2011年10月27日

アロマセラピスト実技クラス 僕の学び方

こんにちは。
アロマテラピーの学校の中安です。

アロマセラピストボディトリートメント実技クラスの2回目が終わりました。
1回目はガイダンスだから、実質的なスタートは2回目からですね。

クラスが始まると
教室のなかにたくさんの情報があふれだします。
特に初めて学ぶ方は「おーっ!」と思うかもしれません。

どんなふうに学んだらいいのだろうかと思っている方に
僕の方法をご紹介します。

その1 シンプルに受けとる
最初になんとなく分かったら動いてみます。
それをくりかえします。実際に練習しても良いし、イメージでもよいです。
コツはなるべく全体的に、シンプルに、とぎれとぎれでもオッケーです。


その2 やりにくいところみつける
何度か動いて、どうもやりにくいな、体に無理がかかっていると思ったところを見つけます。
もちろん始めはたくさんあります。そしてそこをゆっくり動きます。
そうすると自分が無理しているところ、分かっていないところが浮かび上がってきます。
そしてその解決方法を短いフレーズにして、動きながらそれを唱えます。
たとえば「中心軸とともに動く」などです。
解決方法は授業でも聞いてください。

その3 シンプルに表現する
6割くらい動けるようになったらだいたいオッケーです。
6割でいいの?と思うかもしれません。心配なら7割でもオッケーです。
なぜ6割かというと、授業やデモで示されるものは、「標準」です。実際はいろいろなケースがありますから。
残りの3、4割はそこで理解します。
そうすると理解が太くなります。やっぱりコツはシンプルさです。
複雑に学ぶと何かを見落とします。

これは一例です。
自分の方法を見つけるのが一番です。
参考になりそうだったら参考にしてください。

今、学んでいるなかで
一番面白そうなところから始めると
そこから広がります。

それでは


posted by mothersoffice at 09:50| Comment(0) | 「アロマテラピーの学校」の授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。