2011年03月12日

参考サイト

シンプルかつ必要な情報が集まっています。

http://www.google.co.jp/intl/ja/crisisresponse/japanquake2011.html

緊急用ダイヤル
警報・注意報
災害掲示板
避難所情報
運行状況
停電情報

http://savejapan.simone-inc.com/
posted by mothersoffice at 16:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

皆様、ご無事でしょうか?

皆様、ご無事でしょうか。

当校では、各教室とも、皆さんご無事でした。

ご帰宅中に避難所で一夜を明かした方もいらっしゃるかと思います。

余震が続いておりますのでとにかくお気をつけて。

本日の授業は、安全のため、すべて休講となります。
posted by mothersoffice at 06:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月11日

背中がおまんじゅうのよう

初めての方のためのタッチ&トリートメントクラス。

またまた素晴らしいアンケートをいただきました。
ここにいただいたメッセージは、
全てのアロマセラピストの方の備忘録となると思います。

**************************************************

一日の講座でしたが、
沢山の大切なことを教えていただきました。



●気をつけること

トリートメントする際に気をつけなければと
漠然と思っていたことが、

「相手の身体を尊重する」
「緊張と戦わない」など、

正しい言葉で示していただいたことで、
しっかり意識に刻みこめた気がします。



●柔らかな手

柔らかな手、ということでしたが、
先生に"もたれる圧"をかけてもらったときに、
固いはずの自分の背中が
おまんじゅうのよう(!)に
柔らかいものに感じました。
触れ方で、こんなにも感じが変わるのかと大変驚きました。




●手を離したあとの感覚

手を離したあとに揺れが広がっていく感覚も
今回初めて体験しましたが、
非常に心地よくて、
トリートメントの新しい楽しみ方を発見した気分です。



●正しい姿勢

施術で「頭が下がっているので上に上げて」と言われ、
そのとおりにした時、
力みが消えて身体が動きやすくなるのを感じました。
正しい姿勢をとることで
これほど自分への負担が変わるのだなと実感しました。



●これから触れることをタッチで知らせる

これから触れることを
軽いタッチで知らせ、
部位が移るときも間をつなぎ、
流れを作っていくなど、
触れる場所に対しての気遣いを随所に感じました。

「相手の身体を尊重する」とは、
そういう気遣いや行為につながる
ことがよくわかりました。



●もっとうまくやれる方法がある

「やりにくさがあったときには、何かもっとうまくやれる方法がある」

というのは、トリートメントにおいてだけではなく、
生活全般に当てはまることだなと思いました。
この意識をいつも忘れないようにしたいです。



●身体の声に耳を傾ける

もともと距離感を取るのが苦手で
タッチングも大丈夫かなと心配だったのですが、
相手の身体の声に耳を傾けることを意識したら、
あまり構えずにできました。



●相手を変えようとするのではなく

触れ合いを通して、相手を変えようとするのではなく
相手の状態に合わせることの大切さも学んだ気がします。


**************************************************

アンケート。ありがとうございます!

文字に記して、記録に残すことは、
考えを整理し、自分に定着させるために役立ちます。
ここまで素晴らしく簡潔に記載していただき、ありがとうございます。
素晴らしいです。


http://www.aroma.gr.jp/school/touchandtreatment.html

posted by mothersoffice at 21:37| Comment(0) | タッチング&トリートメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月27日

長く役立つ学び

こんにちは。
アロマテラピーの学校の中安です。

今朝、同じ学校の大山先生と
僕が受けたトレーニングの話になって
そのなかで良い先生ってどんな先生なんだろう?
ということになりました。

最近の僕はボディトリートメントやタッチング関係の授業が多いのですが
そのなかでどんなふうに
みんなに伝えたら良いのだろう!
この感覚をどんなふう伝えよう!
という教え方に興味があります。

ただ「教え方」というのは講師の視点であって
授業の受けるみなさんの視点ならば
それは「何を受けとったのか」だと思います。

それは
分かりやすい情報を受けとった
ワクワクした
なるほど!と感心した
他では得られないことを学んだ
先生の体験談を聞いた
…などなどいろいろです。

良い先生というのは一言では語れないと思うけど
僕にとっては
世界を広げてくれる人
長く役立つ学びを教えてくれる人です。

僕もこれまでたくさんの先生たちに
出会ってきましたが
印象に残っているのは
その先生には世界があり
先生が示してくれたことは今も役立ち
僕がひとりになってからも
その学びは続いているということです。

そして僕も
そんな授業をしたい、
同じ体験を伝えたいと思っています。

posted by mothersoffice at 11:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月16日

リズミカルボディ1dayセミナー

こんにちは。マザーズオフィス 荒川です。
今日の東京はとても寒いです!いよいよ冬も本番ですね。

先日、茗荷谷校でリズミカルボディの1dayセミナーがありました。
1dayセミナーはクラスの受講を検討中の方に向けて、
そのクラスのエッセンスを2時間でご紹介する講座です。
定員を超えるお申し込みをいただき、
お席をご用意できなかった皆様、申し訳ありませんでした。

数年前、私がインストラクタークラス&アロマセラピストクラスの受講生だった頃、
「縁があってこの学校に通う事になったから、ここのオリジナルのものを学んでみようかな」と
軽い気持ちでリズミカルボディセラピークラスを受講しました。
学んでみて初めて、生理前にイライラしたり、怒りっぽくなったりするのが
ホルモンのしわざだということを知りました。

なーんだ。そういう仕組みだったのか。

イライラしたりするたびに自己嫌悪に陥っていたのが、
「今はそういう時期だから」と、管理できるようになりました。
とっても気持ちが楽になりました。
身体のことに興味がわき、いろんなことを勉強したくなり
そして今に至ります。

そんなことを思い出すような、ご感想をいただきましたのでご紹介します。

「体のリズムがとても美しいものに感じられました。
 人工的な環境の中でも、より自然に、心地よく暮らす方法があるとよく分かり
 嬉しく思いました。
 とても和やかで楽しいクラスで、知識を得た以上に、体に対するワクワクや敬意を
 感じる時間になりました。
 ありがとうございました。」

こちらこそありがとうございました。

今週末、12月18日(土)のリズミカルボディ1dayセミナーはあと少しお席があります。
もしご都合が合えばぜひご参加ください!
http://www.aroma.gr.jp/oneday/index.html#rbt 
 

2010年12月09日

明日のお土産。。。

いつもお世話になっております。
マザーズオフィス 戸張です。

明日はからだの自然塾です!最終受付中です。

宮川が元気に帰国して、エネルギー満タンです。
心してご参加くださいませ 笑

今回のテーマは、アンチエイジングと若返り!
そしてお土産は、なんと宮川特製の若返りクリームです。

たった今出来上がりました〜
宮川クリーム.jpg

コラーゲン
エラスチン
プラセンタ
ヒアルロン酸

ローズウォーター
マダガスカル産のイランイラン精油(最高に幸せな香りです♪)

そして魔法のエキス入りです。
クリーム.jpg

今年最後の自然塾。
今回もご参加いただく方にとって深い学びと笑顔が生まれる時間になりますように。
会場でお会い出来るのを楽しみにしております。
お気をつけていらしてくださいませ。

宮川明子 からだの自然塾
http://www.aroma.gr.jp/school/miyakawajuku.html
posted by mothersoffice at 13:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月03日

人と関わることが怖かったのかなあ、

こんにちは。三雲です。

とっっっても素敵なアンケートをいただきましたのでご紹介します。

触れること、学ぶこと、人との関係など、

とても多くの示唆にあふれています。

アンケート。本当に、本当に、ありがとうございます。


*********************************************
初めての方のためのタッチ&トリートメントクラス 受講アンケート

現在インストラクタークラスを受講しています。
9年前、他校でインストラクター対応クラスを受講したのですが、
そのトリートメントクラスで、人の体に触ることが怖い、と感じてしまい、
試験も受けず、アロマテラピーから遠ざかってしまった経験があります。

今、改めてこちらの学校でアロマテラピーを学びなおしていますが、
その経験がどうしてもひっかかっていいました。

「初めての方の」というタイトルに惹かれて、
まずはこのクラスでトリートメントを体験し直したい、と思いました。



身体に触れる前に中安先生から
触れる人と、触れられる人の感じ方についての話を聞いて、
着衣のまま、触れることから始まりました。

緊張はあったものの、怖いという感じ方がなかったのが
終わった後あらためて驚きました。

どう感じるのか、どう触れて欲しいのか、
相手に聞きながら、それを意識しながら触れていくこと、

語ること、聞くこと、感じること、
触れる人と、触れられる人の関わりが、
よいトリートメントの時間を生んでいくということが、
普段の人間関係と同じだなあと思ったり、
より濃厚に存在するのがタッチ、トリートメントなのかなあと思いました。

人の身体に触れて怖いと感じた時の私は、
人間が、人と関わることが怖かったのかなあ、と思いました。



疲れて誰とも関わりたくない、関わる気が持てない、と感じている人が、
トリートメントを受けたいと思い立った時に、
人の手ってあったかいな、とかあたたかいと感じる自分を嬉しく思えるようなボディワーク、
関わりを持てるようになれれば、と思いました。


学びたいと思っている人と一緒に学ぶということのは、
なんて楽しいのだろうかと、今日も思いました。


中安先生の熱い!という感じでもなく、
淡々というわけでもないような
不思議な感じがとても心地よかったです。

インストラクタークラスで
色んな講師の方の授業を受ける時にも同じような感覚を持つのですが、
うまいとかへたとか、いいとか悪いとかを判断されていないというか、
とてものびのびと、いられます。

質問にも真摯に応えてもらい、
もっと知りたい、学びたいという気持ちがわいてきます。

もたれる圧、中心軸と円、柔らかな手をつくる、
自由な腕、手で歩く、など、言葉がとても新鮮で面白く感じました。

レジュメをさっとみてなんだろう?
とわくわくして実習で実際の‘もたれる圧‘を経験してほーっと思いました。

それについてまた言葉にしてどう感じたかを伝えることで、
身体と頭がつながっていくような気がします。

状況や起こっていること、感じたことを言葉で表現すること、
言葉で聞いたことを経験すること、という繰り返しが面白かったです。
どちらの過程も、どんどん経験することで、洗練されたり磨きがかかっていくのかと思うと、
果てしなく希望や喜びが広がっていくような、嬉しい気持ちになりました。

今日学んだことも、誰かにしてみたい、と思います。

着衣のままやホホバオイルでこんなに気持ち良いのに、
香りまであるトリートメントって、なんて贅沢なんだろうと思いました。

*********************************************

いかがでしたか?
とても多くの宝物のようなメッセージにあふれています。

学校のことを皆さんに知ってもらいたい!
と思って仕事をしています。
それはとても幸せなことです。


でも、皆様からのアンケートの方が、
キチンとそれを伝えていただけています。

いつも、たくさん記載していただいて本当にありがとうございます。

僕たちの励みです。

●タッチ&トリートメントクラス
http://www.aroma.gr.jp/school/touchandtreatment.html

●ボディトリートメントポリシー
http://www.aroma.gr.jp/school/treatmentpolicy.html


posted by mothersoffice at 20:13| Comment(0) | タッチング&トリートメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月25日

リズミカルボディフード特別セミナー「出汁編」 終了しました

こんにちは。マザーズオフィス 荒川です。
先日、リズミカルボディフードクラス 特別セミナー「「出汁編」が行われました。
ご受講くださった皆様、どうもありがとうございました。

安達先生の普段使いのテクニックを教えていただいたり、
安達先生とっておきの素材を味見したり、
出汁と、インスタント調味料との味比べをしたり。
最後は出汁を使ったお味噌汁や湯豆腐などを
美味しくいただき、身体も心もほかほかになりました。

受講生の方からいただいたアンケートをご紹介します。
「ホンモノは感動があって、幸せになる。
 ホンモノを感じる(楽しむ)感受性を育てるには、ホンモノを!
 家で食事を作る人は、家族の生活リズムを見て作る。
 昔のお母さんは家族の一人一人を見て、食事や味付けを変えていた。
 という言葉がグッときて、そうしていきたいなと思った。」

私も家に帰り、昆布と煮干しで出汁をとり、
カブと油揚げの煮物と、キノコのお味噌汁を作りました。
自分のために、家族のために、生活リズムにあった食事を作る。
ホンモノを使って、ほんのちょっぴりの手間をかけて、美味しいものを作る。
これって愛だな〜。としみじみ思いました。

posted by mothersoffice at 17:10| Comment(0) | 食生活(リズミカルボディフード) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月20日

シートン動物記 ファーブル昆虫記

こんにちは、マザーズオフィスの大山です。

少し前から、息子が保育園で聞いてきた、「オオカミ王ロボ」の話をするようになりました。

ロボといえば、そう、シートン動物記ですね!

わたしも小学生の頃、シートン動物記やファーブル昆虫記を夢中で読んでいた瞬間がありました。

…が、全然内容を覚えていません!ファーブル昆虫記の「フンコロガシ(という文字)」以外は!

そういえば実家に、親戚からもらった本がまだ残っていたはずです。

帰省の際に探してみました。

ありました!じゃーん!
2010101310420001.jpg
立派なケース入り。

私が生まれる何年も前に印刷された本です。

この仕事を始めて、生き物の身体や自然について、いつも考えるようになってから読むこの本は、すごーく面白いです。

分厚い本、そして実家にいるときに読むことにしているので、まだ読破できていませんが、
野性の動物の中に潜む自然、そして植物や季節に寄り添って生きている昆虫たちのお話には、子供のころとは違う感動を覚えます。

またこの本に至ってはあとがきも素晴らしい!(あとがきを先に読む癖が…)

アロマテラピーを勉強するみなさん、秋の夜長に(もう冬ですね)この一冊はいかがでしょうか?
posted by mothersoffice at 18:00| Comment(0) | 今日の一枚。今日の1冊。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月18日

この秋の思い出

こんにちは、マザーズオフィスの大山です。

この秋、生まれて初めて乗馬を体験しました。

2010101214080000.jpg

ポニーのアイちゃんです。

かわいかった…。馬主の方に直接乗せていただいたので、ちょっと小走りまでしてもらいました。ふりおとされそうになりながら…。

乗馬のあとも身体をきれいに洗って、拭いて、一通りお世話を体験させてもらいました。

お休みだった乗馬クラブの中を移動中も、そこらへんの雑草をムシャムシャ食べていたアイちゃん。

余分な贅肉もなく、馬ってなんてきれいなんだろう…。身体を洗いながら思いました。温かく手触りも気持ちいい!

そして、馬屋も全然臭くない!さすが、草食ですね!人間も草食だと全然トイレも臭いませんね。

2010101213340000.jpg

しばらく全身筋肉痛でしたが、楽しかったです。

また来年もよろしくお願いします。
posted by mothersoffice at 16:00| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

医療と自然療法の境界線

こんにちは。三雲です。

ここ1か月以上、耳なりがひどくて、

毎日、心臓の拍動にあわせて、

ビートルズのOld Brown Shoeのリンゴのドラムよろしく
ドッド、ドッド、ドッド、ドッド、
というシャッフルの重低音が左耳で鳴り続けています。


耳鼻科では原因不明で、
内科も勧められたのですが、
最近忙しくって1か月くらい放置してたんです。

ふとした瞬間に、鼓動にシンクした音が聞こえなくなる時もあって。
あれ?俺、今、生きてんのかなー?
と、空に浮いてないか確認したりして。



んで、ふとWEBで調べたら、
「早期に調べれば命が助かる可能性も。。。」
みたいなことが書いてあって。。。。

昨日行って来ましたよ。総合病院。

内科の先生に症状を伝えると、
真剣な顔で「今日検査しましょう」とのこと。

採血、血圧測定、検尿脈派に、心電図、、頭のレントゲンに、CT。

数時間かけて検査するうちに、だんだんしょんぼりしてきて、
あー、仕事の引き継ぎとかどうしようとか思いながら、先生の元に戻りました。


早速、CT画像やらレントゲンやらを映し出されて、先生は難しい顔。


僕「せ、先生。。。」

先生「うーん。。。」

僕「ど、どうなんでしょうか」

先生「肩コリですかね〜。」

僕「。。。。。。」

先生「ストレスを減らして、マッサージにいくとか、お風呂に長く入ると良いかもしれませんねー。」

僕「。。。。。。。」


ということで、検査代しめて9,450円!を払って病院を後にしました。


医療の境界線と、我々のアロマテラピーの可能性をみた1日でした。


セントジョーンズワートか、ひまし油でオイル湿布でもしてみまーす。


みなさ〜ん、ゆるみましょうねー。


おわり

ベースオイル塾12/6です。

http://www.aroma.gr.jp/school/class.htm#baseoil

http://www.aroma.gr.jp/school/baseoiljuku.htm

posted by mothersoffice at 14:50| Comment(0) | セントジョーンズワート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月13日

柔らかな手

こんにちは。
アロマテラピーの学校の中安です。
スクールの生徒さんからときどき
「セッション(僕の)は受けることができるのですか?」と
質問をいただくことがあります。

セッション(トリートメント)は行っています。
アロマテラピーの学校第2教室の2階にある
自然療法サロンアロマスフィアです。

僕のメニューは
トレガーアプローチ(ゆらゆらと揺するオイルは使わないワーク)と
オイルマッサージ(オイルを使ったエサレンマッサージ、ご希望で精油も)
この二つです。

臨床をやっていてうれしいことは
授業でみんなに伝えていることを
実際のセッションの場で体験できることです。
「授業=実際のセッション」 です。

たとえばボディトリートメント実技クラスでは
「手を柔らかく使う」というメッセージを伝えています。

実際の臨床の場で
背中も、肩も、腕も、足もカチカチに固くて
長い間のデスクワークや、力を使う仕事をしてきた方で
体の力がまったく抜けないクライアントさんのときも
手を柔らかく使います。

体が固いときほど
固さのなかの小さな柔らかさに意識を向けます。

柔らかな手で、わずかなゆるみを感じたら
そのゆるみ+αで、小さく圧をかけます。
ほんのすこしです。
そのわずかなゆるみを拡大していきます。
柔らかさを育てる、応援するタッチです。

そして意識を、体の固い表面ではなく
より内部、クライアントさんの体の中心に向けます。
タッチや圧、小さな動きと、体の中心をつなげます。

もうひとつ大切なこと。
固い体ほど、体の反応には時間が必要です。
その場では分からなくても、翌日に触れてみれば弾力は回復しています。

「体の反応には時間が必要」
このことを覚えておけば、慌てることはありません。
大切なことは手を柔らかく使うこと。
「固さ」と出会いますが、戦いません。

柔らかく使うことで
受け手の体とつながることができます。
自分の手、柔らかな手を信頼しましょう。

みんなも臨床を楽しんでください。

アロマセラピストクラス実技デモセッション
初めての方のためのタッチ&トリートメントクラス
トレガーアプローチ入門クラス

それでは
中安
posted by mothersoffice at 19:38| Comment(0) | 「アロマテラピーの学校」の授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月01日

クリスタル授業中…

みなさま こんちには。
マザーズオフィスの大山です。

今、クリスタルクラスの授業中にお邪魔してみました。
携帯カメラですが、授業風景はこんな感じです。
2010110115320000.jpg

今日は黄 緑 ピンク の石、第3チャクラと第4チャクラの勉強です。
そして、この石をつかってブレスレットを作っています。
2010110115340001.jpg
思案中…
2010110115340002.jpg
可愛く仕上がるといいですね。

最後に
2010110115330001.jpg
人体とクリスタルです。

こうしてみると、わたしたちと石も、共通するところがあると思いませんか?

来月は青のクリスタルでワイヤーアートをします。
遅ればせながら、最近になってやっと、ワイヤーアートに目覚めてきた私です。
これからは、色々なデザインに挑戦してみたいです。
http://www.aroma.gr.jp/school/crystal.html
posted by mothersoffice at 16:34| Comment(0) | 「アロマテラピーの学校」の授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月29日

楽して美味しいご飯を…

こんにちは。マザーズオフィス 荒川です。
急に寒くなりましたね!
寒暖の差が大きいと、温かい汁物がよく売れるそうです。
おでんとか、おなべとか、スープとかシチューとか…
昨日夕方に立ち寄ったコンビニでは、おでんが売り切れ状態でした。

冬の寒さは辛いけれど、温かなものが美味しくなるのは嬉しい!
鍋からたちのぼる、おいしそうな香りの湯気だけで、
もう「ほわ〜〜〜」と幸せ気分になってしまいます。
あの幸福感。理屈じゃない感じは、アロマテラピーと一緒ですね。

そして、今年。友人宅の夕飯に呼ばれていきました。
メニューはシンプルなおでんです。
おつゆを一口いただいて、びっくり!!!

なんという旨味!身体にしみこむ感じ!
やさしい薄味なのに、しっかり美味しい〜〜〜!

家庭料理では食べた事の無い美味しさだったのです。
話を聞くと、特別なことは何もしていないとのこと。
そして、いつもお料理するときに気をつけているのは、
昆布でも鰹でも煮干しでもなんでもいいから、
出汁をちゃんととること。
調味料は本物を使う事。それだけだよ!とのことでした。

なーるーほーどー。やっぱり出汁なのかー。
それで、普通のおでんがあんなに美味しい一品になるのか…。
だったら私もやってみようかな?!
宮川先生もつねづね、ちゃんと出汁をとりなさい、と言っているし。
でもなんとなく、ちゃんと出汁をとるって手間がかかりそう…。
面倒くさいのはちょっと続かないな…。

そんな話をリズミカルボディフードクラスの安達先生としていたら、
「簡単な方法あるわよ!私も面倒くさいの大嫌い!」と、
日頃なさっている、いろいろな工夫のお話を聞かせてくださいました。
もう、私にとっては「へぇ〜!」の連続です。
それならできる!今日帰ったら早速やってみよう!と
「超」ものぐさな私を動かした、安達先生の出汁のお話。
このたびリズミカルボディフード特別セミナーになりました。

◎リズミカルボディフード 特別セミナー 〜本能を育む出汁編〜
http://www.aroma.gr.jp/rhythmicalbody/foodseminar.html

お料理好きで、既にお料理上手な方には必要ないかもしれません。
でも私のような、「めんどくさがり」で、「自分の料理に自信のない」方、
「出汁とり?無理!」という方にはとってもおすすめですよ〜!





posted by mothersoffice at 10:49| Comment(0) | 食生活(リズミカルボディフード) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月28日

ボディトリートメントのための解剖学クラスおわりました。

こんにちは。
アロマテラピーの学校の中安です。

先日、ボディトリートメントのための解剖学クラスが終了しました。
全6回のクラスに参加されたみなさん、ありがとうございます。
毎回、毎回なのですが、講師の僕にとっても大きな学びのあるクラスです。

このクラスは午前の筋肉と骨を中心にしたクラスと午後のボディトリートメント実習がセットになっています。
午前に解剖を学び、その知識を活かしたテクニックを午後に実習しようというわけです。

体に触れるとき、トリートメントするときに
筋肉がどこから始まり、どこに付着するのか、どの層にあるのか

この骨にはどんな筋肉がついているのか
この骨を動かすと、どの筋肉が動くのか

こんなことが頭のなかに入っていて、それをイメージしながら触れると
トリートメントの動きのなかに確実さが生まれてきます。
目的に応じたタッチが生まれてきます。

このクラスではたくさんのテクニックを紹介します。
もちろん全部を覚えていただいてもオッケーですし
気に入ったものだけでも構いません。

そして、もしできるならば
テクニックのアイデアや、アプローチのモデルに気づいて
それを持ち帰ってください。
そうすればいろいろなテクニックが
クライアントに応じて生まれてくるはずです。

次回のボディトリートメントのための解剖学クラスは
来年を予定しています。
それでは 

posted by mothersoffice at 17:37| Comment(0) | 「アロマテラピーの学校」の授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。