってもおすすめですよ〜!





posted by mothersoffice at 10:49| Comment(0) | 食生活(リズミカルボディフード) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。