2010年11月18日

医療と自然療法の境界線

こんにちは。三雲です。

ここ1か月以上、耳なりがひどくて、

毎日、心臓の拍動にあわせて、

ビートルズのOld Brown Shoeのリンゴのドラムよろしく
ドッド、ドッド、ドッド、ドッド、
というシャッフルの重低音が左耳で鳴り続けています。


耳鼻科では原因不明で、
内科も勧められたのですが、
最近忙しくって1か月くらい放置してたんです。

ふとした瞬間に、鼓動にシンクした音が聞こえなくなる時もあって。
あれ?俺、今、生きてんのかなー?
と、空に浮いてないか確認したりして。



んで、ふとWEBで調べたら、
「早期に調べれば命が助かる可能性も。。。」
みたいなことが書いてあって。。。。

昨日行って来ましたよ。総合病院。

内科の先生に症状を伝えると、
真剣な顔で「今日検査しましょう」とのこと。

採血、血圧測定、検尿脈派に、心電図、、頭のレントゲンに、CT。

数時間かけて検査するうちに、だんだんしょんぼりしてきて、
あー、仕事の引き継ぎとかどうしようとか思いながら、先生の元に戻りました。


早速、CT画像やらレントゲンやらを映し出されて、先生は難しい顔。


僕「せ、先生。。。」

先生「うーん。。。」

僕「ど、どうなんでしょうか」

先生「肩コリですかね〜。」

僕「。。。。。。」

先生「ストレスを減らして、マッサージにいくとか、お風呂に長く入ると良いかもしれませんねー。」

僕「。。。。。。。」


ということで、検査代しめて9,450円!を払って病院を後にしました。


医療の境界線と、我々のアロマテラピーの可能性をみた1日でした。


セントジョーンズワートか、ひまし油でオイル湿布でもしてみまーす。


みなさ〜ん、ゆるみましょうねー。


おわり

ベースオイル塾12/6です。

http://www.aroma.gr.jp/school/class.htm#baseoil

http://www.aroma.gr.jp/school/baseoiljuku.htm

posted by mothersoffice at 14:50| Comment(0) | セントジョーンズワート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月03日

深紅の色は深いエネルギーの色

ベースオイル塾。
多くのお申し込みありがとうございます。

セントジョーンズワートオイル。

赤っ。

深紅。


先週は、泣き叫ぶ我が子を抱っこして、腰を痛めた。

そんなとき、セントジョーンズワーとを塗りたくります。

おお。。。。速攻!

部分的に強ばりがなくなると、他の部分の強ばりに気づきます。

肩に塗りたくります。

おお。。。

あれ?足も痛かったのか。。。

おお。。。

あれ?背中もか。。


そんな横で、2歳の子どもが、勝手にオイルを手にとって体に塗りたくって、

おおお。。。

とか言ってます。

おまえは凝らんだろ!


ちなみにジェルでつくるとこうなります。

きれいです。
P1020256.jpg


http://www.aroma.gr.jp/school/baseoiljuku.htm
posted by mothersoffice at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | セントジョーンズワート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月21日

冷えとセントジョーンズワート/第10回オープンセミナー

今日は多くの方にオープンセミナーにお越しいただき、ありがとうございました。
アンケートの受講動機を拝見すると「仕事で冷えの方をトリートメントすることが多い」という他に、「自分自身も冷え性で」という方がとても多いです。「食生活や生活習慣が深く関わっていることが筋道たてて理解できた」「深部の冷え」「冷えのぼせタイプ」「温かさとチャクラのイメージワーク」「冷えは食事から」「ほてりと冷え」「首や手指と冷えの関係」など様々なキーワードが出ましたが、冷えをしっかり意識していればだいじょうぶですが、自覚のない方に自覚していただくことは大切ですね。
open10.jpg
open102.jpg

セントジョーンズワートと冷えとの関係も出ましたが、セントジョーンズワートは夏至の時期にエネルギーが高まり開花します。植物からの贈り物という感じですね。

最後に宮川がちょろっと、「セントジョーンズワートを真面目に塗っていると痩せますので」と言った時、会場の温度が少し上がった気がしました。
そんなこんなで今日から早速「夏の冷え対策」実践してみてください。
posted by mothersoffice at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | セントジョーンズワート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月01日

自律神経

たいていの問題は自律神経のアンバランスからきている。例えば交感神経がずっと興奮ばかりしていると、癌になったり、胃潰瘍になったり、不眠症になったり、また副交感神経のほうの問題は、アトピーや喘息など・・・・。

そこでお勧めは頚椎7番と胸椎1番自由にしてあげること。ここにお肉がついてくるとかなりやばい。首も短くなってくる。

ここにセントジョーンズワートを毎日塗布する。ついでにマッサージ。
ついでに腕と方をぐるぐる。

すると良く眠れるし、首まわりもすっきりしてくる。ついでに薬指以外の指先、つめの際ももんでおく。

よく眠れる。
いろいろ知っていても、なかなか実行できないけど、思いついたときだけでもやってみて下さい。違いがわかります。

暑い日は、オイルが嫌な人、芳香蒸留水をパッティグしたり、ジェルをセントジョーンズワートの芳香蒸留水で伸ばしてマッサージというのもいいですよ。
posted by mothersoffice at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | セントジョーンズワート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もうすぐ夏至!。。。といえばセントジョーンズワート!

「アロマテラピーの学校」の三雲です。
今日から6月。もうすぐ夏至ですね。夏至は1年のうちで一番、昼が長い日。天気予報とかで結構さらっと言いますけど、これってすごいことですよね。

夏至は地球の地軸が一番太陽に向かって振れている瞬間(南半球では逆ですが)。リズムを失って生活していて、身体のリズムを失っている現代人にとって、しっかりと太陽と地球の関係や宇宙のリズムを確認して、そのリズムの享受することって大切だよな〜と思っています。特に自然療法家としては(自称)。

夏至といえばアロマテラピーの世界ではセントジョーンズワートが聖ヨハネの日のエピソードで有名ですね。
セントジョーンズワートはマザーズオフィスの象徴ともいうべき「女性のためのハーブ」。宮川先生は「セントジョーンズワートオイルは私が世界に広めた!」と豪語していますが、まだまだ、その生命力をしっかりと知られていない気がします。

セントジョーンズワートオイルはサンシャインサプリメントと言われるように、夏至の時に太陽のエネルギーをたっぷりと獲得するハーブ。
中野校の第2教室の庭のセントジョーンズワートのハーブも、わさわさと、隅っこのカベのあたりで、がんばって成長しています。
日照時間とは関係なく、しっかり太陽と対話している気がするんですよね。

僕は、浸出油のセントジョーンズワートオイルには、まだしっかりと生命力が息づいていて、夏至の時には、そのエネルギーをしっかりと発揮してくれていると思っています。
特にリズムの変わり目には、影響を受けて体調を崩したりする人も多いようです。満月の時にバランスを崩したり、、春の花粉症もそういう、宇宙のリズムに身体のリズムがついていけないために起こる現象だと思います。暦の節目に伝承的な儀式があったりするのも、きっとそういうことを体感的に知っていた時代の智恵なのでしょうね。
でも、自然の仕組みというのは上手にできていて、そういう時に必要な植物というのが必ず存在しています。(簡単に言うと夏に身体を冷やすための夏野菜とかね)

セントジョーンズワートもきっとそうに違いない!と睨んでいます。
昨日も全身にオイルを塗りまくって寝たら、痛めていたノドの下の腫れもすっきりして今日の朝は全身が軽くて異常にスッキリ。
数年前のこの時期も、ちょっと気の重い打ち合わせとかがある時は、サプリメントを飲んで、ナチュラルになってから打ち合わせにのぞんだっものです。宮川先生はサプリメントは、「全然何にも感じないんだよね〜。オイルはすごいけど」と言ってましたが、僕はとても感じます。そういえば当校のある講師も、当校ではじめてサプリメント飲んで、家に帰る際、腰が抜けるくらい眠くなったと言ってました。

合う合わないもそれぞれあると思いますが、こういうことも含めて、自分のためにあう方法を探して行くことも自然療法の楽しみのひとつですね。

そういえば昨年、とても好評だった「ベースオイル塾」で、いろいろなメーカーのセントジョーンズワートオイルの使用感や色を見てみたら、当校のオイルが異常に赤くて濃くて、濃密な香りがしていて、スタッフ一同、びっくりしたものです。自信を持ってお勧めするオイルです。

各ミセントオイル.JPG

(一番上がアロマスフィアベースオイル)

今年からはベースオイル塾を単科クラスとして復活する予定ですので、ご期待ください。

2006年の夏至は6月21日です。エネルギーが満ち満ちて来るこの時期に、セントジョーンズワートでガシガシと生命の力を取り込んでいきましょう。

http://www.aroma.gr.jp/shop
posted by mothersoffice at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | セントジョーンズワート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。