2006年07月24日

月とリンネの花時計

「アロマテラピーの学校」の三雲です。
サイドバーを変更しました。
前のミニプラネタリウムは月の状態をみるのにクリックする必要がありましたけど、これだと無意識に月の状態が目に入りますので。

月見草、カレンデュラ、セントジョーンズワートなど自然のリズムとのつながりを象徴する植物たちがいますが、僕たち現代人は、意識的に無意識に自然のリズムを感じる環境をつくるのは大切なことかなと。

このブログをみていただけるときは、もうすぐ新月かなどと自然のリズムの気付きを得るきっかけになっていただければ嬉しいです。

そういえば、あのリンネ先生は、かつて花が開花する時間の差を利用して「花時計」を提唱されたそうですね。睡蓮、夕顔、日々草など、植物は宇宙のリズムに従って、こうしている間にもゆったりと暮らしているんですよね。

ちなみにThe Moon Age Calenderで公開していくれてます。フレーム内のBBS機能とか最新情報などの機能は、The Moon Age Calenderの機能ですのでよろしくです。
posted by mothersoffice at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月06日

月とアロマテラピー

「アロマテラピーの学校」の三雲です。
サイドバーに「ミニプラネタリウム」を設置してみました。これすごいんですよ。月齢は出るし、日時も動かせて、その時々の月や星の状態がわかるというスグレモノです。(左の画面の右上のボタンをクリックすると月齢が出てきます)

昨年「月とアロマテラピー」をテーマにしたオープンセミナーでも月齢と身体の関係をお話ししましたが、毎日、ちょっとだけ意識を向けてみると、なんかイライラするのは、満月近くだったり、肌荒れがあるのは新月の後とかだったりするかもしれません。

リズミカルボディセラピーなどではお話ししていますが肌や月経リズムは月のリズムと同じ28日周期。僕が毎日働いている中野校に併設の松が丘助産院では満月と新月が近づくと、満床になったりするので肌で感じることができますが、なかなか夜空を見上げることもない毎日を送っている方は、少しだけ月を意識した生活をしてみると、何か気づきがあるかもしれません。

「アロマテラピーの学校」では今札幌校で「リズミカルボディセラピークラス」の真っ最中。夏には東京で集中講座もありますので、ぜひどうぞ。
http://www.aroma.gr.jp/school/

ちなみにこのソフトは「MOON AGE CALENDER」という月のことならここ!というサイトで無償配布しています。なんて太っ腹!
大好きなサイトです。
http://www.moonsystem.to/
posted by mothersoffice at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月30日

マザーズオフィス自然療法ブログについて

このブログでは、マザーズオフィス「アロマテラピーの学校」のスタッフや講師陣が、アロマテラピーを中心とした各種自然療法の実践方法やその作用や感じたことについてご紹介することがあります。
できる限り、私達が知っていること、感じたことを、お話していきたいと思っていますが、ここで紹介する利用方法やレシピをご自身で実践する場合は、当然のことながら、「自己責任」でお願いすることを前提にお願いします。
当校の生徒の皆さんなど、アロマテラピーをしっかり学ばれた方であれば当然なのですが、はじめてアロマテラピーに触れる方もこのブログを閲覧される場合もあると思います。アロマテラピーはあくまで、医療行為ではなく、精油も医薬品、化粧品などの類いではありません。アロマテラピーとは、一般社会でスタンダードになっている「科学」に基づく療法ではなく、伝承的に人類が受け継いで来た「自然療法」なのです。
ですので、科学的な視点で安全を裏付けられたものではありませんし、ここで紹介する作用については西洋医学的な効果効能ではありません。
逆に、自然だから100%「安全」ということも全くなく、また、どのような結果が出るかは『科学的には』わかりません。

だからこそ、アロマテラピーなどの自然療法を利用する場合は、実践する方の責任で、決断して利用していただくことになります。このブログでご紹介した行為によって生じた損傷、負傷、その他についての責任を私達が負うことはできません(ごめんなさい)。
そのためには、アロマテラピーの必要最低限必要な事項をご理解いただいたり、パッチテストはもちろん、少量から初めてみたり、肌や身体、気分、体調が良くなければ利用を中止するなどが必要になります。
ブログでアロマテラピーの利用方法や安全性、文化について説明することは限界があります。(社)日本アロマ環境協会のページやアロマテラピーの関連書籍、アロマテラピーのスクールなどで正しい知識と文化への理解をしていただくことも必要です。

アロマテラピーや自然療法は、自然のリズムとともに暮らし、自然のリズムの一部として謙虚に暮らし、科学が全てではなかった時代の古来から受け継がれてきた智慧の結晶です。
上手に利用して、自然のリズムに身を委ね、身体の自然を育みましょう。
posted by mothersoffice at 13:35| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。