2012年02月19日

ぉおとこと、おんなあ〜 by夢芝居

こんばんは。三雲です。

今日はインストラクタークラスの卒業式。
少しお邪魔させていただきました。

お一人ずつお話を伺ったのですが、
なんというか、スポーツの勝利者インタビューのような感じでした。

しかもリーグ戦ね。
「この調子で引き続きがんばりまっす。」
という感じですがすがしい前向きさにあふれた時間でした。
皆さん、本当にありがとうございました。
僕も柱の後ろから、巨人の星の明子姉さんよろしく、見守っています。


さて、今日の卒業式でもそうでしたが、
最近、『男性にも知ってもらいたい』という声を聞くことが増えてきました。

多分、妊娠準備とか、更年期とか、産後とシュタイナー育児など、
パートナーの存在が切り離せないテーマが増えてきたからですね。

助けてほしいとか、支えてほしいとか、
もう無理!とか、
俺の人生を邪魔すんじゃねーとか、
女性にとっての理由はあると思いますが、
わかってないからわかってほしいということだと思います。


で、話しはとびますが、僕はアドラーも好きです。

かじったくらいで詳しくはないのですが、アドラーは
「人格ではなく行為に目を向けましょう」と言います。

例えば夫に「もっと家に目を向けてよ」と言うのではなく、
「夜8時には帰ってきて」と行為を伝える。

子どもに「100点とったの?いいこね〜。」と人格を評価するのではなく、
「勉強がんばったね〜」と行為を讃える。

といった感じです。


「もっと子どもに目を向けてよ!」「向けてるよ!」「向けてないじゃない!」
というのって、不毛です。

「100点とったから、いいこなのか〜
 100点とらないと、いいこじゃないのか〜」
といったことにもならない。


実は行為とか身体の問題なのに、
人格とか性格の問題にすることで、
話しをややこしくしてしまうことって多い気がします。

「だいたいお前は」とか、「だいたいあなたは」とかね。



と書いていたら、Macの前で寝てました。
夜も更けてきたので寝ます。

この話し続きます(たぶん)


妊娠準備のための身体づくりセミナー。
既に多くのお申し込みをいただいています。
ぜひお越し下さいね。






2012年02月13日

月経リズムにあわせて精油を提案すると大変喜ばれます。

リズミカルボディ(R)トリートメントは、
宮川明子が考案したアロマテラピーによるオイルトリートメントのメソッドです。

いわゆる「常識」とは異なるアプローチもあり、
決まり決まった正解がある訳ではないことに気づかれると思います。

もともとはリズミカルダイエットという名称だった頃も。
スリミングに良いです。

卒業生の方からメッセージをいただきました。

================================

「緩める」、「集める」、「流す」、「入れる」

アロマセラピストクラスでは、あまり意識することがなかったので、
とても新鮮でした。
これを意識することにより、
施術側の姿勢、アプローチに違いが出てくるように感じました。

リズミカルボディのレベル1も含めて、
身体が本来のバランスを取り戻そうとしているような気がしました。

今まで、うまく機能していない部分を内包しつつ、
何とか帳尻を合わせていた部分があったのが、
正しいカタチに組み立てられていくようが感じがありました。

特に、体幹がしっかりしたこと、呼吸がしやすくなったことを実感しました。

あと、腹部(特に肋骨周り)がスリムになりました!


知って、体験してもらいたいのは、すべての女性。
理解してもらいたいのは、すべての男性です。

とりあえず娘は小6の時から実践してますが、
一人でも多くの方に広まって欲しいです。

============================================

3月期のリズミカルボディ(R)トリートメントクラス(レベル2)は定員になってしまってますが、
6月期は受付中。

受講には、総論・セルフケアクラス(レベル1)の修了が必要です。

レベル1は最近はほぼ毎月開講していますので、ぜひどうぞ。




2012年01月26日

『花粉症』と症状に名前をつけると、立派な病気になる。

こんにちは。マザーズオフィス三雲です。

「『花粉症』と症状に名前をつけると、立派な病気になる。」

先日の「からだの春じたく講座」の受講生の方からのメッセージです。

「季節がめぐれば、身体も変わる」が合い言葉のこのシリーズ。

今回も素晴らしいメッセージをいただきました。

===========================================

「『花粉症』と症状に名前をつけると、立派な病気になる。」

受講前日に、コトバの持つ力
(プラスのコトバにはプラスに作用する力、マイナスのコトバにはマイナスに作用する力)
があることを実感させられる講演を聞いたばかりなので、
より一層腑に落ちました。

「意識で身体が変わり、身体で意識が変わる」


夏じたくと冬じたくの講座を受けて、とても有益だったので。
冬のお風呂でのぬるま湯ちびちび飲みは効果を実感しています。


受講前と比べて意識が変化したこと、理解が深まったことは、

左右差を意識すること
 動かしやすい方を動かすと、動きにくい方も動かしやすくなる。

●手浴でちょっとした気になるところを取り除いて、
 残った不調に気付くこと
 そして、その残った不調をケアすること

触覚体験の大切さ
 自己と他者との境界線である皮膚の触覚体験により、
 意識を強くして、決断力や生きる力を強くする。

です。


「意識で身体が変わり、身体で意識が変わる」ことを実感しています。
リズミカルボディのレベル2を受けていますが、
これまで頑固に留まっていた身体のブロックが取れた気がします。

不調が完全になくなったわけではありませんが、
姿勢が変わり、気持ちが前向きになった気がします。

今日の先生のお話を聞き、
改めてアロマトリートメントの可能性について考えさせられ、
疲れている人の多い今日に、
もっとたくさんの人にアロマトリートメントを受けて欲しいと思いました。

特に息詰っている女性の方に…。

===========================================

身体が変わると呼吸=こころが変わりますよね。

思えば昨年の計画停電の「夏じたく」から始まった講座。

エネルギーシフトの時代、
「停電上等!夏にしっかり汗をかいて、夜も眠れば減る!」
という宮川先生の宣言からスタートしました。

自然の摂理に従って、
自然のリズムに寄り添って身体づくりをすると、
身体も整います。



「からだの春じたく講座」は今週土曜も若干名、受付可能です。







2011年12月05日

更年期は生活習慣のころもがえ

こんにちは。三雲です。


「 更衣」って読めます?



「ころもがえ」だそうです。


更年期クラスが始まります。

http://www.aroma.gr.jp/rhythmicalbody/changeoflife/index.html


更年期は、一生のリズムの中で、「身体が変容する、生まれ変わる時期」です。

思春期と対になっています。


でも、そもそもなんで「更」「年」「期」なんだろうと夜中に疑問に思い、

辞書を紐解いてみました。


「更」

1 新しいものと入れかわる。入れかえる。「更改・更新・更迭/変更」
2 夜を五つに分けた時刻。「三更・初更」
3 ふける。「深更」
4 (「甦(そ)」の代用字)よみがえる。「更生」


なるほど、なるほど。


更地:「更地にする」って言いますね。

更生:好ましくない生活態度が改まること。
   生き返ること。よみがえること。蘇生。(荒れ果てた休耕田を更生する。)
   あいつは更生したとか、会社更生法とかもそうですね。

更改:古いきまりやしきたりなどを新しいものに変えること。
   既存の債務を消滅させ、これに代わる新しい債務を成立させる契約。「契約を―する」

更正:まちがいを直すこと。
   税務申告を間違えたときに更正するとか。


まっさらの布の「さら」は「新」ですが「真更」とも。



なるほど、なるほど。


つまり、「これまでのものごとを(しかも少しよろしくないもの)、ふさわしい状態にする」というイメージでしょうか。


お。更年期とつながった。

「年」の語源は「穀物の収穫サイクル」。

「穀物」=生きるための生活そのものですよね。

「更年期」は、
これまでの生活(しかも少しよろしくないもの)を一度、あたらめて本来の状態にする時期。

「更年期」と名付けた昔の人はわかってたんですね!

ですか?違うかな?でも、

季節の変化にあわせて、これまで身にまとっていた「衣服」をあらためる「ころもがえ」の時期のように、
身体の変化にあわせて、これまで身にまとっていた「生活習慣」をあらためる時期。
それが「更年期」と考えてみましょう。

身体が変われば、それにあわせて生活を変えた方が良いですよね。

夏の衣服をたたんでしまって、冬の衣服を出す衣替え。

毎年結構大変な作業ですが、寒いのにいつまでもTシャツじゃあ、風邪をこじらせるってもんです。


たまに取材などで「更年期に効く精油はありますか?」というご質問をいただくことがあります。

でも、更年期=更年期障害ではありません。

漠然とおそれているより、まずは自分の身体をキチンと理解することから始めましょう。

じゃあ、どう見直すか。一緒に考えましょう。

お待ちしています。
http://www.aroma.gr.jp/rhythmicalbody/changeoflife/index.html









2011年11月12日

リア充

安達先生からのメッセージです。


先日、12歳の娘が聞いてきました。

「ママ、リア充って知っている?」

「知ってるよ。リアルな世界が充実してるってことでしょ?」

すると「よく知ってたね。」と娘。

「あら、だってママはリア充だもの」と言ったら、

娘は『ちっ、何にもわかってないなあ』という顔をして行ってしまった。

仕事と家事で毎日バタバタしている、

顔のしわや髪のパサつきが気になるおばさんの、

どこがリア充だと言いたいのだろう。

ちまたの若い子の間ではやっている「リア充」という言葉。

わかってますとも。

朝起きると朝日が気持ちよくて、昼は仕事や趣味に忙しく、夜はぐっすり眠れる。

食事が美味しくて、痛みや不快なことがなく、快便。

「リアルの世界が充実している」ってことは、こういうことでしょ?

ママは超リア充なんですけど・・・

今、娘にそういうことを言っても「そうじゃなくて・・・」と言うに決まっている。

そうでしょう。まだわかるまい。

けれど、それが本当のリア充なのだと伝えていきたい。

そう、すべての女性にも、

リズミカルボディの授業をとおして伝えていきたいと思っています。

http://www.aroma.gr.jp/rhythmicalbody/index.html

2011年10月31日

苦手だったホルモンがなんだか、良いやつなんだって思えるように

こんにちは。マザーズオフィス三雲です。

リズミカルボディ(総論・セルフケアクラス)を受講された方の声をご紹介します。

========================================================
●印象に残った言葉や考え方
「骨盤の開閉が身体の弾力をつくる」 → 女性の身体のしなやかさ → 若さに繋がる

今まで、自分が女性の身体について余りにも無知だったこと、
自身の身体を大切に扱ってこなかったことに気づき、愕然としました。
もっと、身体の声に耳を傾けてあげないと可哀そうと思うようになりました。

これから出産をされる方に、そして更年期を迎える方に、
意識や生活を少し変えることで、
楽に乗り切れる秘訣があるということをお伝えしたいと思います。


●苦手だったホルモンがなんだか、良いやつなんだって思えるようになったのです。
セルフケアを学び、日頃の手当ての大切さ意識がいかに重要か身に染みました。

================================================

受講後にわざわざご自宅からメッセージをいただけることのありがたさと言ったら。。。。
本当にありがとうございます。

ご自身の身体に興味が持て、身体を大切にしようという意識が身に付く。
そこから、自分の身体を自分でケアするという習慣が身に付くのだと思います。


リズミカルボディの先生からは、
「女性同士とはいえ、かなりプライベートな部分を共有しあうわけで、
 これはリズミカルボディの考えがあってこそ、自然な形で成り立つものだなぁと。
 だからこそ、深い時間になるんでしょうね。」

とおっしゃってました。


リズミカルボディはもともと、
リズミカルセラピーとかリズミカルダイエットという名称で10年以上前に、
教育活動を始めました。

当日はセラピストの方やエステの方など、いわゆるプロ志向の方の需要がほとんどでしたが、
今では一般の方が「からだ作り」のために受講される方が本当に増えました。

ある意味素晴らしい時代になってきたなあと思います。

横浜校の12月期土曜クラスに続き、中野校の1月期月曜クラスも新設しました。
http://www.aroma.gr.jp/rhythmicalbody/selfcare/index.html

まずは受講するかどうか、検討したいという方は1Dayセミナーからどうぞ(2000円)
http://www.aroma.gr.jp/oneday/index.html#rbt

そのほか、睡眠クラスに、冬じたくに、春じたくなどなど。
http://www.aroma.gr.jp/rhythmicalbody/index.html

リズムを通じて身体を整えましょう。













2011年10月27日

身体の不調に予兆の段階で気づいて ケアをはじめていたら....

こんにちは。マザーズオフィス三雲です。

現在、妻がリズミカルボディでいうところのB期(卵胞期)で、

すごぶる調子が(機嫌が)良いです。

いやー、B期は、我が家の男ども(夫と長男、次男)のリラックス期ですわ!
(つかの間の)


さて、リズミカルボディのセルフケアクラスの受講生の方から、

素晴らしいメッセージをいただきました。

==============================
今年は 震災以降 体調がおかしくなりはじめ

女性の身体は 本当にちょっとしたきっかけで

リズムをくずしてしまうことがあるんだなぁと感じる一方で、

リズミカルセルフケアのクラスに参加させていただき

いつもより ほんの少し手をかけてあげることで

身体が持っている本来の力が引き出され

よりよい方へと身体 自らが変わっていくことも実感いたしました。


そして もし 身体の不調に予兆の段階で気づいて ケアをはじめていたら

トラブルとなってあらわれる前に

未然に防ぐこともできたのではないかと思いました。

わたし自身も 自分の身体のケアをしつつ

普段から身体の声を聴いてあげることや、

予兆に気づいて予防できることの大切さを

たくさんの方にお伝えしていけたら と強く感じました。
==============================

本当にありがとうございました。

受講された方の身体や生活が変わり、少しでも生きやすくなることは、

僕たちがスクールを行っていることの「生きがい」でもあります。

本当に嬉しい限りです。


僕たちは教育のチカラを信じています。

卒業生の皆様も、どんどんお伝えください!

リズミカルボディは、久しぶりに横浜校です。

http://www.aroma.gr.jp/rhythmicalbody/selfcare/index.html

受講検討中の方のための1Dayセミナーも、今回は定員間近です。


http://www.aroma.gr.jp/oneday/index.html#rbt

●横浜校 10/29(土)10:00-12:00
●横浜校 11/19(土)10:00-12:00

ぜひどうぞ!

2011年07月05日

汗ばむ感覚が戻ってきた。もっと汗のかける身体をめざしたい。

からだの夏じたく講座の受講生の方からメッセージをいただきました。

本当にありがとうございます!


●受講したきかっけを教えていただけますか?

宮川先生の講座はいつもためになる情報と気付きをくれるので。
また、汗がかきにくい身体を自覚していたので、
汗のかける身体作りに興味を持っていたからです。


●受講前と比べてどうでしょう?

汗をかくこと、夜は暗くすること、
早起きすることの大切さがよくわかりました。

受講前は、「二度寝大好き、集中するときは夜更かし」の習慣がありましたが、
受講後はこの習慣を見直そうと思いました。

以前、夏に月経の量が増えることを相談したときに、
「夏はホルモンが乱れやすいので」と言われました。
なぜなのか、ずっと疑問だったのですが、
夜暗い時間が短いため、卵巣が休めないからだったのか
と思いました。長年の疑問が解決できて、すっきりしました。


●他の方に伝えたいことはありますか?

暗いと卵巣が休めること。
卵巣の休ませ方があるなんて、思いもしなかったので。

汗をかくこと、夜は暗くすること、早起きすることがどうして大切なのか。
大切なのはわかっているけれど実践できない人も、
理由が分かれば、実践できるようになると思うので。

また、平均や一般的なことに縛られたり、
こうしないといけないということではなく、
人それぞれに向いているやり方を探すこと。


●最後にメッセージをお願いします。

去年までは汗がかけなかったはずなのですが、
今年は汗ばむ感覚が戻ってきたような気もするので、
今回の受講を機にもっと汗のかける身体をめざしたいと思います。

宮川先生の、身体と自然についての理解の深さに改めて感服しました。
骨と身体の関係もとても興味深く、もっと知りたいと思いました。

カルテ提出を後回しにしても、受講した甲斐がありました。
どうもありがとうございました。
ホームワークは、脱二度寝を頑張ります。


●ありがとうございました!



からだのこと、整理された情報を、体系的に学びたい方は、
インストラクタークラスがお勧めです。

7月期の週2クラスは7/11スタートです。

夏期集中講座は、定員になりそうな勢いでもあります。


検討中の方はぜひどうぞ。


また、月経リズムにあわせたセルフケアならリズミカルボディです。
こちらは目的別に学ぶという方に。



今日も暑かったですが、汗をかけてラッキーということで!
夏らしい身体づくりを目指しましょう。





2011年07月04日

節電、停電、おおいに結構!汗かいて夜キチンと寝るっ女性が増えれば月経痛も減るんじゃない?

こんにちは。三雲です。

土曜日は「からだの夏じたく」講座でした。

直前の告知にもかかわらず、

とても多くの方にお越しいただきありがとうございました。


「節電、停電、おおいに結構!

 汗かいて夜キチンと寝るっ女性が増えれば月経痛も減るんじゃない?」

という言葉が象徴するように、

この夏だからこそ、夏らしく過ごして、

「夏らしい身体」を取り戻しましょう。

というクラスでした。


暑いし、汗かくし、冷房もガンガンきかせられないし.....と夏を「乗り切る」のではなく、

汗かけるし、腎臓休めるし、

毎年、スーツ着てる男どもが、冷房の設定温度を下げるけど、今年はできないから身体も冷えないし、

電車の冷房も控えめで、汗の内攻もおきないし、

今年、節電で既成事実つくっちゃえば、来年以降もエネルギー量、これでいける!

「夏らしいからだ」も手に入って一石二鳥!

そんなきかっけになればと思っています。


機会があれば、またやりましょう。


自分の備忘録も兼ねて、

当校のツイッターの言葉を拾っておきました。


●「ニワトリだって卵を温めます。卵巣を冷房で冷やさないで」


●「夏らしく過ごすのは気持よいこと」。
 今年、それを実感できれば、今後のエネルギーの使い方の道筋にもなる。


● 「お風呂は何分入ると良い?」「汗をかくまで。人によって違うから。」

●今日も暑いです。汗がかけてラッキー!と考えを改めてみましょう。
  排泄器官としての皮膚を使うことで、腎臓を休ませる季節なのです。


●現代の子どもは、冷房で汗腺が十分に開いていなくて、
 熱中症になりやすいという話しをどこかで聞いたのを思い出した。


●企業で激務のドイツ人女性と、日本人女性。
 宮川先生と一緒にマダガスカルで、電気のない生活。
 夜は寝て早起きして、たくさん汗をかいて。。。。
 「宮川さん!生まれて始めて生理痛のない生理がきました」

●怖いのは暑さではなく、汗の内攻です。

●例えば、梅雨は下痢を止めよう!ではなく、
 下痢もできない鈍った身体をどうにかしようという発想。
 下痢は身体から排泄してくれる大切なはたらきですから。

●日中酷暑で夜は寒い。
 だとしても、私たちの体温は36度をキープしている。すごいことです。

●そして、気温に関係なく、基礎体温は、排卵後には必ず高くなる...はずですがどうですか? 

●欧米の平熱は37度以上。 意外と知られてないのでは? 
 基礎代謝量が違えば、身体づくりのアプローチも変えないと。
 海外の情報をそのまま当てはめずに、目の前の身体にキチン耳をすまそう。

●汗をかけない身体とはどんな身体?

●冷房で汗がひっこむ。今日何回体験しましたか? 
 首筋から入る冷え。これは避けたい。
 1枚スカーフをするだけでも違います

●汗をかけない身体とは。胸椎5番をみてみましょう。

●夏じたくの一つが「無理をしない」です。
 ちょっと休もうよ、という身体からのメッセージです。


●受験生のお子さんについての質問に対して、宮川
 「子供をマダガスカルに留学させましょう。ブレーカー切ったら?」(笑)
 刺激のない生活を。



夏じたく講座は一旦終了ですが、
身体のリズムはリズミカルボディ(R)セラピースクールへどうぞ。

http://www.aroma.gr.jp/rhythmicalbody/index.html


あと、身体のこと、キチンと学びたい場合は、インストラクタークラスです。

何より、当校の一番土台となるクラスなので。

7月期と、お盆の夏期集中講座を最終受付中なのです。

http://www.aroma.gr.jp/info/summer/index.html



2011年06月24日

停電?大いに結構。月経痛も直る!



先日の講師会議で、
宮川先生が、また、永遠の真理を述べました。

それは......

「知ってる?夏はね、暑いの」

です。

ぐーのねも出ませんですわ。

はい。夏は暑いです。冬は寒いです。

リズミカルボディ(R)的にみると、

冬はエネルギーを蓄える季節。
夏は汗をかいて、
皮膚の排泄機能を活性化して、
腎臓を休める季節。

この呼吸のように繰り返されるリズムが、
私たちに宿る、「四季の身体のリズム」です。


ところが、夏に汗がかけない、
もしくは、冷房で汗がひっこむと、
汗が内攻します。

これが女性には大敵!
身体に大きな影響を与えます。

ということで、夏は汗をかく。
これはとても大切なことなのです。


講師会議ではこんな会話もありました。

中安先生
「停電はさ、災害じゃないでしょ。
 節電に協力しようということだよね。」

宮川先生
「そうそう。停電、多いに結構。
 しっかり汗かいて、夜もちゃんと寝る女性が増えれば、
 月経通も直るんじゃない?」


ということで、いまこそ智慧を絞って、
夏を乗り切りましょう。



先日、宮川先生が月刊クーヨンの
「この夏、非電化育児宣言!」
という特集に記事を寄せました。

「宮川明子さんおしえて!
 『自然療法的•涼しいからだづくり』」


エネルギー問題でいうと、
大きなリズムの転換期にいる僕たち。

すぐに冷房を止めるのは難しいけど、
今年、うまくいけば、
今後もこの線でいける!ということ。
これからの生活のスタンダードになるかもしれないのです。

ということで、身体を慣らすつもりで少しずつ、
智慧を絞って乗り切りましょう!

皆さんはどんなアイデアがありますか?


リズミカルボディ(R)からだの夏じたく講座を、急遽開催します。
http://www.aroma.gr.jp/rhythmicalbody/natsujitaku/index.html



身体のこと、アロマテラピーのこと、専門的に学びたい方、
そして、健康観をキチンと身につけたい方は、

インストラクタークラスもどうぞ。

http://www.aroma.gr.jp/aroma/instructor/index.html

当校のコア。中心を担うクラスです。


夏期集中講座も最終受付中です。早割は6/30まで!
http://www.aroma.gr.jp/info/summer/index.html





 

2011年06月03日

月経はガマンすることではなく、上手に付き合っていけるんだ

こんにちは。三雲です。

いつもアンケートをありがとうございます。
今回も卒業生の方から素敵な言葉をいただきました。


====================================
他校でアロマセラピストの勉強をしていましたが、

通っていたサロンのセラピストの方が、「アロマテラピーの学校」の卒業生の方で、

いろいろお話をうかがっているうちに、興味を持ちました。

受講前は、骨盤の開閉についてはもちろん、

月経のリズムについても、ほとんど意識しない生活をしていました。

月経にまつわる不調に振り回されつつも、

「ガマンすればいい」という考えで過ごしていました。

ですが、本来の生体のリズムを知り、

少しずつそれに沿った生活を心がけるようになりました。

月経リズム、骨盤の開閉リズム、生活のリズム、

これらを意識していくことは、とてもシンプルなことですが、

意識することで自分の身体の中での気付きはとても多く、

今までよりもずっと自分を大切にできるようになったと思います。

月経はガマンすることではなく、

上手に付き合っていけるんだという気持ちの変化はとても大きかったです。

身近な友人の中にも、月経にまつわる不調を抱えていながら、

自分ではどうしたらよいのか分からないという人が多く、

特に、夜遅くまで働いていたり、ストレスをためているような人が多いので、

月経リズムと骨盤の開閉リズムについて知ってほしいと思いました。

授業の中で学んだセルフケアの方法は、

自分でもとても効果を実感しているので、お勧めしたいです。

====================================

皆様、いつもありがとうございます。

横浜校では土曜日の6月期リズミカルボディを最終受付中です。

エネルギー問題も含めて、自然のリズムに寄り添ったライフスタイルが求められる時代になりました。

ぜひ多くの方に知っていただきたいと思っています。

貴重な土曜日の午前クラスですので、この機会にぜひどうぞ。


■横浜校 6月期土曜 全6回 6/25-8/6(7/30を除く)10:00-12:30(受講料42,000円)
【概要】
http://www.aroma.gr.jp/rhythmicalbody/selfcare/index.html
【申込】
http://www.aroma.gr.jp/form/index.html

2010年12月16日

リズミカルボディ1dayセミナー

こんにちは。マザーズオフィス 荒川です。
今日の東京はとても寒いです!いよいよ冬も本番ですね。

先日、茗荷谷校でリズミカルボディの1dayセミナーがありました。
1dayセミナーはクラスの受講を検討中の方に向けて、
そのクラスのエッセンスを2時間でご紹介する講座です。
定員を超えるお申し込みをいただき、
お席をご用意できなかった皆様、申し訳ありませんでした。

数年前、私がインストラクタークラス&アロマセラピストクラスの受講生だった頃、
「縁があってこの学校に通う事になったから、ここのオリジナルのものを学んでみようかな」と
軽い気持ちでリズミカルボディセラピークラスを受講しました。
学んでみて初めて、生理前にイライラしたり、怒りっぽくなったりするのが
ホルモンのしわざだということを知りました。

なーんだ。そういう仕組みだったのか。

イライラしたりするたびに自己嫌悪に陥っていたのが、
「今はそういう時期だから」と、管理できるようになりました。
とっても気持ちが楽になりました。
身体のことに興味がわき、いろんなことを勉強したくなり
そして今に至ります。

そんなことを思い出すような、ご感想をいただきましたのでご紹介します。

「体のリズムがとても美しいものに感じられました。
 人工的な環境の中でも、より自然に、心地よく暮らす方法があるとよく分かり
 嬉しく思いました。
 とても和やかで楽しいクラスで、知識を得た以上に、体に対するワクワクや敬意を
 感じる時間になりました。
 ありがとうございました。」

こちらこそありがとうございました。

今週末、12月18日(土)のリズミカルボディ1dayセミナーはあと少しお席があります。
もしご都合が合えばぜひご参加ください!
http://www.aroma.gr.jp/oneday/index.html#rbt 
 

2010年10月16日

深夜の通信販売TV風に「こんなことあるんですね!何もしないで8kg痩せました!」


 ↓ 深夜の通信販売TV風に

「何もしないで8kg痩せました!」

「驚きですね〜三雲さん。その秘密は何ですか?」

「はい。計るだけダイエットです。」

ということで、こんにちは。三雲です。


今年の2月から実践している「計るだけダイエット」
別名 死なないぞダイエット

途中経過の報告です。


diet.gif


縦軸が体重ね。一目盛り1kgです。

実数は恥ずかしいから内緒。(自意識過剰なぼく)

8か月8kg減!

6月〜8月頃はひどいけど。

8月末とかに大熱を出した時、3日くらい絶食状態だったので、そこでググっと下がってキープしてます。

ちなみに運動とか、食事制限とか一切してません。

好きなラーメンも食べてるし。




やったことは、たぶん、無駄に食べなくなった。

それと、ラーメンとか美味しく食べて上がった翌日は、

「明日も体重上がるのイヤだから今日はおにぎりだけにしよう」とか、

本当にちょっとしたことの積み重ねだと思います。


で、結論は、

「前が食べすぎだったんじゃん」

ということ。とほほ。



ちなみに和英辞典で「食生活」をひくと、dietなんですよね。

まさに食生活。

ドグマになると続きません。

少し手をかけてあげるだけで、身体が確実に変わるんだなあと。


ここでリズミカルボディの1Dayセミナーの声をご紹介。

『今まで男の人は生理がなくてズルイ!

 うらやましい!と思っていたけど、

 セミナーを受けて、生理という『ゆるむチャンス』がある女に生まれて

 よかったと思いました。』


リズミカルボディでは、痩せるチャンスもあります。


女性はズルイ!うらやましい!。。。のか!?



http://www.aroma.gr.jp/oneday/index.html#rbt


2010年09月14日

身体がヨロコブ

こんにちは。マザーズオフィス三雲です。

リズミカルボディを受講してくださった方から、

とても素敵なアンケートをいただきました。


『月がそうさせているのか、

人間がそれに従っているのか、

人間と自然(宇宙)とのつながりを感じました。

身体の反応はとても素直で正直で、

クラスで教えてもらったストレッチやオイルトリートメント等で自身のケアを行うと、

喜んでいる自分の身体に気づくことができました。

受講以前より身体の声を聞けるようになったと思います。』


アンケート、本当にありがとうございます。

僕たちの励みです。



リズミカルボディ1Dayセミナー
『ホルモンのリズムと月のリズム』
【概要】http://www.aroma.gr.jp/oneday/index.html#rbt


リズミカルボディセラピークラス
【概要】http://www.aroma.gr.jp/rhythmicalbody/index.html


眠りと目覚めのリズム
『アストラルスリーピング』もどうぞ、

【概要】http://www.aroma.gr.jp/school/astral.html
【日程】http://www.aroma.gr.jp/school/class.htm#astralsleeping

2010年06月03日

菌が繁殖する梅雨に、抗菌作用のある梅がなる。リズムのしわざです。

こんばんは。三雲です。

今年は梅を3kg注文しました。

日本には四季のほかに梅雨という季節がある。

と言ったのは誰だったでしょうか。

ジメっとした季節に、抗菌作用のある梅がなる。

毎年、毎年、梅雨がきて梅がなる。

リズムのしわざです。


マザーズオフィスには、カラダのリズムに関する講座がたくさんあります。

短期的なリズムは、眠りと目覚めのリズムの、アストラルスリーピング
中期的なリズムは、月経リズムと四季のリズムの、リズミカルボディ(R)セラピー
長期的なリズムは、惑星のリズムの、西洋占星学

マタニティタッチは、生命が宿ってから生まれるまでのリズムに則したメソッドだし
アロマテラピーの学校や、ベースオイル塾は、植物のリズムを取り入れるメソッド。
分子レベルでリズムを刻んでいるんだ〜と気づくのは精油の化学でしょうか。

最近、何かの拍子に、こんなサイトをみつけました。

太陽を中心に惑星のリズムが奏でるリズム。

http://www.whitevinyldesign.com/solarbeat/

リズムは美しい!


こうやって規則正しくリズムを刻んでいる、
太陽系の中の、
地球の中の、
日本の中の、
人間。


その中に、されに規則正しくリズムを刻んでいる、
ホルモン、
皮膚のターンオーバー
骨盤の開閉
呼吸
鼓動

身体は規則正しいリズムを望んでいる。

のが自然。

まずはリズミカルボディの1Dayセミナーからいかがでしょうか。

http://www.aroma.gr.jp/oneday/index.html#rbt

参加された方の声に

『女性として現代社会で「良し」とされていることが、自分には合わないのでは?無理がきかないな、と最近思っていました。』

というものがあります。


頭で考えること、自分の内側から感じること。


無理がきたら、後者を意識するだけでも、身体が変わっていくと思います。

7月期リズミカルボディセラピークラスはキャンセル待ちですが、6月や8月もありますのでぜひどうぞ。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。