2012年04月02日

アロマセラピスト実技デモセッション

こんにちは。
アロマテラピーの学校の中安です。

4月に入ってから学校説明会とボディトリートメント実技デモセッションが続いています。
昨日(4/1)もアロマテラピーの学校中野校で行ないました。
実技デモに参加いただいた方から素敵なコメントをいただきました。

「参加前は、相手の体をトリートメントすることって
難しいのではないかと思っていました。

そして、施術するアロマセラピストも
幸せの輪のなかにいるべきだというお話から始まった実技デモ。

相手の体に触れるとき、自分の体をもたれるようにすることなど、
かまえずに相手と向き合うことで
トリートメントがより自然な流れになるように思えました。
参加する前の固定概念がなくなりました。」

ありがとうございます!

アロマテラピートリートメントの実技デモセッションは
体に触れること、関わることに興味がある方、アロマセラピストになろうかと考え中の方
自分に向いているのかな?と思っている方、トリートメントってむずかしそうと思っている方
みなさんに参加いただきたいと思っています。

実際にみるとなるほど!と分かることもたくさんあります。
次回の実技デモは
茗荷谷校 4月3日(火) 説明会10時から 実技デモ12時から
中野校 4月5日(木) 説明会10時から 実技デモ13時30 分から

4月、5月、6月と開催予定です。
くわしくはアロマテラピーの学校HPをご覧ください。


posted by mothersoffice at 12:48| Comment(0) | タッチング&トリートメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月29日

ぐぅううううーーーーーーーーっと

『手』について

今日は松本英理子先生からメッセージをいただきました。

=====================================

ハンドトリートメントクラスには、

 人にトリートメントするのは初めて。
 人と触れあいたい。
 人に喜んでもらいたい。

と思う方が多いように感じます。
でもクラス終了後は、

 トリートメントをする側も、心地よくて、楽しい!
 受ける人を癒すもの、
 受ける人「が」心地よいものだと思っていたけど、
 自分も癒される。自分が癒される。

と、お話をしてくださる方が多いです。

手と手が触れ合う「ハンドトリートメント」は、
まさに、手を通じた「コミュニケーション」なんです。

初めてあった人同士でも、触れているうちに、
相手との距離がぐぅうううーーーーーっと近づいていくような感じ。
お互いの「心」にも触れあうような感じがするのです。


フェイシャルトリートメントのクラスでは、

「自分のお顔のケアは、毎日、手をかけているつもりでした。
 でも いつも使っているのと全く同じ化粧品や精油、基材なのに、
 『人の手』で『やってもらう』のは、こんなにも違うのか!と
 『人の手』の不思議にびっくりした。」

と感想をいただいたことがあります。

やっぱり人の手に触れてもらうことは、
心も体も潤い、にっこりやさしい笑顔になるような感じがします。

特にオールハンドのお顔のトリートメントは、
女性が女性らしさを取り戻すツールのひとつなんだなぁと、いつも感じています。

授業が終わった後の、そんなみなさんの輝いているお顔を見るのが大好きな私です。

今日もこれからフェイシャルクラスです♪

みんながフェイシャルって楽しいな!と思ってもらえるようにつとめます♪

=====================================


受講生の皆様は、この感じ、わかっていただけますよね!?

ぐーーーーっと近づく。

会話がなくても、ぐーーーーーっと近づく。

会話が苦手でも、ぐーーーーーっと近づく。

はじめてなのに、ぐーーーーーっと近づく。

昔からの友人のように、ぐーーーーーっと近づく。


昨年来、「自分が何か役に立ちたいけど、何もできない」
というもどかしさに、さいなまれている方も増えています。

そんな方は、触れること。身につけてくださいね。

松本先生はご自身のサロンは現在、移転リニューアル準備中ですが、

李先生のサロン「hana」でもトリートメントを始められたそうです。

facebookはこちら。

http://www.facebook.com/salon.hana

フェイスブックのように、「ゆるく、しなやかな、つながり」は、

サロン運営のヒントにもなりそうですね。






posted by mothersoffice at 11:49| Comment(0) | タッチング&トリートメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月25日

手について

こんにちは。アロマテラピーの学校の中安です。

先日、何もしない手(手に仕事をさせない)について取り上げたのですが
今日は、何かをする積極的な手です。

感覚には受容的な感覚と能動的な感覚があります。
ぼんやり何かを聴いているときや
感覚が訪れるのを、そのまま受け入れるときは受容的です。

反対に、これは何だろう!と思ったり
もっとよく聞こえるように耳を傾けたり
もっと感じようと一歩踏み込んでみたり。

何かを積極的に感じようとする時は
単純に感覚器だけが、働くのではなく
全身がひとつになって働きます。

たとえば
耳を澄ます。
目をこらしてよく見る。
舌鼓もある意味で、積極的感覚の仕草でしょうか。
そのとき感覚と運動がひとつになって働きます。

手で感じるときも同じです。
ただ手を置くのではなく
もっと積極的に、ここに何があるんだろう!
これって何?と思って、触れる時は、全身が動きます。

そのとき体も動くし、手も動く
手は体の形や組織の質感をもっと感じようと
体を使って大きさや形、柔らかさを変えます。

というわけで
何もしない手は、実はすごくしています。
何もしないことをしつつ、何かをする感じです。

それではまた
posted by mothersoffice at 21:49| Comment(0) | タッチング&トリートメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月11日

手には仕事をさせない

こんにちは。
アロマテラピーの学校の中安です。

今日は手のことを取りあげます。

僕は授業中、手の使い方についてこんなことを言っています。

「手にはなるべく仕事をさせないようにしよう」

これは
手が体から離れて、勝手に仕事を始めたり
手がトリートメントのイメージから離れて、勝手に動き出すと
あまり良いタッチにならないことが多いからです。

では、どうすれば良いのかというと
まずは、リラックスです。
手、指、手首をリラックス、そして肘から、肩。
全身がリラックスします。

楽しいことをイメージしてもいいし、
両手を温かいお湯のなかに浸してもいいです。

手はイメージや意図、動きの表現者、伝達者です。
だから、手そのものは何もしない、空っぽでいいと思います。

中身は空っぽでも、手は素晴らしい表現者、伝達者ですから
心のなかで、何かイメージを持つとそのように動きます。
たとえば「もっと柔らかく」と思えば
手は柔らかくなるし
「風のように触れたい」と思えば
風のようなタッチになります。

あとは
手を信頼するだけです
そして、もし何かがちがうと思ったら
そっと手を離し、リラックスして
もう一度同じことをします。
そうするとたいがい上手くいきます。

やってみましょう!

これはとても現実的な技術です。
そっくりそのまま使ってみてください。

posted by mothersoffice at 13:19| Comment(0) | タッチング&トリートメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月13日

タッチ&トリートクラスで学んだこと

こんにちは。
アロマテラピーの学校の中安です。

昨日は茗荷谷校で「タッチ&トリート」のクラスでした。
ぼくが今回のクラスで学んだことは(講師も毎回学びます!)
「体に触れることは一瞬、一瞬新鮮な出会いである」ということです。

これまでもいろいろな授業で「今、ここにあること」が大切と言っていたのですが
今回、なぜ再び「学んだ」と実感したのかというと

以前から、ぼくたちが人と出会うコミュニケーションと
体に触れるコミュニケーションとでは
どこがちがうのかなと思っていました。

先日のタッチ&トリートでは参加された方が
「タッチするとすべてがオープンになってしまう」と言っていました。
たしかにタッチすると、今の状態がそのまま伝わります。

触れる側も触れられる側も簡単にオープンになってしまいます。
なぜでしょうか。

クラスのなかでみんなの体験をシェアしているときに
それがなぜなのか気づきました。

それは触れること(触覚)には過去も未来もなくて
今だけだから、何もかくすものはない(オープン)なんだと思いました。

だから触れると、親しくなれる、理解し合えるのでしょう。
過去も未来もないから、比較するものがないから、相手をそのまま受け入れることができるのでしょう。

この触れるというコミュニケーションの新鮮さを保つには
ここに過去の体験を重ねないことです。
そこに判断を加えないことです。
考え始めるとせっかくの新鮮な体験が別なものになってしまいます。

もちろんトリートメントを行うときには
いろいろなことを思いだす必要があります。
ただし、それは新鮮なコミュニケーションとは別の場所に置くと良いでしょう。

こんなことを学びました。
それでは また
posted by mothersoffice at 13:21| Comment(3) | タッチング&トリートメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月25日

探索する タッチ&トリートメント

こんにちは。
アロマテラピーの学校の中安です。

中野校で8月29日(月)に「初めての方のためのタッチ&トリートメントクラス」が開催されます。

あと何名かの方が参加できるので、宣伝と言えば宣伝なのですが、おもしろいクラスなので何かヒントになるようなことを紹介します。

タッチのときに「感じながら触れる」ということがよく言われます。そのことを別の言葉で表現すると「好奇心を持ってふれる、探索する」ということです。

好奇心も探索にも、そこには「これっていったい何だろう!」「なかはいったいどうなっているんだ!」というワクワクした気持ちがあります。

タッチのときにはあえて、予備知識なし、予測や期待なしで触れていきます。
まるで初めて人間の体に触れるようなフレッシュな感じです。
こんな感じで触れてみると、タッチが感じがガラリと変わります。

好奇心や探索する感覚は、エフルラージュやペトリサージュ、フリクションそして強い圧をかける圧迫法の時も同じです。
一方的に圧を加えるのではなく、そこに何があるのだろうと好奇心をもって探索してながら圧を加えます。

こんなことを「初めての方のためのタッチ&トリートメントクラス」では行います。内容はアロマセラピスト実技クラスのものとすこしかぶります。

タッチやボディトリートメントに関心のある方はどうぞご参加ください。
それでは また
中安
posted by mothersoffice at 11:19| Comment(0) | タッチング&トリートメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月08日

タッチ&トリートメント しないことを学ぶ

こんにちは。
アロマテラピーの学校の中安です。

先日、“初めての方のためのタッチ&トリートメント” を担当しました。そのときに出てきたテーマが “しないことを学ぶ” でした。

実習のときにペアになったパートナーの手が妙に固く感じる、心地よくない、本人も何か上手くいっていないように思える...。そのときどんな提案をすれば良いのでしょうか。

そんなときには最初に受け手の体からそっと離れ、さらに一歩退いてリラックスします。手 足を軽く振ったりして体をリセットします。

タッチで何かが上手くいっていないとき、そのとき体の中で何か余分なこと起きている可能性があります。たとえば肩に力が入っていたり、前かがみになっていたりです。そこで 体をリセットします。それが一歩退くことです。

心も余分なことをしていることがあります。たとえば上手にやろうと思っていたり、絶対にリラックスさせようと頑張っていたりです。

しないことを学ぶとは、体にタッチするときに起こる体と心の余分な動きをしないこと、起きたときにはそこから一歩退くことです。

そうすると手は柔らかなままで、体の動きをそのまま伝え、体の浅いところでも深いところでも心地よくタッチすることができます。
posted by mothersoffice at 09:37| Comment(0) | タッチング&トリートメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月01日

初めての方のためのタッチ&トリートメントクラス

こんにちは。アロマテラピーの学校の中安です。

8月になりましたね。
今朝、今年もあと5ヶ月か…と思いました。

さて、先日、体に触れること、ボディワークの魅力は何ですか?
と質問をいただきました。

それ以来、その問いかけが、僕のなかで何度もひびいています。

体に触れることの面白さは
例えば
体の不思議に出会うことです。
その不思議って一体なにかというと
その人の意志とは、関係のない生きる力です。
それは体が体をひとつにまとめようとしたり、
何かに反応したり、バランスを取ろうとする動きです。

その動きを手を通して感じると
まさに生きる力そのものに出会えます。

一番、分かりやすい例が
赤ちゃんを抱っこしているときの感じです。
腕のなかでモゴモゴと動いていて
小さいけれど、生きる力をとても強く感じる。

大人だって同じです。
触れてみると同じ力を感じます。

そんな出会いの繰り返しが
体に触れること、トリートメント、ボディワークの
面白さを教えてくれました。

僕が担当している「初めての方のためのタッチ&トリートメントクラス」には
そんなエッセンスをたくさんつめ込んであります。

ポカンとなって触れてみると
触れることには、与えることと受けとることの両方があることに気づきます。
与えることだけだと、片方だけです。
受けとることに気づくと、触れることの質が変わってきます。

すごく面白いです。
試してみてください。

それでは
中安

思わず自分の腕に触れてみ
posted by mothersoffice at 11:33| Comment(0) | タッチング&トリートメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月23日

「眠った方が良いよ」と説得する代わりに、身体を眠らせる。

初めてタッチを学ぶ方が増えています。


「眠った方が良いよ」と説得する代わりに、身体を眠らせる。

「考えすぎないで」と慰める代わりに、頭をゆるめる。

「だいじょうぶ?」と励ます代わりに、全身の輪郭に触れて、
 あなたは確かにここに存在してますよ、とメッセージを伝える。

言葉、情報、数値、
そして批判や強い語調にあふれている今、
私たちだからできることは

静かに丁寧に「触れる」こと。

手の平は、柔らかさ、温かさ、重さ、丁寧さといった感覚を
身体に伝えることができます。

でも、相手のために、という気持ちが働きすぎると、
手が固くなり自分の気持ちも疲弊します。
大切なのは、触れる側がリラックスしたまま触れることです。


触れる側も、触れられる側も同時に感覚を体験できるようなタッチ。

それを、「相互に果てしなく希望や喜びが広がっていくような、嬉しい気持ち」
と表現された生徒さんもいらっしゃいます。

触れる側の身体を痛めないタッチは、
柔らかな手をつくる、もたれる圧、自由な腕、手で歩く、中心軸と円、
緊張と戦わない、圧で圧倒しない、名残惜しさ
そんな表現で学ぶことができます。

練習で身体に練り込み、自分のものにしましょう。

学びのスイッチをオンに。
家族に、身近な人に、そして初めて出会う見知らぬ方に。

触れあいましょう。


●ハンド、ヘッド&ショルダークラス(各1回)
http://www.aroma.gr.jp/hand/index.html

●アストラルスリーピングクラス(全2回)
http://www.aroma.gr.jp/astralsleeping/index.html

●トレガーアプローチ入門クラス(全1回)
http://www.aroma.gr.jp/trager/index.html

●初めての方のためのタッチ&トリートメントクラス(全1回)
http://www.aroma.gr.jp/touchandtreatment/hajimete/index.html

●リフレクソロジーコース(ハンド、フット)
http://www.aroma.gr.jp/reflexology/index.html
posted by mothersoffice at 11:34| Comment(0) | タッチング&トリートメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月11日

背中がおまんじゅうのよう

初めての方のためのタッチ&トリートメントクラス。

またまた素晴らしいアンケートをいただきました。
ここにいただいたメッセージは、
全てのアロマセラピストの方の備忘録となると思います。

**************************************************

一日の講座でしたが、
沢山の大切なことを教えていただきました。



●気をつけること

トリートメントする際に気をつけなければと
漠然と思っていたことが、

「相手の身体を尊重する」
「緊張と戦わない」など、

正しい言葉で示していただいたことで、
しっかり意識に刻みこめた気がします。



●柔らかな手

柔らかな手、ということでしたが、
先生に"もたれる圧"をかけてもらったときに、
固いはずの自分の背中が
おまんじゅうのよう(!)に
柔らかいものに感じました。
触れ方で、こんなにも感じが変わるのかと大変驚きました。




●手を離したあとの感覚

手を離したあとに揺れが広がっていく感覚も
今回初めて体験しましたが、
非常に心地よくて、
トリートメントの新しい楽しみ方を発見した気分です。



●正しい姿勢

施術で「頭が下がっているので上に上げて」と言われ、
そのとおりにした時、
力みが消えて身体が動きやすくなるのを感じました。
正しい姿勢をとることで
これほど自分への負担が変わるのだなと実感しました。



●これから触れることをタッチで知らせる

これから触れることを
軽いタッチで知らせ、
部位が移るときも間をつなぎ、
流れを作っていくなど、
触れる場所に対しての気遣いを随所に感じました。

「相手の身体を尊重する」とは、
そういう気遣いや行為につながる
ことがよくわかりました。



●もっとうまくやれる方法がある

「やりにくさがあったときには、何かもっとうまくやれる方法がある」

というのは、トリートメントにおいてだけではなく、
生活全般に当てはまることだなと思いました。
この意識をいつも忘れないようにしたいです。



●身体の声に耳を傾ける

もともと距離感を取るのが苦手で
タッチングも大丈夫かなと心配だったのですが、
相手の身体の声に耳を傾けることを意識したら、
あまり構えずにできました。



●相手を変えようとするのではなく

触れ合いを通して、相手を変えようとするのではなく
相手の状態に合わせることの大切さも学んだ気がします。


**************************************************

アンケート。ありがとうございます!

文字に記して、記録に残すことは、
考えを整理し、自分に定着させるために役立ちます。
ここまで素晴らしく簡潔に記載していただき、ありがとうございます。
素晴らしいです。


http://www.aroma.gr.jp/school/touchandtreatment.html

posted by mothersoffice at 21:37| Comment(0) | タッチング&トリートメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月03日

人と関わることが怖かったのかなあ、

こんにちは。三雲です。

とっっっても素敵なアンケートをいただきましたのでご紹介します。

触れること、学ぶこと、人との関係など、

とても多くの示唆にあふれています。

アンケート。本当に、本当に、ありがとうございます。


*********************************************
初めての方のためのタッチ&トリートメントクラス 受講アンケート

現在インストラクタークラスを受講しています。
9年前、他校でインストラクター対応クラスを受講したのですが、
そのトリートメントクラスで、人の体に触ることが怖い、と感じてしまい、
試験も受けず、アロマテラピーから遠ざかってしまった経験があります。

今、改めてこちらの学校でアロマテラピーを学びなおしていますが、
その経験がどうしてもひっかかっていいました。

「初めての方の」というタイトルに惹かれて、
まずはこのクラスでトリートメントを体験し直したい、と思いました。



身体に触れる前に中安先生から
触れる人と、触れられる人の感じ方についての話を聞いて、
着衣のまま、触れることから始まりました。

緊張はあったものの、怖いという感じ方がなかったのが
終わった後あらためて驚きました。

どう感じるのか、どう触れて欲しいのか、
相手に聞きながら、それを意識しながら触れていくこと、

語ること、聞くこと、感じること、
触れる人と、触れられる人の関わりが、
よいトリートメントの時間を生んでいくということが、
普段の人間関係と同じだなあと思ったり、
より濃厚に存在するのがタッチ、トリートメントなのかなあと思いました。

人の身体に触れて怖いと感じた時の私は、
人間が、人と関わることが怖かったのかなあ、と思いました。



疲れて誰とも関わりたくない、関わる気が持てない、と感じている人が、
トリートメントを受けたいと思い立った時に、
人の手ってあったかいな、とかあたたかいと感じる自分を嬉しく思えるようなボディワーク、
関わりを持てるようになれれば、と思いました。


学びたいと思っている人と一緒に学ぶということのは、
なんて楽しいのだろうかと、今日も思いました。


中安先生の熱い!という感じでもなく、
淡々というわけでもないような
不思議な感じがとても心地よかったです。

インストラクタークラスで
色んな講師の方の授業を受ける時にも同じような感覚を持つのですが、
うまいとかへたとか、いいとか悪いとかを判断されていないというか、
とてものびのびと、いられます。

質問にも真摯に応えてもらい、
もっと知りたい、学びたいという気持ちがわいてきます。

もたれる圧、中心軸と円、柔らかな手をつくる、
自由な腕、手で歩く、など、言葉がとても新鮮で面白く感じました。

レジュメをさっとみてなんだろう?
とわくわくして実習で実際の‘もたれる圧‘を経験してほーっと思いました。

それについてまた言葉にしてどう感じたかを伝えることで、
身体と頭がつながっていくような気がします。

状況や起こっていること、感じたことを言葉で表現すること、
言葉で聞いたことを経験すること、という繰り返しが面白かったです。
どちらの過程も、どんどん経験することで、洗練されたり磨きがかかっていくのかと思うと、
果てしなく希望や喜びが広がっていくような、嬉しい気持ちになりました。

今日学んだことも、誰かにしてみたい、と思います。

着衣のままやホホバオイルでこんなに気持ち良いのに、
香りまであるトリートメントって、なんて贅沢なんだろうと思いました。

*********************************************

いかがでしたか?
とても多くの宝物のようなメッセージにあふれています。

学校のことを皆さんに知ってもらいたい!
と思って仕事をしています。
それはとても幸せなことです。


でも、皆様からのアンケートの方が、
キチンとそれを伝えていただけています。

いつも、たくさん記載していただいて本当にありがとうございます。

僕たちの励みです。

●タッチ&トリートメントクラス
http://www.aroma.gr.jp/school/touchandtreatment.html

●ボディトリートメントポリシー
http://www.aroma.gr.jp/school/treatmentpolicy.html


posted by mothersoffice at 20:13| Comment(0) | タッチング&トリートメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月15日

アロマセラピスト実技クラスが始まりました

こんにちは。
アロマテラピーの学校の中安です。

10月に入ってから
いくつかのアロマセラピストクラスが始まりました。
新しいクラスの始まりは、いつもワクワクします。
クラスには、インストラクタークラスからの方がいらっしゃれば
初めて出会う方もいらっしゃいます。

僕はボディトリートメント理論やコンサルテーション
そしてボディトリートメント実技クラスを担当しています。

実技クラスではいろいろなことを取りあげています。
そのなかには具体的なやり方もあれば、
目に見えない感覚的なコツもあります。

この目に見えない感覚的なコツを
実技クラスでは
「内側の技術」と呼んでいます。

そのなかの1つを紹介します。
それは「面で触れる」です。

人間の体にはたくさんのデコボコがあります。
その体にそっとフィットするように
サポートするように触れるためには
面で触れることが必要です。

面で触れるとは、そのまま
柔らかな手で触れることにもなります。

固い手では細かなデコボコにフィットすることはできません。
固い手のタッチは点の感覚です。

だから
面で触れることに意識を向けます。
そしてソフトに

例えば
指先で触れるときも面です。
面の感覚で触れます。

試してください。
点のイメージで、親指で押したときと
面のイメージで、親指で押したときのちがいです。

クラスで習った具体的な技術に
「面で触れる」イメージを重ねていくと
タッチのクオリティが変化します。

こんなことを
アロマセラピスト実技クラスで取りあげています。

それでは また
posted by mothersoffice at 05:30| Comment(0) | タッチング&トリートメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月05日

男性アロマセラピストクラス開講です。

こんばんは。三雲です。

8歳と4歳の仁義なき兄弟ゲンカ。

原因の原因の原因は、

「僕の方を見て」

の争いなんですよね。


だから、ケンカにつきあうのではなく、向き合ってあげると良い。


.....んで、


向き合うって、具体的に何?


この具体的にって、重要です。


アロマテラピーは具体的でないものを、具現化してくれます。

例えば、リラックスする。ということをとっても、

どうリラックスするの?という問いに香りが答えてくれます。



で、「向き合う」って?

話しを聞いたり、

親子二人だけで遊ぶ時間をつくったり、

絵本を読んだり、

まあいろいろありますが、

マッサージに勝るものはない。


1対1で向き合って

手を温かくして、

全身に触ってあげます。


手で「ちゃんと君を見てるよー」というメッセージを送ってあげます。

安心して、すっと眠ります。

素晴らしい!


これでやっと「聖☆おにいさん」の5巻が読めるってもんです。





そんなこんなで、男性アロマセラピストクラス開講です。

AEAJのアロマセラピスト資格をとるチャンス!


http://www.aroma.gr.jp/aroma/men.html


posted by mothersoffice at 20:55| Comment(0) | タッチング&トリートメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月04日

初めての方のためのタッチ&トリートメントクラス

こんにちは。
アロマテラピーの学校の中安です。

先日、「初めての方のためのタッチ&トリートメントクラス」
を担当しました。

このクラスは僕がとても好きなクラスです。

触れることの
とてもシンプルな表現と信頼感が体験できるからです。

参加された方は
これからアロマセラピストになっていこうかなーと
思っている方が多かったです。

クラスのなかでは
触れることについて
それぞれの立場でシェアしたり

とてもシンプルなタッチの経験を行いました。

最後はうつ伏せと仰向けのトリートメントプログラム
も行いました。

このクラスを担当していると
触れることが
特別なことではなく

すでにある僕たちの内側の体験から
やってくるものだと思います。

ただ、僕たちのマインドは
触れることにいろいろな余分なものをつけてしまいます。

それは
期待、判断、深刻さ、そして恐れ

ただそれは
あっそうか!と思ってストンと落とすと
落ちてくれます。

わからなくなったら
一歩退きましょう。

手足を振って、伸びをして
身体に新しい感覚を与えます。

そして、もう一度
同じことをすると

結構、上手くいくことが多いです。

そんな感じで
初めての方のためのタッチ&トリートメントクラスをしています。

参加してくれた方、ありがとう。
楽しかったです。

それでは また

posted by mothersoffice at 13:14| Comment(0) | タッチング&トリートメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月28日

生きてて楽しいことなんて.....

アロマセラピストクラスの生徒さんから、こんなお話を伺いました。

その方は、トリートメントの症例収集の際、
おじいちゃんにトリートメントをしてあげたそうです。

トリートメントを終えておじいちゃんは、
こんなことを伝えてくれたそうです。

『生きてて楽しいことなんて、ないと思ってた。

 でも、こんな素晴らしい体験があるなんて思わなかった。』

おそらく香りと、タッチに包まれたアロマテラピーのトリートメントは初めて。

おじいちゃんだけではなく、
思春期の子どもたち、仕事で疲れたお父さん、不安なお母さんなど、
知らない方は多いと思います。


アロマセラピストの皆さんは、身近な人に、また、社会で疲弊している方に、
こういった幸せを、おすそわけしていく立場なんだろうなと思いました。

あなたも、アロマセラピストになりませんか?

手に職というより、手に技術を持ちましょう。
今の社会に、必要とされています。




アロマセラピストクラスは10月期生を最終受付中です。
年内は10月期が最後です。

インストラクタークラス卒業生は、来年5月のアロマセラピスト学科試験に対応します。
(他校出身の方も、独学でインストラクター資格に合格されている方も)

2分割、3分割が可能なクラスもありますので、ご相談ください。



【中野校】
http://www.aroma.gr.jp/school/aeajschedulenakano.html#aromatherapist
●日曜クラス 10/3-2/27(除1/2、1/9)10:00-16:00
●木曜クラス
・10/14-3/10(除12/23、30)
・学科13:30-16:00、実技A10:00-12:30 or 実技B16:15-18:45
●土曜クラス
・10/16-3/12(除1/1、3/5) 
・学科13:30-16:00、実技A10:00-12:30 or 実技B16:15-18:45

【茗荷谷校】
http://www.aroma.gr.jp/school/aeajschedulemyougadani.html#aromatherapist
●火曜クラス:全20回 10/5-3/8(一部日程を除く)10:00-16:00(5h)

【横浜校】
http://www.aroma.gr.jp/school/aeajscheduleyokohama.html#aromatherapist
●土曜クラス:10/23-3/12(除1/1)10:00-16:00 
●金曜クラス:10/15-3/11(除12/31、2/11)10:00-16:00

【概要】http://www.aroma.gr.jp/aroma/aromatherapistclass.html
【日程】http://www.aroma.gr.jp/school/aeajschedule.html
【申込】http://www.aroma.gr.jp/form/aromatherapistclass.html




━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
●入学相談や体験したい方はこちら
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━

【個人相談】
スタッフが個別に日程を調整してご相談に応じます。
原則、中野校開催ですが、ご相談下さい。

【概要】http://www.aroma.gr.jp/school/event/index.htm#kengaku
【申込】http://www.aroma.gr.jp/form/event.html


【当校アロマテラピーサロン『アロマスフィア』】

実技講師でもあるアロマセラピストが担当します。
タッチの質や、授業のことなど、ご確認ください。
一軒家の中野校(第2教室)の一室にあります。
自宅サロンのイメージを抱いていただけると思います。

【概要】http://aromasphere.jp/
【電話】03-3385-7397(定休:水曜・日曜・祝日)
posted by mothersoffice at 20:54| Comment(0) | タッチング&トリートメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。