2012年03月01日

妊娠、出産経験があった方が良いですか?

こんにちは。マザーズオフィス三雲です。

最近、3番目の子ができて、また妊婦のいる生活になりました。

思い起こせば、長男が産まれた10年ほど前に、

マザーズオフィスでの経験を経て、

マタニティタッチ(R)スクール、やりましょう!

と宮川先生と中安先生に訴えたのを思い出しました。

だって本当に知っててよかったと思いましたもん。



ところで、女性の体の健康に携わる仕事をするのであれば、

妊娠、出産、産後について学ぶことは不可欠です。

よく、妊娠、出産経験がないことを、心配される方がいますが、

先日担当の先生が、妊娠・出産経験がない方ほど、

この仕事に向いていると言っても良い場合もあります。

なぜなら、自分の経験の「先入観」なく、

100人いれば100通りの妊産婦さんを受け止めることができるからです。

とおっしゃってました。

そうかもしれませんね。

客観的に見ることができるという意味では、

たくさんの妊婦さんに関わる経験の方が大切かもしれません。

マタニティタッチ(R)アドバイザーは、

マラソン選手に寄り添う「伴走者」のような存在です。

主役はあくまで妊婦さん。

励まし、アドバイスし、傾聴して、一緒に身体づくりをする存在。

自然療法の技(ワザ)と、あなたの手を通じて、

妊婦さんの身体の「野生」を蘇らせ、

豊かな妊娠、出産、育児ができるように送り出してあげてください。

「父親育て」もあなたの役割です。

「あなたがいてよかった」「ここがあってよかった」と

一生、言われる「しごと」かもしれません。


一言もしゃべれなかった赤ちゃんが、大きくなって「こんにちは」と挨拶に来る。

そんな経験ができるのも妊産婦さんに携わるすばらしさでもあります。


マタニティタッチ(R)アドバイザーがたくさん誕生しています。

看護師さんなど、医療従事者の方も学ばれているのは、

医療では手の届かない、自然療法家である私たちにしかできない

大切な役割がある証拠です。

3/7(月)は説明会も開催します。

ぜひどうぞ。




ということでまた、修行の日々が始まりました。

男の気持ち独白していきます。

はあ。


ふう。




posted by mothersoffice at 15:21| Comment(2) | 妊娠と育児(マタニティ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
三雲さん おめでとうございます!!
本当におめでたいですね♪
三人目は女の子ですかね(^-^)楽しみですね!
出産は松ヶ丘ですか?
Posted by 森田里織 at 2012年03月02日 18:56
森田先生!ありがとうございます。楽しい育児生活を楽しんでます?
あの生命体!って感じの赤ちゃんも大きくなったんでしょうね〜。

松が丘の予定ですが、遠いので夜中に産気づいたら間に合うかねえ、なんて言ってたら、「まあ、タクシーで産まれちゃうってことは、すごい安産ということだからさ〜。はっはっは〜(笑)」と女の人たちは笑ってました。
僕とタクシーの運転手さんのテンパリっぷりを想像すると。。。

女という生き物って。。。
Posted by 三雲 at 2012年03月03日 09:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。