2012年03月13日

風邪ひき4点セット

みなさんお元気ですか?

マザーズオフィスの大山です。

インフルエンザの流行が、息子の通う学校へもやってきましたようです。
昨日から学級閉鎖です。

そこで、うちの風邪対策4点セットを紹介します。

1. エキナセアチンキ
2. カスターオイル
3. 精油 (ラベンダー ティートリーなど)
4. ハーブティー(ジャーマンカモミール)


エキナセアチンキをビューっと飲んで、カスターオイルを胸と背中に塗り、カモミールティーを飲んで、布団の4角に精油を垂らして寝ます。

これだけなのですが、非常に助かっていますので、きらさないようにしています。
精油を直接体につけることのできない小さなお子様にも取り入れることができますよ。

現在息子は発熱中。なにも食べず、黙って地面と平行になっています。
わたしも一緒に平行に…。

植物と一緒ですね。







posted by mothersoffice at 19:37| Comment(2) | 自然療法ホームケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月12日

ビワの葉の化粧水

いつもお世話になっております。
マザーズオフィスの戸張です。

今日は、日曜出勤です。
空気の乾燥が続きますが、皆さんお風邪などひいてませんか?

風邪も用心ですが、お肌の乾燥も心配な今日この頃。
お肌の乾燥には『ビワの葉の焼酎漬けエキス』が良いと噂を聞いたので、
前に作っておいたビワの葉の焼酎漬けエキスで化粧水を手作りして
実験中です。
2週間くらい試してみましたが、なんだかお肌がすべすべしてきて
いい感じです。

ビワエキス.jpg


近所のおばあちゃんに頂いたビワの葉で作った
ビワの葉の焼酎漬けエキス。
色もきれいです。



★ビワの葉の化粧水レシピ★
ビワの葉の焼酎漬けエキス 20ml
ローズの芳香蒸留水 20ml
(知る人ぞ知る)宮川先生の魔法の水 20ml 

化粧水は、スプレーボトルに入れると、シュッとスプレーしたときに
ローズの香りが最大限楽しめるのでおすすめです。
あと、そのまま寝ぐせ直しにも使えるので重宝してます。
posted by mothersoffice at 16:02| Comment(0) | 自然療法ホームケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月30日

夏じたく

なんか急に暑くなってきましたね!
春から梅雨にかけて、いろいろなことがあり
慌ただしく、気をはってきたような感じですが。

それでも季節がめぐって夏がやってきました。
今はエアコンのある部屋からでて、
風に吹かれながらお弁当をいただいています。

気持ちのいい汗がでてきて
いい感じです。

宮川先生が今度の土曜日に
からだの夏じたく」をテーマに講座を開きます。
夏に向けて、からだの準備を整えます。

夏を乗り切るなんていうけど
夏を楽しんで、夏らしい体になるというのもいいかなと思います。

中野の第2教室で
7月2日(土曜日)午後1時からの講座です。
posted by mothersoffice at 13:18| Comment(0) | 自然療法ホームケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月27日

アシナガバチ vs ミツロウ

こんにちは三雲です。

ついに子どもがハチに刺されました〜。

友だち数人と、集団でアシナガさんに襲われたそうです。

スズメバチじゃなくて良かった〜。


夏はミツロウクリームとポイズンリムーバー(毒を吸い取るやつね)を持ち歩いているので、すぐに処置して、家に帰って冷やして薬塗ったら、腫れも痛みもなくなって、長男もケロっとしてました。

あーよかった。


んが!

4歳の、イヤイヤ次男君は、一切の処置を拒否!

イヤー!イヤナノヨー!ドクスイシナイー! バーカバーカ!と、

ママはテンパリストのごっちゃんよろしく、泣きながら逃げ回る始末。

まあ、服の上だったし、皮膚も厚いところだからいっか〜と、

ほったらかしてたら、2〜3日してから腫れだして、痒がってますわ。かわいそうに。


それにしても、ミツロウクリームは、本当っっっっに、虫刺されに良いです。
蚊に刺されても、すぐに塗れば、すっと腫れが引きます。
刺激臭もないし、子どもが指につけて、そのまま鼻くそほじっても問題なし。

やっぱりアロマテラピーはいいなあ〜。

と思う反面、

やっぱりアロマテラピーは注意が必要だな〜と思うことも。

というのも、僕の足に、虫さされで500円玉くらいの水ぶくれができたんです。

自然に...というか子どもに夜中に蹴られて破けたので、消毒消毒と思って、ティートリーを患部に垂らて(こんなことしちゃダメですよ)、バンソウコウ貼ってたんですね。

で、その精油がフロリアルじゃなくて結構ドボドボ出るタイプで、結構多めについたんですね。

ま、いっかと思って、そのままにしてたら、バンソウコウのシールの部分とティートリーが反応したのか見事にアレルギー反応。

虫刺され自体は、自然に治ってきてるのに、シールの部分を中心に足首全体に発疹が広がって、かゆいかゆい。


やっぱり、自然=100%安全ではないこと(もちろんミツロウもです)、患部にはアロマテラピーは不可なこと。精油の原液を直接肌につけてはいけないこと、何か起きたら医療の受診機会を奪わないこと。

そういったことをこれからもちゃんと伝えなければ!と思った今日この頃です。



アロマテラピーをこれから学びたい方はこのあたりからどうでしょうか。

●検定説明会
http://www.aroma.gr.jp/aroma/kenteisetsumeikai.html

●アロマテラピー1Dayセミナー「香りでからだが『なぜ』変わる」
http://www.aroma.gr.jp/oneday/index.html#aroma

●実践!アロマテラピークラス
http://www.aroma.gr.jp/aroma/aromatherapy.html
posted by mothersoffice at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然療法ホームケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月27日

夏の悩み… ラベンダーウォーター

こんにちは。
アロマテラピーの学校の中安です。

猛暑が続いています。
僕は暑くなれば夏が好きで、寒くなれば冬が好きという
季節に流されやすい人間です。

ただ
夏にはひとつ困ったことがあって
それは

あせもです。

夏が本番になってくると
前胸部のあたりに
でてきて
かいかいです。

今年も出てきたなーと思っていたら
家人が
ラベンダーウォーターをつけてみたらといってくれて
ああそうだ、そういうのがあるじゃんと思って
冷蔵庫から冷たくひやしたラベンダーウォーターをとりだして
パシャパシャとつけました。

はじめのうちは
どうかなと思っていたのですが
あかくなっていることが普通になり
みためもおだやかになってきました。

暑い日が続いているので
汗も出るし
かゆみはそれなりにあるのですが
いい感じです。

ラベンダーウォーター
さすがです。

中安
posted by mothersoffice at 06:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然療法ホームケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月01日

公園焼けには…

こんにちは、マザーズオフィスの大山です。

昨日はお休みだったので、近所の平和の森公園へ行きました。

2010063012300000.jpg

いつもは林のあるところでザリガニ釣りをしていますが、昨日は芝生広場に来てみました…。
休日の芝生広場は、たくさんの子どもたちや家族連れで賑わっていますが、
平日のお昼前後だけあって、サッカーもこのように、貸し切り状態です。
2010063012280000.jpg

夕方になってから、腕や首がヒリヒリしてきました。

鏡をみると、やってしまいましたー!日焼け止めを塗るのを忘れてた!

見事な土方焼けです。

顔だけは助かったものの、鎖骨下からまあるく、そして半袖の下から手の甲が、
真っ赤です。

あわてて、スプレーボトルに水とラベンダー精油を入れて、シュシュシュシュシュ!とスプレーしました。

すると、ヒリヒリ感はすぐになくなりました。

やっぱり精油ってすごいなあー…。絶対顔も焼けているはずだから、明日ラベンダーのフローラルウォーター買って、ローションパックしよ。 と思いました。

前に海で日焼けした友達に、氷水とラベンダーで冷湿布してあげて、非常に喜ばれたことがあります。やっぱり困ったときはラベンダーです。

そういえば、おとといの1dayセミナーにいらした断乳中のママさんが、おっぱいがはってきてしまい、すぐにひまし油と精油で作ったオイルを塗りました。
すると、すぐに楽になったようで、保冷剤や冷えピタよりも全然いい!とおっしゃっていました。

何年も実践してきて、決して信じていないわけではないのですが、毎回、精油のはたらきってほんとうにすごいなっと思います。自然の恵みにありがとうです。
そしてこうした毎日の体感の積み重ねが、今の生活の糧になっています。

明日はアロマテラピーの精油塾があります。わたしのように、「あわてて水道水+ラベンダー」   ではなくて、きちんととしたラベンダーの美容液を作ります。日焼けした際にはぜひこちらをお使いください…。

今月の終わりには精油塾メリッサもありますので、どうぞよろしくお願いします。
http://www.aroma.gr.jp/aroma/eoil.html
posted by mothersoffice at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然療法ホームケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月21日

深夜の

こんばんは。三雲です。


最近寒かったり、暑かったり、花粉がとんだり、雪がふったりで、子供の体調も振り回されてます。

長男が深夜にトイレで起きて、もう一度寝ようとすると、

鼻がつまって、眠れない。。。

と、ズーズー言いながら半べそ状態。


そんな時は、

玉ねぎスライスー(ドラえもん風)

かなり効きます。


そして、

加湿器〜

ゼラニウムとティートリー

あ、特に効能ということではなく、好きなんです。


布団乾燥機〜

腹巻き〜

枕を高く〜肩まで上げちゃう〜

後頭部と仙骨の温湿布〜

ふくらはぎと二の腕のオイルトリートメントお〜

オイルはセントジョーンズワートお〜


そして極め技は

鼻の温湿布〜

これらを同時に。

3秒で寝ます。


お風呂あがりに靴下を履かせればなおベター


全ては子供のためです!

親がさっさと寝たいからでは、ないですよ!

ないですってば。





そんなこんなで春の1日完結講座。たくさん開講しています。

http://www.aroma.gr.jp/school/class.htm


ベースオイル塾のセントジョーンズワート
http://www.aroma.gr.jp/school/baseoiljuku.htm

精油の抗菌作用のクラス
http://www.aroma.gr.jp/aroma/antimicrobial.html

ハンドトリートメント
http://www.aroma.gr.jp/school/hand.htm

アロマテラピーの精油塾
http://www.aroma.gr.jp/aroma/eoil.html
posted by mothersoffice at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然療法ホームケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月07日

風邪をひくと、褒められます

こんばんわ。三雲です。


ダイエット。7kg痩せましたわ。



いや、久々に大風邪をひいたんです。

絶食したら3日で3kg痩せたんですけど。


っていうか、いつも3kgもの何かが、体に入ってるってことなの?




さて、春先の風邪。

前回「この時期に風邪をひいたり、花粉症になったりするのは、春の体に向けて、からだをゆるめよう」という体の自然の動き。

と書いたら、そのとおりになりました。

マザーズオフィスでは、風邪をひいても誰もなぐさめてくれません。

「いい体してるね〜」とか「若いね〜」と、何だかほめられます。

体に、「自動的に調整する力」が残っているから、ということだからです。

これが鈍くなったり、風邪をひく力も残ってないと、もっと大きい大病をわずらうこともあるからなんですね。


ちなみに、幼児も、どんどん熱出したり、風邪ひいたりした方が良いという、身体観もあります。

その分、自分の力で免疫を獲得するからなのですね。


最近、アロマテラピー学習帳という本が出ました。

当校の講師の皆様が執筆していただいた、アロマテラピーの本です。

あらためて免疫のページとか読むと、本当に奇蹟ですね。


またyoutubeネタですが、白血球君が、バクテリアを追いかけ回して、食べてんの。




今こうしている間にも、僕たちの体の中では、バイキンを追いかけて、憶えて、伝達して、武器を作って。。。とか繰り返している訳ですよね。

これに感謝せずに、何に感謝する!

ありがとう俺!

すごいぞ俺!

『自分の体に感謝せずに、、薬に感謝してしまってませんか?』

は久保先生のコトバですが、アロマテラピーを通じて解剖生理学を学ぶと、自分の体を信頼できますね。


風邪にかかりにくい体づくりと、かかっても自分で立ち直る強い体。


アロマテラピーって結構、肉食系です。

抗菌作用のクラス受付中です。


http://www.aroma.gr.jp/aroma/antimicrobial.html

抗菌しすぎの日本。

抗菌作用を学ぶことは、本当の意味での健康とは何かを考えるきっかけになると思います。

アロマテラピーに携わるなら必修ですよ。
posted by mothersoffice at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然療法ホームケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月08日

失敗しない!ジェルクリーム

こんにちは。マザーズオフィス 荒川です。
昨日の東京はすかっと晴れて、ぐぐっと冷えこみました。空気もカラカラに乾燥しています。
手荒れや肌荒れがおこりやすいこの季節も、ジェルが大活躍!

「使い方がわからなくて、買ったまま家に置いてある」
「そのまま塗って乾いたら、お肌がつっぱった感じになってイマイチ」
…という声もちらほら聞こえてきます。なんと、もったいない!
今日はどなたでも簡単に手軽にできる、「失敗しないジェルクリームの作り方」を紹介します。

材料は ◎アロマスフィアジェルベース、◎精製水かフローラルウォーター、◎お好みの植物油、◎お好みの精油 です。

作り方
1、小さじ1杯くらいのジェルベースを器にとります。

2、1の器に小さじ1〜2杯くらいの精製水かフローラルウォーターを加えて、よくなじむまで混ぜます。すると!ジェルがどんどん水分を吸って、やわらかくなめらかになってきます。ここでしっかりジェルに水分を含ませることがポイントです。

3、十分混ぜた2に、植物油を「ほんの少し」たらして、しっかり乳化するまで混ぜます。いっぺんに植物油をいれてしまうと分離してしまうことがあるので「ほんの少し」いれるのが最重要ポイントです!ジェルと植物油がよくなじんで艶のあるクリーム状になったら、また「ほんの少し」植物油をたらしてよく混ぜる、をくり返していくと、分離せずにきれいなジェルクリームができますよ。はじめは小さじ半分くらいの植物油を、何度かにわけて混ぜながら加えてみましょう。

4、最後にお好きな精油を加えます。1%濃度を超えないように、いくつかの精油をブレンドしてもいいですね。

材料の分量はお好みで加減できます。
「もっとさらさらっとしたのがいいな」という時は水分を多めに、
「もっとこってり、しっかりした質感がいいな」という場合は水分をやや少なめにして植物油を多めに、など、いろいろ挑戦してみて下さいね。

昨日私が作ったジェルクリームは、ジェルベース+精製水+マカデミアナッツオイル+カレンデュラオイルの組み合わせ。カスタードクリームのようなおいしそうな出来映えぴかぴか(新しい)(もちろん食べられません!)。精油はゼラニウムとスイートオレンジ、サンダルウッドをブレンドしました。ハンドクリームとして使おうと思っています。

20081207114545.jpg

植物油を変えると用途もいろいろ。
セントジョーンズワートオイルやアルニカオイルで、体の疲れたところのセルフケア用ジェル。アボカドオイルで、お顔のスペシャルケアジェル(乾燥が気になる方におすすめ!)。
自分だけのスペシャルレシピを作ってみませんか?

寒い夜、ぜひ手作りコスメで暖かな楽しい時間をお過ごしください!
posted by mothersoffice at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然療法ホームケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月07日

小手先のテクニックじゃなく、生き方を変えないと!体は変わらない。

先に告知です。

来週10/14(火)の1Dayセミナー。
当校代表の宮川と中安の1dayセミナーが同日開催です。
AEAJコースを検討中の皆様!ぜひどうぞ!絶対いいですよ!

10:00〜「アロマセラピストを目指す方に知ってほしいタッチとトリートメント」
13:30〜「香りで身体が変わる。女性の身体のためのアロマテラピー」
http://www.aroma.gr.jp/oneday/index.html


ということで、こんばんは。ぎっくり腰ネタをひっぱる三雲です。
まだちょっと油断するとキます。あぐらは厳禁ですな。

僕は典型的な腰椎1番タイプであり、かつ、パソコン仕事が多いので、目と頭の使い過ぎが腰に来るという訳です。

ということで、金欠の中、家族会議で妻に決裁をいただいて、リクライニング付きの仕事用の椅子を自腹で購入させていただきました。

いいですわ。

あと、アレクサンダーなんかで言われている「インヒビション」。なるほどです。
「インヒビション」。習慣となっている無自覚の行動をやめてみようという訳ですが、PCの時の姿勢とかね。でも「意識」を使うのでちょっと疲れるかな。

で、最高なのは、目の温湿布!

ノビ太と勝負しても勝てるんじゃないかというくらい、

3、2、1ぐう。。。と寝てしまいます。



長男が興味深々で、鼻をフガフガしながらやってきます。

「今日の匂いなに?」

「ゼラニウムだよ。」

「それって何?」

「ほら、あの第2教室のお庭に生えてるやつ。コップに入れとくとグングン伸びるハッパだよ。」

「あー、あれね。ほんとだ。おんなじ匂い。」


こういうとき、アロマテラピーはいいなあと思います。

だってさ、


長男が興味深々で、鼻をフガフガしながらやってきます。

「今日の匂いなに?」

「ローションだよ」

「それって何?」

「ほら、その瓶に入ってるやつ。モノオレイン酸ポリエチレングリコールとメチルパラベンにポリクオタニウムー51が採用されてて、酸化防止剤としてはビタミンEでさ。。。。」

「????」


そんなこんなで、内面に向かうリズムの秋!

自然と体のつながりを感じようじゃありませんか。


11月期の週2コースは半年かからずにアロマセラピスト資格の範囲まで対応しますので、がつん!と行きたい方にはおススメですよ。

http://www.aroma.gr.jp/school/aeajschedule.html#nakano2l

説明会はこちらです。
http://www.aroma.gr.jp/school/event/index.htm
posted by mothersoffice at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然療法ホームケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月29日

ローズウォーター

 貧相な我が家のブルーベリーの木になった実のおいしさに

 ちょっと感激している初雁です。

 連日の暑さ、本当にまいってしまいますね。

 初めて夏を体験する8ヶ月の娘・・・

 しっかりあせもが出来てしましました。

 頻繁にお着替えしたりGカモのハーブティーの煎じ液で体を拭いたり

 していたのですがなかなか赤いプツプツに悩まされ・・・

 そんな時に三雲氏の記事をみて、

 早速フロリアル社のローズウォーターを購入。

 そして惜しげもなくチャパチャパチャパ・・・・

   ・・・・・・・ん・・・・・・

   ・・・・・・・えっ・・・・・
 
   ・・・・・・すごい!!・・・・

 数日でみるみる赤いプツプツが消えていきました。

 もちろん個人差がありますが我が娘にはとてもあっていました。

 上の姉達には「だっこすると汗くさい〜」と言われていましたが

 今ではローズの香りに包まれた赤ちゃんの出来上がり!!

 フロリアル社の回し者ではありませんがローズウォーターに

 改めて感謝です。
posted by mothersoffice at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然療法ホームケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月20日

夏には夏のアロマテラピー

こんにちは。「保育園の先生に、家にクーラーないの?」と聞かれた三雲です。

いや、あるんですけど。

もうすぐ2歳の次男のあせも。
我が家はあまり何もしないでほっておくタイプの家なのですが、なかなか完全に良くならないので、先生に指摘されちゃいました。

薬をつけたら?みたいな感じだったので、まあ、まずはローズ水だなと。

サッカーの反町ジャパンの五輪出場決定時のように、夜、風呂上がりに、ちゃぽちゃぽ贅沢に頭からかけたら、翌日、さっぱり、きれいになりました。

さすが、新陳代謝が早い!若い!
カレンデュラをつけるまでもなかったですわ。

しかも良い香り。

その日は眠りも深かったような気がします。


長男もローズ水大好き。
勝手に妻のコットンを取り出しローズ水を机の上に滴り落ちるくらい死ぬほどかけて、顔をパッティングしています。
今度、水に変えたろか!という感じです。


夏には夏のアロマテラピー。

ハンドトリートメントクラスは、オイルじゃなくて、ジェルベースを使うこともあります。
とってもひんやりしておすすめです。

7月期はキャンセル待ちかな?
最近は好評につき毎月やってますので、ぜひどうぞ。

http://www.aroma.gr.jp/school/hand.htm
posted by mothersoffice at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然療法ホームケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月07日

春のからだ

こんにちは、マザーズオフィスの大山です。

先週の水曜日の朝、なんか気持ち悪いような、貧血のような感じがしていました。でも、出かけてしまえば忘れるさっと一日中外出をして、子どもを寝かしつけ、自分も寝ようと思いましたが、

「さ、寒いっ…、肩が痛い…、」
突然悪寒と、肩こりに襲われ、研究活動中の夫の部屋に飛び込み、無理矢理マッサージを強要しながらも、寒さでガチガチ歯を鳴らしていました。

「絶対、絶対、熱がある…」と震えながら検温しましたら

36度7分。

おかしいなあー。と布団に入り、寒いなあーと思っていたら、ものすごく暑くなってきて、なんだこれはー?と思っていたら、今度は子どもが「はーなー、はーなー(鼻が詰まる)、あーん」と何度となく泣き、震えながらトイレに連れて行き…を繰り返し、朝を迎えました。

まだ寒いし、股関節と頭が痛い。
熱も久しぶりに38度3分(産後乳腺炎のとき以外は初めてなので、4年ぶりの熱)で
ほんとうに何年ぶりかなあ、体調不良でお休みいただきました。

子どもを保育園に預けて一人で家で寝ていると、こんなことするのが夢だったはずなのに、夢が現実になったのに、仙骨が痛かったりしてなかなか眠れません。子どもを産んでからは風邪をひくと、下半身がだるくなります。
温湿布をするとだんだん眠くなってきて、冷めると目が覚めます。
そのくりかえしですが、仙骨でも背中でも、後頭部でも、こわばっているところに温湿布を置くと、汗がダーっと出てきます。緩んでいるところに置くよりも、緊張しているところに置いた方が汗がでます。
そんなわけで、一日中温湿布で汗をかいたら、次の日の朝にはほぼ平熱に下がっていました。すっきりした感じです。

季節の変わり目に風邪をひくのは、いいことですね。

なんとなく春のからだになったような気がします。
そして、最後にこのブログを一年以上読まれている方は、おぼえていらっしゃいますか?

風邪の最後には鼻づまり。

今また嗅覚と味覚を失って、悲しい思いをしています。

みなさんは大丈夫ですか?
posted by mothersoffice at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然療法ホームケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月23日

枕元には、たまねぎを

今日は満月ですね。夕方、大きな赤い月が見えました。

こんばんは。マザーズオフィスの三雲と申します。

うちの5歳の長男はあいかわらず、滲出性中耳炎とつきあっています。
この時期になると、ちょっと悪くなるんです。

アデノイドが大きいらしいのですが、アデノイドって、5歳くらいまでが誰でも大きいらしいですね。成長を見守りながらあともう少し気長につきあっていこうと思っています。

かかりつけの先生は、薬はあまり使わず、鼻に風船のようなものをあて、耳管に風を通す方法で対処していただいています。

風を通す時に、「ラッパ」と言いながらタイミングよく風を通すのですが、最近はまだしゃべらない1歳半の次男が、それをまねて、「だっぱ!」とか言っているので、長男もそれを見て笑いながら毎日やり過ごしています。

冬の乾燥期は、夜、鼻が詰まって眠れないと「温湿布つくって〜」と言ってくるのですが、本人も気持良いらしく、後頭部とか、腰とか、鼻の上とかに自分で工夫して、気持いいところを探して、そのまま眠ってしまってます。
一緒に精油で作る時もありますが、夜遅い時は、ジップロックに濡れタオルを入れて、電子レンジでチンしてしまったりもします。
あとはタマネギのみじん切り。結構いいですよ。翌朝、タマネギが枕元に広がってて、トホホな時もありますけど。
あとは寝返りがしやすいように布団を軽くしたり。子どもは自分で心地よい体勢に寝返りしますので。それと加湿器は外せませんね。我が家は夜はモンスーン気候です。


滲出性中耳炎も、アレルギーと深い関わりがあるとかないとか。

そういえば、先日、ロハスキッズという雑誌を立ち読みしていたら、当校の宮川とも懇意にしていただいている女子医大の自然療法クリニックの川嶋先生も、子どものアレルギーは体質改善と成長過程で治りやすいとのコメンとがありました。

ネトルやエルダーのハーブティーも薬効を期待するというより、きっと身体を温めることが大切なのだと思います。

治療は西洋医学の役割なので、かかりつけのお医者様と良い関係性を築いて気長に治療していただくことが大切。
そして、親として、心地よさや安心感や温かさ自然療法を通じて伝えていきたいなと思っています。

と、言いながら、添い寝をしながら子どもより先に安眠してしまう毎日なのでした。

温湿布って気持いいっすねー。
posted by mothersoffice at 03:10| Comment(3) | TrackBack(0) | 自然療法ホームケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月07日

レモンバーム風呂

あけましておめでとうございます。

アロマスフィア中野の大山です。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

先日、中野店の荒川が、アロマスフィアの庭で、レモンバームをごっそり切ってきてくれました。

アロマスフィアでは今、季節外れのハーブがところ狭しと増殖しています。

ローズマリーは、息子の保育園のクリスマス会の飾り付けに使ってもらいました。

この日もらったレモンバームは、茶色いところも多いし、お茶として飲むのもどうかなあ、といったところで、ではお風呂に入れよう、ということになり、持ち帰りました。

我が家はアロマセラピスト一家ですが、息子が精油の匂いはまだ嫌がるので、お風呂に精油やハーブを入れたことがありません。

ハーブを入れる袋もないので、急遽排水溝用のネットにレモンバームをいれて、お風呂に浮かべてみました。

そんなに香りは強くないですが、湯船で袋をもんだり、匂いをかいだりしてみると、メリッサの香りがします。

精油は高価でなかなか使えないけれど、これなら贅沢気分を味わえます。

少し体にパタパタとつけてみると、体にもメリッサの香りが…。

息子もこのくらいの香りなら気にならないようで、ぞうさんのじょうろでお湯をかけていました。

みなさんも冬になり、季節外れのハーブたちがたくさんあったら、お風呂にいれて、フレッシュハーブティーの中に入ってような気分を味わってみてください。

温まるし、リラックスできますよ。
posted by mothersoffice at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然療法ホームケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。