2010年09月07日

検定説明会開催中です!

おはようございます。マザーズオフィス荒川です。
まだまだ暑い日が続きますね。朝晩に涼しい風が吹くとほっとします。

私事ですが、最近はJRを使って通勤しています。
今まで私鉄一辺倒だったので、まだ慣れないJRはちょっと緊張します。
空気感というか、乗客層というか…なんとなく雰囲気が違うのです。
今朝もJRに乗っていたら、日本アロマ環境協会のアロマテラピー検定の車内広告が目に入りました。
あの、紫色の、あれです。
なれない場所で、ちょっと親しい人に出会ったような気分になりました!

さて、8月から行われている検定説明会も、いよいよ中盤となって来ました。
「アロマは初めて。アロマテラピー検定って、なに?」という方や
「勉強をはじめたけれど、範囲が広くて途方にくれています・・・」という方。
経験を問わず、アロマテラピー検定にご興味のある方、皆様にご好評いただいてます。

この説明会のいいところは、こんなところです。

1、無料!なのに内容充実!
 …合格にむけた学習のポイント等を、わかりやすく丁寧に説明します。
  いったいどうやって勉強したらいいの…と途方にくれている方、是非いらしてください!

2、アロマテラピー検定テキストと検定精油セットが割引価格で購入できる!
 …検定テキストは20%オフ、検定精油セットは10%オフになります。
  検定テキスト1&2級と、検定精油セット1&2級の計4点をあわせて購入いただくと、
  セットでさらにお得な9,000円になります。

3、アロマテラピー検定の説明だけでなく、アロマテラピーの楽しさまで体感できる!
 …せっかくアロマテラピーを学ぶなら、香りを感じ、楽しみながら学ばなきゃもったいない!
  説明会の中に、香りを体感して楽しむ時間もありますよ。

大人になってから、興味を持ったことを学ぶ時間はとても楽しいもの。
資格の取得は、勉強の目標にもなりますね。
今秋のアロマテラピー検定は、2010年11月7日(日)に行われます。
受験申し込みは9月24日(金)まで。直接日本アロマ環境協会へお申し込みください。

検定説明会 詳細&日程はこちら
http://www.aroma.gr.jp/aroma/kenteisetsumeikai.html

※ご注意ください!※
受験申し込み期間終了後も、検定説明会を開催しています。
9月27日(茗荷谷校)、9月30日(横浜校)、10月1日(中野校)にご来校予定の方で、
11月の検定を受験される方は、あらかじめ協会へ受験申し込みをした上でご参加くださいね。

posted by mothersoffice at 10:21| Comment(0) | 「アロマテラピーの学校」の授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月30日

フェイシャルスキンケアクラス

みなさんこんちには!マザーズオフィスの大山です。

昨日は日曜日、近所の児童館主催のどじょうつかみ取り大会に参加してきました!

息子だけでなく、もちろんわたしも参加してきましたよ!

新宿の料亭からきた、どじょう、うなぎ、つかみまくって来ました。

その後公園で、プールとセミ採り。親たちは酒盛り…。息子もずいぶん蝉を網でつかまえるのがうまくなってきました。

毎週そんな感じで、一日中外で過ごしているのでわたしとしては、近年まれにみる日焼け顔です。

帽子をかぶればいいのですが、邪魔だし暑いしで結局紫外線にがんがん当たっています。
あー、このあと、シミが出てきちゃうのかなー、でもこんな風に世の中のお母さんにはシミができていくんだなあ、と思ったりしています。
みなさんはいかがですか?わたしのように、公園焼けの方はいらっしゃいませんか?
スキンケアで、夏の疲れたお肌を癒さないといけませんですね!

さて9月は横浜校でフェイシャルスキンケアクラスがあります。

フェイシャルのトリートメントをするときには、お客様のお肌をよくみることが必要となりますが、まずは自分の肌をよくみてみましょう。
そして、自分の肌をより輝かせるにはどんなスキンケアをしたら良いかを考えてみましょう。

何にもしないことが一番!というナチュラル派の方も、最新の美容情報を試してみたい人も、身体や肌のしくみをしれば、スキンケアが変わってくると思います。
また、セラピストの方は色々なタイプのお客様にも、ブレないアドバイスができるのではないでしょうか?

自然のしくみを取り入れたスキンケアクラス、パックやセルフマッサージの実習、目からうろこのお話がたくさんです。

みなさまのご参加をお待ちしています。
http://www.aroma.gr.jp/school/facial.html
posted by mothersoffice at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 「アロマテラピーの学校」の授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月26日

ゆっくりじっくり派?短期集中派?

こんにちは。マザーズオフィス 荒川です。

みなさんは何かをするとき、例えば何かを学ぼう!と思ったとき、
マイペースでゆっくり、じっくりとすすめていくのが好きですか?
それとも短い期間に集中してすすめるのが好きですか?

私は短期集中派です。「知りたい!学びたい!」と思ったら、
もう早く、早く知りたくなってしまうのです。
動物占いはチーターでした。(動物占い、知ってますか?)
飽きっぽいところもあるので、気持ちが盛り上がっているうちに
一通り終えてしまいたい、という気持ちもあります。
欠点は、「あー、面白かった!!」と気が済むと、せっかく学んだことが
頭からぽろぽろとこぼれていってしまうことです。あーあー。

一緒に働いているYさんは、ゆっくりじっくり、マイペース派です。
週に1日とか、隔週で1日、すこしずつ新しいことを学んで、
家でノートをきちんと清書してまとめるのが大好きとのこと。
すてきです。憧れます。ノートの清書、私には多分できません・・・。

性格もスタイルも、生活の事情もみんなそれぞれ違いますから、
「こうでなければ」という学び方はありません。
自分にあった学び方がきっとあります。
集中して学ぶときにも、時間をかけて学ぶときにも、それぞれの良さがあります。

例えば、リズミカルボディセラピークラス(レベル1)には、
毎週1回、6日間通うクラスと、毎週または隔週で3日間通うクラス、
週末などを利用した3日間集中クラスがあります。

遠方からお越しになる方、平日はお仕事で通学が難しい方には
集中クラスが便利ですね。私のようなせっかちな人にも!!
集中クラスは連日、同じメンバーが集まって、午前〜午後と長い時間を
一緒に過ごしますので、とても一体感がある熱いクラスになることが多いです!
お仕事等の日常から少し離れて、集中して学ぶ環境に身を置ける、というのもいいですね。

また、3日間や6日間かけて通うクラスのいいところは、なんといっても
身体の変化を感じながら学べることです。
リズミカルボディセラピークラスは、月経リズムにあわせた生活をすることで
身体のリズムを整え、より弾力のある、より美しい、より元気な身体をつくるヒントが
沢山つまった講座です。
毎回の授業で教わったことを、家に帰って次の授業まで実践し、
身体の変化をクラスで発表しあったりします。
そして全6回のクラスだと、だいたいの方は一度は月経がありますので
その変化を講座中に実感することができます。
自分の変化だけでなく、クラスメイトの話を聞けることで
いろいろな方の身体のことを知ることができ、とても参考になります。

私は、というと、集中クラスで学び、そのあと、自分で復習&セルフケアを続けて
「おお!」という変化を感じたクチです。
私には集中クラスがあっていたと思いますが、
ゆっくりクラスもやっぱりいいな〜、と思ったりします。

みなさんはどちらのタイプですか?!

リズミカルボディセラピークラス(レベル1)、リズミカルボディトリートメントクラスの
年内の予定はすべて発表となりました。
この暑すぎる夏、体調を崩したり、もしくは夏太りしてしまった!という方。
ぜひ自分の中の自然なリズムを取り戻して、より元気に、美しく秋を迎えませんか。
自分の中の月の満ち欠けと、空の月の満ち欠けを感じながら過ごすだけで
身体が変わる面白さを、ぜひ味わってみてください。

リズミカルボディスクールのご案内
http://www.aroma.gr.jp/rhythmicalbody/index.html

日程はこちらです
http://www.aroma.gr.jp/school/class.htm#rbt
posted by mothersoffice at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 「アロマテラピーの学校」の授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月24日

東洋医学から考えるユーカリ

みなさま こんにちは!

マザーズオフィスの大山です。

まだまだ暑い日が続きますね。

さて先週の木曜日、アロマテラピーの精油塾「ローズマリー」が開催されました。

わたしも授業の最初だけお邪魔しましたが、森田先生のローズマリーの植物の特徴や成分のお話がとても面白かったです。
その後「ローズマリーはその昔」というテーマで歴史のお話やケモタイプの活用法などの講義があり、実習ではハンガリーウォーターを作りました。
最後には庭にあるローズマリーを採ってきて、リース作り。写真が撮れなくて残念でしたが、とってもかわいいリースをみなさん作成されたそうです。

講義だけでなく、実際に植物や精油に触れて、ローズマリーと仲良くなるクラスになったと思います。
お越しいただいたみなさま、ありがとうございました。

そして今度は来週金曜日、精油塾「ユーカリ」を予定しています。


マザーズオフィスの庭にも巨大なユーカリレモンの木がありますが、みなさんご存知ですか?

わたしが入社したときにはわずか1m足らずだった木が、今では学校の屋根を越えて、どんどん空に向かって伸びています。

今回の授業の担当は初雁聡子先生です。
ずいぶん前はマザーズオフィスで一緒にお仕事をさせていただいてました。
その頃から講師でいらっしゃるとともに、現在は鍼灸師の資格もお持ちです。
そんな初雁先生のユーカリの講義、ユーカリブロブルス、ユーカリラディアタ、ユーカリレモンの成分や薬理作用、臨床におけるレシピを紹介し、またユーカリを東洋医学の五行から考えていきます。

実際のユーカリを使ったワークや、精油を使ったものづくりも予定しています。

夏も終わり、空気が乾燥してくると、またやってくる感染症の季節…。

そんなときはユーカリの出番ですよ!


ユーカリをもっと知り、使っていくことで、
この秋、冬も、そんなに怖い季節にもならないのではないでしょうか?
みなさまのご参加をお待ちしております。
http://www.aroma.gr.jp/aroma/eoil.html
posted by mothersoffice at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 「アロマテラピーの学校」の授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月02日

アロマセラピスト カルテ審査

 アロマテラピーの学校の中安です。
蒸します。大粒の雨もパラパラおちてくるし、早くも秋が待ち遠しいです。

さてこの季節
アロマテラピーの学校の実技講師の先生たちは大忙しです。
僕も実技を担当しているのでたいへんです。

その理由は
アロマセラピスト認定のためのカルテ審査です。

社団法人日本アロマ環境協会(AEAJ)のアロマセラピストの認定には
3つの条件があって

1つは学科試験の合格
2つ目はボディトリートメント実技試験の合格
そして3つ目がカルテ審査です。

30回分のアロマテラピーセッションを記録してそれを提出するというものです。

年に何回か、AEAJに提出するタイミングがあって
今の時期は8月末に向けて、学内審査の真っ最中です。

このカルテ審査にはざっとみて2つのポイントがあります。

ひとつは
トリートメントを安全に行うための確認作業です。
心地よさの前に「安全」がくることは、これは当たり前だし、絶対に外すことができない条件だと思います。
安全でない心地よさには、危ないというか、ちょっと近づきたくないです。


2つ目のポイントは、心地よさです。
アロマテラピートリートメントの心地よさにはいろいろな可能性があります。

精油の香り
精油の特性
植物油
タッチの感触
ボディトリートメント効果
いろいろなアロマテラー利用法
おしゃべり
……

まだまだいろいろあります。


7月に入ってからずっとカルテをみているのですが
みなさん安全確認は、ずいぶんいい感じで、細かなところまで行き届いています。

2つ目の心地よさがもうひとつです。工夫がたりないです。
もちろん
みんなのセッションは、きっと心地よいものだったと思うのですが

それをもっと積極的に取り上げて、気づいてもらって、トリートメントを受ける人にも、する人にも価値のあるものにしていく工夫、それがほしい!

もともとアロマテラピーは幸せなセラピーだから、危なくないことさえすれば、すぐに幸せになってしまうのかもしれない。

でも、なんとなく幸せよりも、幸せなんだと実感する方が、幸せのありがたみが増すような気がします。

なので
これからカルテを作成するみなさん、そしてアロマセラピーのトリートメントをするみなさん、幸せを実感するような工夫をセッションのなかに入れてみてください。

それでは
中安
posted by mothersoffice at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 「アロマテラピーの学校」の授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月13日

メリッサの花

こんにちは、マザーズオフィスの大山です。

今日は雨が降っていますね。

日曜日に上野動物園にいってきました。

小学生の頃に行ったきりだと思うのですが、当時はパンダの見物客が多くてどこも人でいっぱいだったような記憶がありますが、意外と混んでもなく、ゆっくり回れました。

そんななか注目したのはこれ
2010071112580000.jpg
像の解剖図です。

背骨の数などがやはり、人間と違いますので、みなさんもよく見てみてください。

そして、昨年より十日以上遅れてメリッサの花が今月に入ってやっと咲きました!
2010070612400000.jpg
メリッサ=レモンバームです。

なんだか今年はどの花も咲くのが遅いですね。
小さい白い花のかたちはシソ科の花の特徴を現していますね。

春だというのに、寒かった日が続きましたからね。
気候によって植物の成長も大きく影響される…、わたしたちの身体にもきっと同じことがおきているのだと思います。

そして、今年もメリッサの蒸留をするために収穫をしました。
蒸留は精油塾で行います。また、他の精油とのブレンドを楽しみたいと思います。

http://www.aroma.gr.jp/aroma/eoil.html
posted by mothersoffice at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 「アロマテラピーの学校」の授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月21日

このボタンは、定期的にアルコール消毒しています

デパートの駐車場の発券ボタンに、

「このボタンは、定期的にアルコール消毒しています」

と張り紙があって、日本ってスゲーなーと思った三雲です。

こんにちは。

抗菌抗菌抗菌も大事ですが、菌に負けない「体づくり」も大事よね。

アロマテラピーって結構、

「お花の香りで癒される〜。うふーん。」

っていうイメージがあるけど、

意外と、もっと、たくましい。

そもそも植物ってたくましいし。

生き残るために、隣の奴より背を伸ばすぜ!とか、

おらーこの匂い嫌いだろ!とか、

子孫増やすために種、飛ばすぜ〜とか。

生存競争を繰り広げてるんですよね。


宮川先生曰く、ユーカリなんて世界征服を企んでるらしいです。


そういえば数年前にポルトガルに行ったときは、ユーカリに征服されつつありました。




「アロマテラピーの学校」で良く出るフレーズが、「体づくり」。


植物って、強くて、しなやかで、たくましく、美しい。


自分の体をリズムにあわせてチューニングしたり、精油や植物油を使ってメンテナンスしたり、何かに助けてもらうのではなく、自分の免疫力を強めたり。

それが当校の「体づくり」のためのアロマテラピーなのではないかと思うのです。


8月には夏期集中講座が始まります。
10日間、アロマテラピーに浸りっぱなし。


たくましく、しなやかな体。

体のこと、植物のこと。

人生のうちで、一度くらい、しっかり学ぶ時期があっても良いのでは?と思います。




●夏期集中講座
http://www.aroma.gr.jp/aroma/summer.html


7/4(日)はトリートメント付き説明会です。
http://www.aroma.gr.jp/school/event/treatment.htm
posted by mothersoffice at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 「アロマテラピーの学校」の授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月08日

途中入学

こんにちは。三雲です。

12月期の日曜インストラクタークラスがスタートしました。

学校としては久々の日曜です。

次回の日曜は未定なので、もし検定合格後、インストラクターなどの資格を目指したい!という方がいらっしゃったら、途中入学、ご相談ください。


振替制度があるので、土曜や平日クラスで振り替えることもできます。
(ただし、試験の免除認定の問題があるので、事務局にお問い合わせください)


ちなみに、当校では、

アロマセラピストクラスの実技クラスのみでも受講できますし、

インストラクタークラスとアロマセラピストクラスを同時受講もできます。


基本的には、インストラクタークラスを受講してからアロマセラピストクラスに進学していただくことを想定していますが、

絶対にそのとおりでないとダメ!という訳ではありません。


このあたり、キチンとお話あいしながら、納得していただいて、受講していただけるように、個人相談も随時受け付けています。


とにかく、ギモンに思ったら、ノックしてみてください。

当校としても、できること、できないこと、事前に納得していただくべきことなど、キチンとお話しながら、コミュニケーションをとっていきたいと思っています。


ゆっくり受講したい方も、順番どおり受講したい方も、急いで受講したい方も、とにかく受講したい方も、結局、学ぶ内容は同じです。

ただ、このあたりを心配しすぎて、学びへの第一歩が踏み出せずに、

ずるずると、体が変わる生活が先延ばしになってしまうとしたら、

もったいないなあと。  そう思っているのです。

個人相談
http://www.aroma.gr.jp/school/event/index.htm#kengaku

冬期集中
http://www.aroma.gr.jp/aroma/winter.htm
posted by mothersoffice at 16:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 「アロマテラピーの学校」の授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月02日

人間、好きなことしかしちゃいけない!

今日はすんばらしい満月ですね。

こんばんは。三雲です。

AEAJではアロマテラピー検定の合否通知の発送が始まったようですね。

合格おめでとうございます!


僕は第1回アロマテラピー検定を受験したのですが、当時、会場には男はポツポツ。

うわー。女の人が500人とか集まると、こえ〜な〜

とか思いながら、ぽつーんと歩いていたのを思い出しました。

トイレにでも行くもんなら、女性は超行列で、男はスイスイ。

向こうから男が来ると、無言で、

「お、お前も検定? が、がんばろうな。 いや、トイレじゃなくて、検定。」


とアイコンタクトで励まし合ったもんです。






さて、人間、好きなことしかしちゃいけない。


宮川の社訓ですが。



年齢を重ねるごとに、深みが増していく言葉ですね。

好きというのは、得意なこと、心地良いこと、興味のあることと言い換えても良いかもしれません。


僕たちのスクールは、大人の学校ですので、いろいろな立場の方が集まります。


でね、親の基準でもなく、世間体でもなく、組織の命令でもなく、

本当に、本当に、自分が、心地よいこと、自分が得意なことを追求していくと

たぶん、体も心地よくなっていくのではないかなと思うのです。


今の呼吸はどうですか?


呼吸が深ければ、だいじょうぶ。


浅かったり、つまっていたり、止めてしまっていることに気づいたら、

嗅覚に聞いてみましょう。

自分の心地よい方向は何なのか。

教えてくれますよ。





『学ぶ喜び、知る喜び、考える喜びは、全ての人に等しく与えられた権利です!』

これは、占星学のいけだ笑み先生のコトバです。


その権利を使って喜びを得るかどうかは、自分自身なんですなあ。


学んで、知って、考えて、喜びましょう。


検定がきかっけで、体が変わるきっかけになれば嬉しいです。


体、変わりますよ。

本当に。






AEAJ資格対応コースは12月期最終受付中です。

http://www.aroma.gr.jp/school/aeajschedule.html


まずは1Dayセミナーからでもどうぞ。

http://www.aroma.gr.jp/oneday/index.html
posted by mothersoffice at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 「アロマテラピーの学校」の授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月24日

嗅覚は知っている

こんにちは。三雲です。


『世に現われたものの中で、最悪と私が思っている』ことばが、『KYがそれです。』

『この国の歴史の中で、何を残し、何を捨てても良いから、これだけはあなたたちが引き継いで欲しくはないと私が思い続けて来たもの、それが「KY」』

筑紫哲也さんの本を読んでるんですが、亡くなって1年たつんですね〜。


乱暴を承知でいうと、思考を停止するな、ということだと思います。


「自分で考える=自分で感じることをやめて空気にあわせる」

これが本当に、あぶないと。



これね、サラリーマンにとってはとっても大事ね。

会社って、会社=自分、もしくは、会社>自分になってきがちです。
というかしないと組織で生き抜けない。


で、アロマテラピーって、その、自分で感じる力を取り戻すトレーニングになると思うのです。



どうも嘘くさい。

なんか鼻につくなあ。

うさん臭い。

鼻が利く奴だ。

こういった表現があるように、嗅覚は、ものごとの善悪や真偽、そして、今自分に何が必要かを受容する器官でもあります。


嗅覚は知っています。



昔、こういうコトバで表現した日本人は、きっと嗅覚の力に気づいていたのでしょうね。


問題は、鼻が利かないこと。

直感が働かないという意味ね。



自分にとってふさわしいものが何か、直感が働かないのが、一番あぶないね。

疲れてるのに休めないとか

本当は必要ないのに、つい食べちゃうとか

同じ香りを嗅いでいても、自分は共感を抱き、隣の人は反感を抱くということもあります。

だからこそ、嗅覚はとても個人的な体験なのです。


嗅覚は知っています。



今日好きな香りが、次の日はあまりピンと来ない、ということもあります。

それは、今のコンディションがその香りを望んでいるか、いないかを嗅覚は知っているから。


今、ユーカリが好き。もしかしたら風邪の兆候?
今、ゼラニウムが好き。もしかしたらバランスが崩れてる?
今、ベルガモットが好き。もしかしたらウツっぽい?

そんな香り占いのようなことでも、今の体調を嗅覚が教えてくれたりします。



当校の実践!アロマテラピークラスや、インストラクタークラスでは、毎回必ず香りのアクティブイマジネーションというワークを行ないます。

これは、自分の感覚を取り戻す、トレーニングだと思っているのです。

他の誰でもない、自分のね。



http://www.aroma.gr.jp/aroma/aromatherapy.html


嗅覚は知っています。
posted by mothersoffice at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 「アロマテラピーの学校」の授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月23日

フェイシャルブラッシュアップ

みなさんこんにちは、マザーズオフィスの大山です。

最近、とても空気が乾燥してきましたね。
のどの渇きと、肌がピキピキ突っ張る感じがしてきました。

そこでわたしは水をよく飲むようにしています。
ガブガブと一日2リットル…
というものではありません。ただ、常にのどが乾いていない状態を保つ程度です。
お茶ではなく、「水」というのがポイントです。お茶は薬のような飲み方をしています。

するとどうでしょう。

最初トイレが異様に近くなります。特に乾燥している時期です。
トイレもこまめに行くようにします。
するとそのうちにそんなに近くなくなりますが、ちょうどその頃体中に水分が行きわたってきます。

これでお肌も潤うはずです。

一年くらいそんな生活をしていますが、体がすっかり変わりました。
その話はとても長くなるのでやめておきます。

そして今日はフェイシャルブラッシュアップクラスのご案内です。
フェイシャルトリートメントクラスの担当をしてしばらく立ちますが、このクラスは3日間と、とても短いクラスです。
それでも、クレンジング、トリートメント、化粧水、美容液、乳液と、ひと通りの行程を学びますので、忙しい!

ボディトリートメントのクラスだと、3か月や半年かけて実技試験が受けられるまでになるのですが、3日間だとそうはいきません。

授業が終わってからの復習や練習がとても必要になります。
技術を習得するときは、まず休まずに手をならしていくことが重要になるのですが、間があいてしまうと、忘れてしまいますよね。

特に短期で覚えたものは、すぐに忘れます!

せっかくお金をかけたのに、まったく実践いないのではもったいない!!

ということで、フェイシャルブラッシュアップクラスを11月に開催します。
http://www.aroma.gr.jp/school/facial.html

行程や一つ一つの手技を、思い出したい!という方は(再受講もおすすめしますが)、
是非ご参加ください。
また実践していて、「ここがわからなくなってしまった。」「もっとよいやりかたがあるのでは」という疑問をおもちの方も、色々質問してください。
復習して、完成させることは、「次へのステップ」にもつながります。

この機会に是非ご利用ください!!
posted by mothersoffice at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 「アロマテラピーの学校」の授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月16日

日曜日クラス

みなさま おはようございます。
マザーズオフィスの大山です。

さて、アロマテラピーの学校で、久しぶりに日曜日クラスが復活します!
7、8年ぶりでしょうか?

なにを隠そうこのわたしも、「1998年4月期インストラクタークラス日曜日」卒業です。

平日、そして土曜日も仕事をしていましたので、日曜日クラスがあってとてもありがたかったです。

そして当時は長野に住んでいましたので、毎週新幹線の旅でした。
東京駅や高田の馬場は人が多くてごみごみしているのですが、日曜日の新井薬師前は、とてものんびりしています。
しかもアロマテラピーの学校がある場所が、住宅地の中なので、最初は迷いました。
(普通は迷いません)

今はなくなってしまいましたが、近くで、黄色いインコを飼っているうなぎやさんでは、いつもNHKのどじまんを見ていました。
近くの神社や公園にもよく行きました。
新井薬師商店街にもいろいろお世話になりました。今も、大変お世話になっています。(息子がトイレをお借りしたり…)

そんなほのぼのとした環境のなかでの授業…。
毎週末、仕事の疲れを、学校の教室でアロマテラピーの勉強をすることで癒していたような気がしています。

わずか2時間半ですが、これからまた1週間乗り切れるエネルギーをもらえたと思っています。

わたしがスタッフとして入ったときには、いつも日曜日の教室は朝から夜まで、生徒さんでいっぱいでした。

講師の先生も廊下を走っていました!

そんなころが懐かしいなーと今では思ってしまいます。

復活版は2週間に一度というすこしのんびりしたコースですが、自分のライフスタイルを変えることなく、でも着実に来年のインストラクター試験に向かって勉強できるクラスです。資格はとらなくても、アロマテラピーを知ることで、自分の生活、体がかわります。

日曜日のアロマテラピーの学校、おすすめなのですが、実際に来てみたい、という方は、
説明会を開催しています。

今週の日曜日、10/18(日)も予定しています。ぜひ、日曜日の新井薬師も含めて、アロマテラピーの学校を体感しにいらっしゃいませんか?

http://www.aroma.gr.jp/school/aeajschedule.html#sunday
http://www.aroma.gr.jp/school/event/index.htm
posted by mothersoffice at 06:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 「アロマテラピーの学校」の授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月25日

リズミカルボディフェイシャルクラス

みなさまこんにちは、大山です。

今日は日差しが痛いくらい、そして暑いですね!

今朝は5時半から、部屋の中に陽がささないのでは…という量の洗濯物をベランダに干してまいりました。
物干竿が折れないといいけれど…。

昨日は、待望の「リズミカルボディフェイシャルクラス」がスタートしました。
わたしもこのクラスの担当をとても楽しみにしていました。
今回は少人数で、非常に濃密なクラスになりそうです。
体のリズムに合わせたスキンケアや、フェイシャルトリートメントを学んでいきます。

女性の場合、特に月経リズムや体、お肌に合わせたトリートメントやスキンケアをしていくことが大切ですが、じゃあ、具体的にはどうする、ということがあまり知られていないところです。
昨日から数回にわたり、月経期のフェイシャルトリートメントをテーマに授業は進んでいく予定です。
生理中というと、女性の場合は憂鬱…。お腹も痛いし…。と思われる方も多いと思いますが(わたしも以前はそうでしたが)、それは、骨盤と頭蓋骨の開閉がうまくいっていないから…。
このからだのリズムがスムースになると、
「生理ってなんて気持ちよいんだろう」と、毎月楽しみになります。

そのためには、リラックスすること、月経直前のフェイシャルトリートメントはとってもおすすめです。

頭をゆるめて、体をゆるめて、お肌のお掃除をしますよ。

昨日の授業では学科も交えてパックを2種類、温湿布をしただけだったのですが、受講生の方々、ゆるゆるになってお帰りになりました。

次回から、本格的なリズミカルセラピーのテクニックに入っていきます。
大変だと思いますが、みなさん頑張りましょう!
posted by mothersoffice at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 「アロマテラピーの学校」の授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月24日

妊婦さんのお腹の中の赤ちゃんのお腹の中には....

皆さんこんばんは。

先日、「おっっとっと.......水道水じゃなくて浄水器を使わないと体に悪いな..」

と、ペヤ○グソースヤキソバを作っている自分に気づいた三雲です。


僕はいったい、どうしたいんでしょうか?




さて、「子は孫のもと」

という名言をつぶやいたのは、宮川先生のお姉様でしたでしょうか。

さすがです。




話は変わって、我らが「アロマテラピーの学校」は

「からだの学校」

だと僕は説明することがあります。


単なる試験合格のためだけのお勉強ではなく、

自分の体のための学びの場だという意味です。




宮川先生の授業を受けていた時のこと。


「胎児の卵巣には、既に原始卵胞がある。」

ふんふん


「だから、妊婦さんの体づくりは、三世代にわたり影響しているんです」


ふんふん..........ん?



と、と、ということは、そ、それって、


妊婦さんは、妊婦さんのお腹の中の赤ちゃんのお腹の中の赤ちゃんの素を育ててるという意味!?


すごいっすね!


妊婦さんが食べているものは、


妊婦さん自身の体を作り、
同時に、お腹の赤ちゃんの体を作り、
それだけでなく、孫の体の素をつくっているということ!?



衝撃!


だから、妊婦さんの体は大事にしなきゃいけないんだ!と心から思いますな。


単に「原始卵胞は胎児から存在する」というセンテンスを暗記してもこの感動は得られない。


これが「学び」ですな。


「子は孫のもと」


解剖生理学的にも、ある意味、正しいのです。



夏期集中講座。いよいよ8月に開催です。

解剖生理学は、本当に楽しいですよ


http://www.aroma.gr.jp/aroma/summer.html
posted by mothersoffice at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 「アロマテラピーの学校」の授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月25日

来週の精油塾

みなさま、、、、今日は暑いですね。 マザーズオフィスの大山です。

今週の精油塾、無事ラベンダーとローズが終了しました。

1つの精油について、授業時間ぎりぎり…(というか、過ぎてましたけど、)盛りだくさんの授業、そして、クレイパックやジェルなどに受講生のみなさんも、とても喜んでくださいました。ありがとうございました。

来週は、メリッサ、そしてジャスミンです。

それぞれ宮川先生の旅のお土産つきです飛行機

まずはインド産ジャスミンの香油 6/30(火)
jasmin.jpg

メリッサはキューバ産の精油 6/29(月)

楽しみにしていてください。

ところで、メリッサ(レモンバーム)は夏至の日に花が咲くといいますが、

本当に夏至の日に咲きました!!

自宅にて「カルムのメリッサ水」を作成中です。

そして今日は蒸留をしました。
P1020633蒸溜1.jpg 

教室には、蒸留装置もあるんですよ。

P1020639蒸溜2.jpg

芳香蒸留水もとれました。
レモンのような香りが、さわやかです。

少し暑さが軽減されたような気がします。

2クラスともまだお席が空いていますので、ご都合よろしい方は是非、

一つの精油にどっぷりと使ってみてはいかがでしょうか?
http://www.aroma.gr.jp/aroma/eoil.html
posted by mothersoffice at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 「アロマテラピーの学校」の授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。