2012年03月22日

右手と左手は、お父さんとお母さんのようです。

『手』について。
森聖子先生よりメッセージをいただきました。

================================

私は右利きです。
お箸、ペン、包丁、すべて右側で使います。
ゴム手袋はいつも右側ばかり破れます。
長年着ているパンツ類が右側だけ色あせてきました。
南側に向いたベランダで、右手でハンガーをかけるからなんだと、
最近気づきました。

たまには左側を鍛えようとしてみます。
左手で納豆を混ぜると、こぼれます。
左手で精油を扱うと、危なっかしいです。
左手で歯を磨くと、歯ブラシが歯ぐきに当たって痛い思いをします。

でも、右手だけでは納豆もうまく混ぜられないし、
精油のふたも上手に開けられません。
左手は大きな力で右手をサポートします。
扉を左手で開け閉てすると、右手よりも音がやわらぎます。
両手ですると、さらに優しくなります。
右手と左手は、お父さんとお母さんのようです。

誰もが、からだの使い方のくせを持っています。
セラピストとして、人のからだに触れていくなかで、
まずは自分のからだに、目を向けていくこと。
それに気づいて認めること。
そして、「直そう」「治そう」としないこと。
そんなことが大切なんじゃないかと思っています。
===================================


森先生は、中野区で個人サロン「metsa(メッツァ)を主宰されています。

当校認定のマタニティタッチ(R)プラクティショナーでもあります。

http://www.aroma-metsa.jp/index.html

ブログも素敵です。
http://blog.aroma-metsa.jp/






posted by mothersoffice at 13:52| Comment(0) | 「アロマテラピーの学校」の授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月27日

金沢校で集中講座→フェイシャル&インストラクタークラス(G.W.集中)

金沢校で集中講座を開催します。
お近くの方も、お近くでない方も、金沢を楽しみがてらお越しください。
結構貴重なクラスです。

==============================================

01 フェイシャル3日間集中クラス【受付期限:3/7(水)】
02 早割:最大2万5千円引き:2/28まで(4月期AEAJ資格対応コース)
03 土曜クラスに加え、ゴールデン・ウィーク集中クラスも新設

===============================================



【01 フェイシャル3日間集中クラス:受付期限:3/7(水)】

アロマテラピーによるフェイシャルトリートメントを学ぶクラスを、
金沢校で3日間集中で開催します。講師は東京から伺います。
優しい優しいタッチは、妊婦さんにも、洋服を脱ぐのが苦手な世代の方にも、男性に実践するのにも有益です。
特にアロマセラピストの方は、ぜひ身につけてください。

■金沢校 3月期集中 全3回 3/18(日)-20(火/祝) 10:00-16:00

*受付期限:3/7(水)となります。
*最低開講人数に達した場合に開講が決定となります。

【概要】 http://www.aroma.gr.jp/facial/treatment/index.html
【申込】 http://www.aroma.gr.jp/form/index.html



【02 早割:最大2万5千円引き:2/28まで(4月期AEAJ資格対応コース)】

(社)日本アロマ環境協会(AEAJ)資格対応コースの【早割】期限は、4月期は2/28まで!
ぜひご利用ください。

■インストラクタークラス:1万円引き (189,000円→179,000円)
■アロマセラピストクラス:1万5千円引き(357,000円→342,000円)

【概要】 http://www.aroma.gr.jp/info/hayawari/index.html



【03 4月期は、土曜クラス&ゴールデン・ウィーク集中クラスも新設】

金沢校のインストラクタークラスは、4月期土曜クラスに加えて、
G.W.(ゴールデンウィーク)集中クラスも開催します。
インストラクター過程を修了された方のためのアロマセラピストクラスは水曜です。
ぜひどうぞ。


■インストラクタークラス
・4月期土曜クラス 全20回 4/7-8/25(除5/5)14:00-16:30
・4月期集中クラス(GW.集中) 全8回 4/28-5/5(除5/2)10:00-18:45(4/28のみ13:30-16:00)
【概要】 http://www.aroma.gr.jp/aroma/instructor/index.html
【日程】 http://www.aroma.gr.jp/aroma/instructor/class/index.html#kanazawa

■アロマセラピストクラス
・4月期水曜クラス 全20回 4/11-9/5(除5/2、8/15)13:30-18:45
【概要】 http://www.aroma.gr.jp/aroma/aromatherapist/index.html
【日程】 http://www.aroma.gr.jp/aroma/aromatherapist/class/index.html



============================================
●金沢校アクセス
石川県金沢市西念2-28-16アクアヴィーテ内
http://www.aroma.gr.jp/access/index.html#schoolLink04
posted by mothersoffice at 15:22| Comment(0) | 「アロマテラピーの学校」の授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月04日

インストラクター試験にむけて 〜在校生・卒業生の皆様へ〜

こんにちは。
アロマテラピーの学校事務局の梅原です。

第29回アロマテラピーインストラクター試験が3/25(日)とせまってきました!

●試験手続きと免除申請書
受験のお申込はAEAJ(社)日本アロマ環境協会の受験要項をご確認の上、手続きを行ってください。
受験申込は2/22(水)まで。
<2次試験免除申請書の提出>も2/22(水)までです。

振替が必要な方は、この日までに提出できるよう日程を調整してご出席ください。
6日(月)からは横浜校で「冬期集中クラス」も始まります。
最初の方の科目も間に合うかもしれませんので、チェックしてみてくださいね。

http://www.aroma.gr.jp/student/download.htm


●インストラクター試験対策講座
当校インストラクタークラス受講の方、こちらのクラスを受付中です。
3/3(土)10:00-16:00中野サンプラザです。

http://www.aroma.gr.jp/aroma/shikentaisaku/index.html

学習内容の最終確認、ご活用ください。


●インストラクター試験突破特別講座
そして、以前に試験を受けたけれど残念な結果になってしまい、そのままになってしまっている卒業生の方、いらっしゃいませんか?
インストラクター試験を再受験する当校インストラクタークラス卒業生の方のために、久保田先生の<試験突破特別講座>を開講しています。

今回は、2/19&3/11(日)10:00-12:30(全2回9,450円)中野校第2教室での開講です。

久保田先生曰く「インストラクター試験もその基本は『検定テキスト』です。最低限、検定範囲を復習の上ご参加いただけると効果は倍増です。」
http://www.aroma.gr.jp/aroma/advice/index.html

もう一度チャレンジしてみませんか?
応援しています!

posted by mothersoffice at 12:51| Comment(0) | 「アロマテラピーの学校」の授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月12日

みんなの発見

こんにちは。
アロマテラピーの学校の中安です。

昨日(12/11)のアロマセラピスト実技クラスでは、最初に仰臥位のプログラムの全体のデモを行ないました。

その日のおわりにみんなからフィードバックバックをお願いしたら、「今日のデモで全体がつながっていることがわかりました」というコメントをいただきました。

これはとても大きな発見です。普段の授業は、体の部分ごとに実習しているので、トリートメントのプログラムは部分の集合体のような印象を持つかと思います。ところが練習プログラムには部分にプラスして全体を統合するテクニックが含まれています。

それはそれぞれのテクニックをひとつ大きく、深く行なうという試みです。たとえば下肢のストロークならば、寛骨を越えて腰椎に触れます。お腹にも触れます。お腹のサークリングのときは肋骨や腸骨にも触れます。

こんなふうにひとつ大きく、深く行なうと次に進む部位とのつながりができて、全体として大きな循環の輪ができあがります。

このときに大切なのがステップです。ステップを使って、体の位置を循環の輪にしたがって、次の部位に近づけるとよりつながりが深くなります。

次回の練習のときに試みてください。
posted by mothersoffice at 11:49| Comment(0) | 「アロマテラピーの学校」の授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月07日

アロマセラピスト実技クラス 3、4回目の授業

こんにちは。
アロマテラピーの学校の中安です

昨日の日曜日(11/6)はアロマセラピストボディトリートメント実技クラスの4回目の授業でした。
授業の進行としてはうつ伏せのプログラムがほぼ終了というペースです。
そろそろこのあたりから「順番が覚えられない!」なんて声が聞こえてきます。

講師の立場からすると、この時期に順番を覚えてもらおうと思っていないし、
ましてや技術を正確に覚えることは期待していません。
だから覚えていなくても大丈夫です。
これからも同じことを何度もくり返します。

この時期でお願いしたいことが3つあります。

ひとつは人の体に触れる感覚に意識を向けることです。
体に触れてその柔らかさ、弾力、質感を感じてください。
そして感じたことを言葉にしてください。
言葉にすることで感覚がより意識に上ってきます。
このとき感じたことは必ずしも知識で裏付けしなくても大丈夫です。
例えば解剖学的に。もちろん好きな方はオッケーです。
複雑に扱うと感じることのシンプルさが失われます。
ただ感じたことを受けとってください。


ふたつ目はこれから学ぶボディトリートメント技術の基礎になる体のさばき(動かし方)、もたれる圧をかけながら動くことの感覚をたっぷりと味わってください。
技術の細かな点にこだわるより、体のさばき、圧をかけながら動く感覚を身につけた方が上達は早いです。
そしてまだ滑らかに体が動かなくて大丈夫です。
もしかしたら味わうというよりジタバタともがいているかもしれません。
それでオッケーです。

そして三つ目は楽しむことです。
体に触れること、人と関わること、自分の体と関わること、パートナー(受け手)と感覚を共にすることを楽しんでください。

授業がひとつ進むごとにいろいろな体験が深まってきます。
そしてその体験に技術がついてきます。よく感じること、ジタバタすること、そして楽しんでください。

それでは また
posted by mothersoffice at 13:22| Comment(0) | 「アロマテラピーの学校」の授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月27日

アロマセラピスト実技クラス 僕の学び方

こんにちは。
アロマテラピーの学校の中安です。

アロマセラピストボディトリートメント実技クラスの2回目が終わりました。
1回目はガイダンスだから、実質的なスタートは2回目からですね。

クラスが始まると
教室のなかにたくさんの情報があふれだします。
特に初めて学ぶ方は「おーっ!」と思うかもしれません。

どんなふうに学んだらいいのだろうかと思っている方に
僕の方法をご紹介します。

その1 シンプルに受けとる
最初になんとなく分かったら動いてみます。
それをくりかえします。実際に練習しても良いし、イメージでもよいです。
コツはなるべく全体的に、シンプルに、とぎれとぎれでもオッケーです。


その2 やりにくいところみつける
何度か動いて、どうもやりにくいな、体に無理がかかっていると思ったところを見つけます。
もちろん始めはたくさんあります。そしてそこをゆっくり動きます。
そうすると自分が無理しているところ、分かっていないところが浮かび上がってきます。
そしてその解決方法を短いフレーズにして、動きながらそれを唱えます。
たとえば「中心軸とともに動く」などです。
解決方法は授業でも聞いてください。

その3 シンプルに表現する
6割くらい動けるようになったらだいたいオッケーです。
6割でいいの?と思うかもしれません。心配なら7割でもオッケーです。
なぜ6割かというと、授業やデモで示されるものは、「標準」です。実際はいろいろなケースがありますから。
残りの3、4割はそこで理解します。
そうすると理解が太くなります。やっぱりコツはシンプルさです。
複雑に学ぶと何かを見落とします。

これは一例です。
自分の方法を見つけるのが一番です。
参考になりそうだったら参考にしてください。

今、学んでいるなかで
一番面白そうなところから始めると
そこから広がります。

それでは


posted by mothersoffice at 09:50| Comment(0) | 「アロマテラピーの学校」の授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月21日

アロマセラピストクラス 始まりました

こんにちは。
アロマテラピーの学校の中安です。

10月に入り、新しいクラスがたくさんスタートしました。
僕の担当のアロマセラピスト実技クラスをも始まりました。

毎回第1回目は自己紹介を行ないます。
みなさんの様子を聞かせていただくのですが
そのなかで今回はひとつ気づいたことがありました。

クラスで学ぶ目的のなかに
・受ける人と触れる人がお互いの感覚を共有したい。
・相手の体のなかで何が起きているのか知りたい。
・そのときに私のなかにも何が起きているのか知りたい。
・触れることで私のなかの何が変わるのか興味がある。
このようなことを学びたい、体験したいとのことです。

もちろんアロマセラピストとしての振舞いと高い技術を学びたい
よりよりアロマトリートメントを行いたいということが前提にあってです。

僕は1989年から
ボディトリートメントクラスを担当しています。

今回のように学ぶ目的に変化を感じたことが過去にも一度ありました。
それは阪神淡路大震災のあとです。そのときは
・誰かのために役立ちたい
・回りのみんなのために何かしたい
このような学びの目的をもった方々がいました。

10月の新しいクラスのみなさんの学ぶ目的を聞いたとき
何か変化が起こりつつある…そんな気がしました。

アロマセラピストとしての振舞いと高い技術
よりよりアロマトリートメントを学ぶ
誰かのために役立つこと
感覚を共有する
私のなかに何が起きているか知りたい

ひとつひとつの目的が重なることで
もっと豊かになります。
シンプルに

そう思うとうれしくなりました。
よろしくお願いします。
posted by mothersoffice at 10:01| Comment(0) | 「アロマテラピーの学校」の授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月15日

クラスメイトを大切に

こんにちは。
アロマテラピーの学校の中安です。

9月に入ってもまだまだ暑いですね。
それでもそろそろ朝晩は秋って感じがします。

9月は4月開講のクラスが卒業を迎える時期です。
僕が担当した4月期アロマセラピスト実技クラスも卒業を迎えました。
おめでとうございます。

卒業のときには何か役立つことをと思って
自分自身のことを振り返ってみました。
ボディトリートメント、アロマテラピーを学んでいくなかで
良かったこと、その後の成長に何が役立ったのか…と思うと

それはやはり同じクラスの仲間の存在です。
分かっていることも、分からないことも、いっしょに練習したり、話し合ったり
ただつながっていることだけで、それはとても大きな応援でした。

そこで
卒業するみなさんにも
クラスメイトを大切にしましょうと伝えたいです。

遠慮なく、お互いにフィードバックできる。
困った時にも気軽に相談できる。

そういう仲間は心強いです。
卒業おめでとうございます。
中安
posted by mothersoffice at 17:59| Comment(0) | 「アロマテラピーの学校」の授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月06日

教育こそ最大の治療

こんばんは。マザーズオフィス三雲です。

「教育こそ最大の治療」という有名な言葉があります。

僕が勝手に言っているだけですが。

さて、今日は東京女子医大の川嶋朗先生(さそり座)をお招きしたオープンセミナーでした。


180名ほぼ定員の多くの皆様にご参加いただき、
本当にありがとうございました。


東京女子医大の川嶋朗先生の、楽しく、ちょっとキケンで、
嬉しくなるおまけスライドも含めてお話が聞けて楽しかったです。

川嶋先生は、「またやりましょうね!」と颯爽と中野駅へと帰られました。
川嶋先生、ありがとうございました。

青山自然医療クリニックの立ち上げの際には、
当校も少しだけお手伝いさせていただいたことがありましたが、
当時に比べれば、自然療法への理解は、
得られてきているよなあと、しみじみしました。


個人的には、
医者にも、自然療法家にも、
自分の人生を全て預けたり、委ねたりせず、
責任をもって自分の生活習慣を見直そうよ。
というお話だったと理解しました。


そして、「教育こそ最大の治療」だなと。
いや、。。。。治療というのは正確ではないな、
「教育こそ最大の予防」だなと強く思いました。

川嶋先生は
身体の調子が悪いとき、
栄養ととろう、とか
薬は何が良いか、とか
身体に何をしよう、とか

何かを加えたがりがちだけど、

何かを加えようとする前に、
まずは自分の生活習慣を見直そうよ。
だって自分の身体なんだから。
原因は必ず、自分の生活習慣にある。
そこを改善しないことには始まらない。
とおっしゃいました。


病気になる前に、病気にならない生活習慣を考える。
つまりこれは教育の分野です。
まさに、アロマテラピーの領域ですね。
自己教育という意味でもそうですし、
ショップも、サロンも、教育の場と言って良いと思います。


宮川の元には、そして当校関連施設には、
川嶋先生のご紹介でたくさんの方がいらっしゃいます。

「不妊外来もやってて、よく宮川先生のところを紹介する。
 宮川さんに不妊対策について伺うと、
 『何もしない生活を送ることよ』と言われるんだよねー。
 本当にそのとおり。
 でも、これが本当に今の人は難しいんだよね」

とおっしゃってたのが印象的でした。

そう。
西洋Vs自然療法ではななく、
西洋と自然療法がどちらが上とか下とかでもなく、
役割分担としてチームでケアしていく。
それが現実になっているのです。


「西洋医学=西洋文化=狩猟民族=敵をみつけて狩る。
抗生物質などはそうやって発達しましたが、
現代の「敵」がわかりにく病気には対処できない。
心の病気は?脳を敵にするの?
生活習慣病は?自分が敵なの?

私たちは生きている。生きているんですよ。
生きてれば老いは必ずあるんです。いつか必ず死ぬんです。
これは自分でなんとかしないといけないんです」

ともおっしゃってました。

「統合医療とは『人を幸せにする医療』です。
 もっと言うと、
 『死ぬときに幸せだったと思える医療』です。
 医者でなくても、この考え、目的があれば統合医療と考えます。
 逆に、医者で漢方やってても、
 この考えがなければ統合医療ではないです。」



ということで、もっと学んで、
その学びにもっと自信をもって、
そして、それをもっと人に伝えていきましょう!

興味のあることから、どうぞ。
http://www.aroma.gr.jp/school/class.htm



学びは平等に与えられた権利です。
権利を使うも、使わないのも、あなた次第です。




posted by mothersoffice at 21:50| Comment(0) | 「アロマテラピーの学校」の授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月13日

柔らかな手

こんにちは。
アロマテラピーの学校の中安です。
スクールの生徒さんからときどき
「セッション(僕の)は受けることができるのですか?」と
質問をいただくことがあります。

セッション(トリートメント)は行っています。
アロマテラピーの学校第2教室の2階にある
自然療法サロンアロマスフィアです。

僕のメニューは
トレガーアプローチ(ゆらゆらと揺するオイルは使わないワーク)と
オイルマッサージ(オイルを使ったエサレンマッサージ、ご希望で精油も)
この二つです。

臨床をやっていてうれしいことは
授業でみんなに伝えていることを
実際のセッションの場で体験できることです。
「授業=実際のセッション」 です。

たとえばボディトリートメント実技クラスでは
「手を柔らかく使う」というメッセージを伝えています。

実際の臨床の場で
背中も、肩も、腕も、足もカチカチに固くて
長い間のデスクワークや、力を使う仕事をしてきた方で
体の力がまったく抜けないクライアントさんのときも
手を柔らかく使います。

体が固いときほど
固さのなかの小さな柔らかさに意識を向けます。

柔らかな手で、わずかなゆるみを感じたら
そのゆるみ+αで、小さく圧をかけます。
ほんのすこしです。
そのわずかなゆるみを拡大していきます。
柔らかさを育てる、応援するタッチです。

そして意識を、体の固い表面ではなく
より内部、クライアントさんの体の中心に向けます。
タッチや圧、小さな動きと、体の中心をつなげます。

もうひとつ大切なこと。
固い体ほど、体の反応には時間が必要です。
その場では分からなくても、翌日に触れてみれば弾力は回復しています。

「体の反応には時間が必要」
このことを覚えておけば、慌てることはありません。
大切なことは手を柔らかく使うこと。
「固さ」と出会いますが、戦いません。

柔らかく使うことで
受け手の体とつながることができます。
自分の手、柔らかな手を信頼しましょう。

みんなも臨床を楽しんでください。

アロマセラピストクラス実技デモセッション
初めての方のためのタッチ&トリートメントクラス
トレガーアプローチ入門クラス

それでは
中安
posted by mothersoffice at 19:38| Comment(0) | 「アロマテラピーの学校」の授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月01日

クリスタル授業中…

みなさま こんちには。
マザーズオフィスの大山です。

今、クリスタルクラスの授業中にお邪魔してみました。
携帯カメラですが、授業風景はこんな感じです。
2010110115320000.jpg

今日は黄 緑 ピンク の石、第3チャクラと第4チャクラの勉強です。
そして、この石をつかってブレスレットを作っています。
2010110115340001.jpg
思案中…
2010110115340002.jpg
可愛く仕上がるといいですね。

最後に
2010110115330001.jpg
人体とクリスタルです。

こうしてみると、わたしたちと石も、共通するところがあると思いませんか?

来月は青のクリスタルでワイヤーアートをします。
遅ればせながら、最近になってやっと、ワイヤーアートに目覚めてきた私です。
これからは、色々なデザインに挑戦してみたいです。
http://www.aroma.gr.jp/school/crystal.html
posted by mothersoffice at 16:34| Comment(0) | 「アロマテラピーの学校」の授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月28日

ボディトリートメントのための解剖学クラスおわりました。

こんにちは。
アロマテラピーの学校の中安です。

先日、ボディトリートメントのための解剖学クラスが終了しました。
全6回のクラスに参加されたみなさん、ありがとうございます。
毎回、毎回なのですが、講師の僕にとっても大きな学びのあるクラスです。

このクラスは午前の筋肉と骨を中心にしたクラスと午後のボディトリートメント実習がセットになっています。
午前に解剖を学び、その知識を活かしたテクニックを午後に実習しようというわけです。

体に触れるとき、トリートメントするときに
筋肉がどこから始まり、どこに付着するのか、どの層にあるのか

この骨にはどんな筋肉がついているのか
この骨を動かすと、どの筋肉が動くのか

こんなことが頭のなかに入っていて、それをイメージしながら触れると
トリートメントの動きのなかに確実さが生まれてきます。
目的に応じたタッチが生まれてきます。

このクラスではたくさんのテクニックを紹介します。
もちろん全部を覚えていただいてもオッケーですし
気に入ったものだけでも構いません。

そして、もしできるならば
テクニックのアイデアや、アプローチのモデルに気づいて
それを持ち帰ってください。
そうすればいろいろなテクニックが
クライアントに応じて生まれてくるはずです。

次回のボディトリートメントのための解剖学クラスは
来年を予定しています。
それでは 

posted by mothersoffice at 17:37| Comment(0) | 「アロマテラピーの学校」の授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月21日

合格おめでとう!

こんにちは。
アロマテラピーの学校の中安です。

先日、日本アロマ環境協会のインストラクター試験、アロマセラピストカルテ審査の発表がありました。
みんなおめでとう!!!
よくがんばりました。

そして今回、ざんねんながら不合格だった方、
あともう少しだったと思います。
ノートを見直して、次回に合格しましょう。

そしてアロマセラピストカルテ審査合格のみなさん。
いよいよ認定です。

そこで今回、2010年8月のカルテ審査を終了した方を対象に
「たくましいアロマセラピストになるために」という
無料のセミナーをプレゼントすることにしました。

これまでアロマテラピーの学校で学んだことを
より効果的に、もっとも有効に役立てるための
いくつかの工夫をお話しします。

たとえば
・自分の土俵で勝負する!
・コンサルテーションに取り入れる感受性を高めるワークと言葉かけ
・トリートメントの評価

などなどです。
実はこれまでボディトリートメント実技やコンサルテーション、ケーススタディなどで取り上げたことも多いのですが、それを「たくましい」というキーワードにまとめてお話することにしました。

きっと
これからの臨床に役立つはずです。
くわしい日程はここをご覧ください。

それでは
みんな
おめでとうー!
posted by mothersoffice at 16:36| Comment(0) | 「アロマテラピーの学校」の授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月18日

アロマセラピスト実技クラス 自宅練習方法

こんにちは。
アロマテラピーの学校の中安です。
アロマセラピスト実技クラスが進行中です。

先日のクラスで
「みなさん。ボディトリートメント実技は順調に進んでいますか?」
と声をかけたら。

「マッサージテーブルがないから、なかなか思ったように練習が…」
なるほど。
たしかにマッサージテーブルは必需品ですが、急に手に入れることはむずかしいです。

そこで
マッサージテーブルを使わなくても、効果がある練習方法を考えてみました。

その1 手で歩く
これはクラスの初日や、インストのタッチングでもご紹介した方法です。
もたれる圧をつかって、手で歩くことで、体の組織に圧が浸透していく感覚を養うことができます。
ポイントはソフトに、時間をかけること
急がずに、体重のバランスをとりながら、体を感じてください。

その2 ノートをまとめる
クラスでは、いろいろな視点からトリートメントのことを説明しています。
そこで気になったこと、なるほどと思ったことをノートにまとめてください。
同時に、順番も自分の言葉で整理すると、分かっていることと分かっていないことがはっきりしてきます。

その3 マクラで練習
イメージトレーニングをするときにマクラに手伝ってもらいましょう。
手の動かし方やストロークの方法をマクラをモデルに練習しましょう。
イメージだけよりも、実際に手を動かした方が意識に残ります。

いかがでしょうか。
すこしづつ確実に進んでいきましょう。
完璧はありません。
そして終わりもありません。

僕が昔、習っていた先生に
「どうしたらもっと上手になれますか?」と質問したら
「いつもそのことを思っていなさい」と言われました。

その通りだと思います。
日常のいろいろなことも、ボディトリートメントの学びになります。
すこしずつ、確実に上手になっていきましょう。

それでは

posted by mothersoffice at 15:20| Comment(0) | 「アロマテラピーの学校」の授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月11日

誰かにとってのベストが自分のベストとは限らない


こんにちは。三雲です。


「誰かにとってのベストが自分のベストとは限らない」


僕の好きな雑誌
BRUTUSの「居住空間学 特集」で取材された方のコメントです。


そうそうそうそう。

「アロマテラピーの学校」で伝えたいのはこれこれ!


つまりさ、眠れないときには、ラベンダー。

風邪の時にはユーカリ。

って、処方箋のように学んでも

アロマテラピーの本当のところは学べてないんですよ。

結構、海外系のアロマテラピーを学んだ方が

当校に来られると驚かれるのですが、

当校は体と感覚を大事にしています。



誰かにとってのベストが
自分にとってのベストじゃない

のと同様、

昨日のベストの香りが、
今のベストじゃない。

ここでのベストの香りは、
あちらのベストではない。

のんびり過ごした昨日のベストの香りが、
仕事でピリピリしている明日のベストではない。


今、どうなのか。

それを「からだ」に耳をすませて、感じる。


インストラクタークラスでは、

毎回「香りのアクティブイメージワーク」を行ないます。

隣の人が好きじゃないのに、自分は好き。

昨日は好きだったのに、今日はピンとこない。

それが、今の正解。

嗅覚は、知っています。

今、求めているものを。

それをリスペクトすると、

体は自然と良い状態に、グラウンディングしてくれます。


アロマテラピー1Dayセミナー
http://www.aroma.gr.jp/oneday/index.html#aroma

説明会
http://www.aroma.gr.jp/school/event/index.htm


こちらもお勧め

アロマテラピーと芸術療法(12月はキャンセル待ちです)
http://www.aroma.gr.jp/school/arttherapy.htm

http://www.aroma.gr.jp/school/class.htm#art



posted by mothersoffice at 13:10| Comment(0) | 「アロマテラピーの学校」の授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。